スネオヘアー / a watercolor

はてなブックマークに追加
スネオヘアー / a watercolor
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    A WATERCOLOR
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    EPIC
  • 規格品番:
    ESCL-2427
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    スネオヘアー / a watercolorをAmazon.co.jpで購入するスネオヘアー / a watercolorを@TOWER.JPで購入するスネオヘアー / a watercolorをHMV.co.jpで購入するスネオヘアー / a watercolorを楽天ブックスで購入するスネオヘアー / a watercolorをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ココロのなかのせめぎ合いや、ぶっちゃけ引いちゃうような本音を、ちまちま大事にしているのがよくわかるから、それがおかしいセカンド・アルバム。唄いたい歌も語りたい思いも、あくまでも中庸に表現することで満たされようとしている彼に、同族意識を抱いてしまった。
ガイドコメント
シングル「ウグイス」「セイコウトウテイ」を含む2ndアルバム。目の裏に情景が浮かぶような、淡く切ないトーンが特徴のスネオヘアーの曲は、タイトル通りまるで水彩画のようだ。
ガイドコメント
シングル「ウグイス」「セイコウトウテイ」を含む2ndアルバム。目の裏に情景が浮かぶような、淡く切ないトーンが特徴のスネオヘアーの楽曲は、タイトル通りまるで“水彩画”のようだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2003/7/21)  ⇒  6位 (7/28)  ⇒  18位 (8/4)  ⇒  23位 (8/11)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2003/7/21)  ⇒  6位 (7/28)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2003/7/21)  ⇒  8位 (7/28)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2003/7/21)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2003/7/21)  ⇒  5位 (7/28)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2003/7/21)  ⇒  5位 (7/28)  ⇒  9位 (8/4)  ⇒  8位 (8/11)  ⇒  15位 (8/18)
収録曲
01のびたテープ
パーカッシヴなリズムとカラフルなサウンドが、自然と耳になじむナチュラルな出来栄え。そのなめらかなサウンドと歌が調和し、やりきれない気持ちを前向きな気持ちへと心地良く後押ししてくれるナンバー。
02ピント
ユーモラスなギター・リフと厚みのあるサウンドを活かしたキャッチーなロック・チューン。「忙しい日々に流されず前向きにいこうという」メッセージとすがすがしいギター・サウンドが、そっと背中を押してくれる。
03ウグイス (album mix version)
イントロでのエンジン音が印象的なポップ・チューン。凝ったサウンドに滑らかな歌メロや透き通るハーモニーなど、極上の技が冴えわたる。多用される「ウグイス」というフレーズが鮮やかな春の景色や爽快感、期待感などを浮かび上がらせている。
04DRIVE
ホーンやギターなどの精錬された構成がすばらしく、雨あがりの新緑のように生き生きとした雰囲気を漂わせる、ソウル風のポップ・チューン。エンディングでの「ゴー・ストレート!」というフレーズが、全体をクールに引きしめる。
05ニュータウンへ続く道
ギターの穏やかな音色と爽やかなコーラスに強弱のバランスが絶妙な演奏など、素朴な中に巧さを秘めたバラード。回想と平凡な街並みの景色が混沌となった歌世界は、まるで人生を一本道にたとえたような趣深さがある。
06打ち上げ花火
恋人と一緒に花火を見に行った思い出をムードたっぷりに描くバラード。時計の針のように刻まれるドラムや緻密なギター、コーラスなどが、立体的なサウンドとして効果的に構成されている。
07セイコウトウテイ
初夏にリリースされたシングル曲で、爽やかなアレンジが光る。とはいえ、歌詞の物語はちょっぴり切ない青春モード全開の一曲。気圧配置をタイトルに据えただけに、「雲」や「空」といったフレーズが印象的に響く。
08アオイソラ
幼少の頃に見た空の記憶を、日常へと繋げて歌うバラード。ゆるやかなオーケストラが歌のスケール感を絶妙に表現。挿入されるノイジーなギターや打ち込みなどの巧みなアレンジも、趣深さを助長している。
09スピード
哀愁漂うストリングスや女性コーラスとダンサブルな打ち込みが、鮮やかな色あいを生み出し、聴き手を包み込んでいくバラード。日常の風景をゆるやかに描きながらも、時間は止まらずに流れている“スピード”を歌う。
10終りね
カフェの一時、午後の木漏れ日、真昼の公園などに似合いそうなバラード。アコギとカスタネットによる簡素なアンサンブルと優しいハーモニーなどが楽曲を彩る。リラックスした歌い方は夏の日々を回想しているようだ。
11    
「ウグイス」の別ヴァージョン。テンポを落とし、ゆるやかな音色のギターで弾き語る構成。途中には打ち込みやノイジーなギター・リフも挿入される。景色が移り変わるようなイメージの原曲とは違い、幻想的な風景が淡々と浮かび上がるかのような面持ちだ。
タイアップ
  • 「ウグイス」 - TBS「ランク王国」オープニングテーマ
アーティスト
  • スネオヘアー
    1971年5月6日生まれ、新潟県長岡市出身のミュージシャン、渡辺健二によるプロジェクト。2002年に「アイボリー」でメジャー・デビュー後、コンスタントに作品を発表しながらYUKI、新垣結衣らへの楽曲提供やサウンドプロデュース、サントラ/CM……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015