Ryu(リュウ) / A better day [廃盤]

はてなブックマークに追加
Ryu(リュウ) / A better day [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    A BETTER DAY
  • ジャンル:
    エイジアン・ポップ
  • レーベル:
    バウンシーレコーズ
  • 規格品番:
    LTCA-00036
  • 価格:
    3,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Ryu(リュウ) / A better day [廃盤]をAmazon.co.jpで購入するRyu(リュウ) / A better day [廃盤]をHMV.co.jpで購入するRyu(リュウ) / A better day [廃盤]を楽天ブックスで購入するRyu(リュウ) / A better day [廃盤]を@TOWER.JPで購入する
    Ryu(リュウ) / A better day [廃盤]を山野楽器で購入するRyu(リュウ) / A better day [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
『冬のソナタ』の挿入歌「My Memory」(a cappella version)や、『夏の香り』の主題歌「秘密」など、お馴染みの楽曲も収録。透き通るような美しい歌声が、まるで天使の踊りのように盤上から響き渡っていく。あえて珠玉の……と言いたくなるラブ・ソング集。
『冬のソナタ』の主題歌で人気を得た韓国人シンガー・Ryuの、2006年11月発表のアルバム。既発シングル曲のほか、ブラック・フィーリングを前面に出したR&Bナンバーを中心に収録。大人の雰囲気に満ちた仕上がりとなっている。
トラックリスト
01群星
夜が明ける東の空へ飛ぶ鳥の姿が美しく希望のようにも思える……。叙景的なリリックが哀愁漂うメロディに重なる3拍子のバラード・ナンバー。静かに響くナイロン・ギターの音色が、控えめでありながらも心にじわじわとしみこんでくるようだ。
02Let me get your love
Ryuのいつもの柔らかくか弱いイメージから一転、セクシーで男らしい面が全面に押し出されたスタイリッシュなR&Bナンバー。流暢な英語の発音にも驚かされる、Ryuの新しい一面がたくさん発見できる1曲。
0317月のカレンダー
別れて1年半後にまた訪れたあなたの誕生日。カレンダーを眺めながら思い出したあなたの姿……。Ryuが自ら作詞作曲した、別れを迎えた女性の、切ない女心が繊細に描かれているスロー・バラード・ナンバー。
04Dream Lover
「バラードだけじゃない」。アーティスト、Ryuを実感させてくれる、甘さよりもクールな感覚が際立つヒップホップ系R&Bナンバー。Ryuのささやきからはじまるイントロが、ムーディな大人の世界に引き込んでくれる。
05イルミネーション
ピアノと静かにリズムを打つパーカッション、そこに少しずつ重なっていくストリングス。美しく流れる旋律が心を安らかにしてくれるスロー・ジャズ・ナンバー。目をつぶると、そこには冬の夜に輝くイルミネーションが広がる、そんな雰囲気を携えた曲だ。
06秘密 (ピミル)
TBS韓流ドラマ『夏の香り』挿入歌のア・カペラ・ヴァージョン。女性に一目ぼれした青年が告白を決意するまでの感情を綴ったリリックと、その胸の高鳴りを表わすように速く打ち込まれたリズムがクロスして、さらにドキドキ感を増加させていく。
07My Memory (a cappella version)
Ryuの出世作となった『冬のソナタ』挿入歌として有名な楽曲が、ア・カペラ・ヴァージョンで生まれ変わった。その甘い声を聴いているだけで、ドラマが描く切なさを思い出して、目元がじんわりときてしまう人も多いはずだ。
08Snow Lake
白い雪景色の中で赤々と燃える愛の火。押し殺そうとしながらも思いどおりにならない感情があふれ出て……。そんなコントラストが見え隠れするマイナー調バラード。しっとり聴かせる大人のRyuを感じられるナンバーだ。
09Believe
Ryuの音楽の原点であるというR&Bを基調に、アジア的な旋律や楽器の音色を加えた異色のナンバー。Ryuが一人で行なったというコーラスや流れるようなメロディ・ラインを聴くと、一人バックストリート・ボーイズ? といえる完成度の高さだ。
10Never mind
Ryuがブラック・ミュージックに挑戦。お坊ちゃまイメージの強いRyuが、クールでシンプル、ちょい悪な若者ライフを挑発的なヴォイスで代弁した異色のナンバー。彼のシンガー・ソングライターとしての才能を実感できる作品といえる。
11聞こえない告白
オーケストラによるメロディとRyuのスウィート・ヴォイスが、壮大なイメージを作り出すミディアム・バラード。サビの初めを飾る「サランハンダゴ(愛している)」という韓国語によるヴォーカルがオシャレなナンバー。
12nobody knows
メイン・ヴォーカルにフェイク+コーラスを一人で重ねるなど、独特の世界を作り上げるセンスが光るナンバー。美しい詞とメロディを実力ある歌唱力で演じ、より壮大な仕上がりに。歌世界に自然と同化してしまうような心地よさを与えてくれる。
13国際結婚 (Delicious-Mambo mix)
歌詞の中にさりげなく埋め込まれた韓国語の「サランヘヨ(愛してる)」の言葉。作詞を担当したRyuが日本のファンに希望を与える(?)ような、遊び心あふれるタイトルとメッセージが魅力のポップ・ナンバー。
  • Ryu(KOR / SSW)
    1974年6月23日、韓国生まれの男性シンガー・ソングライター。2002年、日本でも爆発的なヒットとなったドラマ『冬のソナタ』の主題歌を担当。「最初から今まで」というこの曲で聴かせた、悲しく儚いながらも美しい声で注目を浴びる。04年、『冬ソ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015