KinKi Kids / A album

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    A ALBUM
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ジャニーズ・エンタテイメント
  • 規格品番:
    JECN-0003
  • 価格:
    2,500 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    KinKi Kids / A albumをAmazon.co.jpで購入するKinKi Kids / A albumをHMV.co.jpで購入するKinKi Kids / A albumを楽天ブックスで購入するKinKi Kids / A albumを@TOWER.JPで購入する
    KinKi Kids / A albumを山野楽器で購入するKinKi Kids / A albumをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
発売と同時に大ヒットを記録した初アルバム。ロック・ギター炸裂する曲やダンサブルな曲、関西弁のやつに胸キュンもののバラッド……と、親しみやすい彼らの魅力が滲む多彩な曲が次々飛び出す。(2)は山下達郎作曲・制作によるメロウなラップも聴ける1曲。
トラックリスト
01Rocks
02Kissからはじまるミステリー
作詞は松本隆、作曲は山下達郎。囁くようなラップ調の歌いだしから、歯切れの良いメロディへと展開していく。跳ねたリズムに乗せて“君が欲しい”と繰り返され、胸の高鳴りをそのまま切り取ったかのような曲。
03Tell me
04僕は思う
05せつない恋に気づいて
青春時代を思わせるノスタルジックな雰囲気のピアノに乗せて、忘れられない人への想いを歌う。“会いたい”や“好きだよ”といったストレートな言葉が切実に響き、二度と戻らない時間を思って胸が締めつけられる。
06DISTANCE
ユーロビート調の曲。“IN THE DISTANCE”と繰り返すクールなヴォーカルの裏で、掛け声のようなコーラスが鳴り響く。手が届きそうにない夢や愛に向かう気持ちを、冷静に見つめながら表現した曲。
07ひとりじゃない
自身主演による大ヒット・ドラマ『金田一少年の事件簿』の主題歌に起用され、話題となった初のソロ曲。ピアノ&アコギのナチュラルなサウンドと初々しい歌声からは、当時18歳のフレッシュさがにじみでている。
08あの娘はSo Fine
09FRIENDS
10たよりにしてまっせ
  • 日本の男性アイドル・デュオ。略称は“キンキ”。兵庫県芦屋市出身の堂本光一と奈良県奈良市出身の堂本剛、ともに1979年生まれの2名で構成。ジャニーズ事務所初の関西出身ユニット。93年より正式に“KinKi Kids”として始動し、97年にシン……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015