LUNA SEA / A WILL

はてなブックマークに追加
LUNA SEA / A WILL
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    A WILL
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ユニバーサルJ
  • 規格品番:
    UPCH-1953
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    LUNA SEA / A WILLをAmazon.co.jpで購入するLUNA SEA / A WILLを@TOWER.JPで購入するLUNA SEA / A WILLをHMV.co.jpで購入するLUNA SEA / A WILLを楽天ブックスで購入するLUNA SEA / A WILLをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
オープニングからその音のまぶしさが感動的すぎて、完全復活のファンファーレがずっと鳴り続いているかのよう。約13年ぶり、通算8枚目のオリジナル・アルバムには“遺書”というタイトルが付けられたが、それほどの自信作なのだろう。メンバーそれぞれの閃きに満ちた、躍動性あふれる一枚だ。★
ガイドコメント
『LUNACY』から約13年5ヵ月ぶり、2013年12月11日リリースのアルバム。「Rouge」「The End of the Dream」「Thoughts」「乱」といったシングルを含む、全11曲を収録。過去と未来をつなぐ渾身の一枚だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2013/12/9)  ⇒  24位 (12/30)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2013/12/9)  ⇒  7位 (12/16)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2013/12/9)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2013/12/9)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2013/12/9)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2013/12/9)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2013/12/9)  ⇒  2位 (12/16)  ⇒  6位 (12/30)  ⇒  14位 (2014/2/3)  ⇒  19位 (5/19)
収録曲
01Anthem of Light
一筋の光が差し込んでくるようなシンセ音に始まり、そこからポジティヴなエネルギーが爆発するドラマティックなナンバー。“君と行こう さあ届けよう 掛け替えのない その想いを”と届けられる歌詞は、長い間復活待ち続けたファンへ向けられたラヴ・ソングだ。
02Rouge
ロカビリーを彷彿とさせるギター・リフに始まり、そこから重たくうねるグルーヴが絡まるアッパー・チューン。2012年12月リリースの両A面16thシングルは、楽器隊が暴れまくるサウンドの真ん中で、クールでセクシーな歌声が強烈な存在感をもたらす。
03The End of the Dream
両A面となった16thシングルの一曲。“The End of the Dream 終わらない この夢に”と高らかに歌い、高密度のサウンドで攻めるロック・ナンバーは、バンド然とした佇まいも感じ、再始動後のさらなる進化をうかがわせる。
04MARIA
切ない歌詞とメロディが印象に残るミディアム・ナンバー。奏でられる音の一つ一つにストーリーがあり、プレイヤーとしての円熟を感じることができる。シンフォニックで荘厳な輝きを放つサウンドは、LUNA SEAのパブリック・イメージを象徴している。
05Glowing
LUNA SEAとしては新感覚の響きがあるブルージィなロック・ナンバー。けだるいテンポの中でマグマのように煮えたぎるグルーヴの波状が、圧倒的な熱量で心の奥に注ぎこまれていく。タメが効いた音がカッコ良く、百戦錬磨のライヴ・バンドの余裕を感じさる。
06
テレビ朝日系ドラマ『都市伝説の女』オープニング・テーマ起用の18thシングル。シングル・ヴァージョンとは異なり、激しいドラミングから始まるイントロを追加。キャッチーでメロディ・センスが光るポップ・チューンだ。
07absorb
幻想的なオルゴール音から始まるかと思えば、目が覚めるような変拍子の骨太なグルーヴで襲いかかってくる。壮大なテーマで描かれた歌詞とそれに誘導されるグルーヴの渦は、聴けば聴くほどにその圧倒的な存在感の中に支配されていく。
08Metamorphosis
バンド初期を彷彿とさせるアップ・テンポなナンバー。スラッシュ・メタルばりのヘヴィなリフ、高速ドラミング、終盤のヴォーカルのシャウトなど聴きどころ満載。プログレ調の複雑な展開にしても、一筋縄ではいかないバンドの特徴が表われている。
09銀ノ月
儚い詞世界と強い哀愁が漂うサウンドで彩られた、バンドの真骨頂ともいえるミディアム・バラード。この5人でしか表現しえない緊張感と解放感のバランスが実に絶妙で、奇跡的とすら感じてしまう。間奏で聴くことができるヴァイオリン・フレーズは泣ける。
10Thoughts
2013年8月発表の17thシングル。90年代リスナーにはどこか懐かしい雰囲気を感じるが、アップグレードされたサウンドには新たな発見があり、バンドの過去と今が凝縮されたロック・チューンだ。シューゲイザーを匂わせるギター・サウンドが良いスパイスに。
11Grace
淡々としたトーンから徐々に熱を帯びていくセンシティヴな歌声とサウンドに、胸が締めつけらるほどの感動が味わえる圧巻のバラード。“見つけられたよ 探してた 空を”と締めくくられる歌詞の先には、確かな希望を感じることができる。
アーティスト
  • LUNA SEA
    日本のロック・バンド。メンバーはRYUICHI(vo)、SUGIZO(g,vn)、INORAN(g)、J(b)、真矢(ds)の5名。1989年に“LUNACY”として始動し、翌年“LUNA SEA”へ改名。92年に『IMAGE』でメジャー・……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015