SOUL'd OUT / ALIVE

はてなブックマークに追加
SOUL'd OUT / ALIVE
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    ALIVE
  • ジャンル:
    ラップ/ヒップホップ(国内)
  • レーベル:
    SME Records
  • 規格品番:
    SECL-356
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    SOULSOULSOULSOULSOUL
ミニ・レビュー
ヒップホップでもR&BでもJ-ROCKでもない、独自の道を爆走する奇才集団のサード・アルバムは、80'sシンセ・ポップから激しいハード・ロックまで、これまで以上にゴツイ音楽的冒険が詰まった意欲作。音楽は娯楽だがアートでもあれと願う人は必ず聴くべきだ。
ガイドコメント
Diggy-MO'の高速弾丸ラップと抜群のメロディ・フロウ、Bro.Hiの驚異的ヒューマンビートボックス、Shinnosukeのダンサブルなトラックと、次世代超実力派アップカマー3人による渾身の3rdアルバム。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    25位 (2006/3/6)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    13位 (2006/3/6)
収録曲
01Deep Space (Intro)
3rdアルバム『ALIVE』のオープニングを飾るインストゥルメンタル・トラック。冒険という名の海を船が進水していくような潔さを持った佇まいで、ストリングスとホーンをかいくぐって鳴らされるギターが勇ましい。
02ALIVE
とにかく“ピョッピョッピョッピョッピョーリティ”という、Diggy-Mo'のオノマトペ風なフックが耳について離れないディスコ・チューン。ダンス・クラシックスの匂いを感じるフレーズが随所に配色され、即時にハイな気分に。
03TOKYO通信〜Urbs Communication〜
日本テレビ系『スポーツうるぐす』のオープニング曲に使用された、近未来的なイメージのクロスオーヴァー/ラップ・ミュージック。クールなサウンドと2MCによるラップが、新しいシーンの到来を予感させる。
04Pop n' Top
ラジオ放送風のイントロから、ファンキーなロックの要素をともなったタイトなビートが走る。全編英詞でラジオDJの語り風に滑るDiggy-MO'のラップ、効果的に組み込まれるBro.Hiのヒューマン・ビートボックスなど、構成力に長けたナンバー。
05Dressing Room (Interlude)
3rdアルバム『ALIVE』に収録の、Shinnosukeによる約30秒のインタールード・トラック。喧騒がかすかに聞こえるサウンド・エフェクトは、次曲「Catwalk」へのジョイントと考えると、華やかな舞台へ向かう前の楽屋を描き出した風だ。
06Catwalk
Lori Fineが演じるスターと恋に落ちる経緯を、コミカルなフレーズを盛り込み描く。カメラのシャッター音はデュラン・デュラン「Girls on Film」を、Bro.Hiのヴァースにはハード・ロックを想起させるアイテムが盛り込まれた、クールながら浮き沈みあるナンバー。
07DD弾 (改)
進軍ラッパで幕開け、ゲームオーバー音(ショパン「葬送行進曲」のモチーフ)で終了。Shinnosukeのセンスが充分に詰まったダンス・クラブ・チューン。攻勢的なbro.HiとDiggy-MO'の掛け合いをDJ Massのエッジの効いたカットでより前ノリに。
08バナナスプリット
大仰なシンセとトランス風サウンドが核をなす、7分に及ぶクルージング・ハウス・チューン。空間を漂うような派手やかなヴァースから一気にシフト・チェンジし、重心を低くして滑るかのごとく闇夜を駆け抜けるような高速フックがクール!
09SHUFFLE DAYZ
クールに爪弾かれるビートやスクラッチ、抑えを利かせあくまでも低温のムードを崩さないヴァース。そこから照りあるホーン・セクションを加えてジャイヴに展開する、シャッフル・リズムが映えるアダルトなディスコ・チューン。
10A Spacious Floor
アンダーグラウンドなビートに導かれた、アシッドな感覚をもたらすヒップホップ・ハウス・チューン。Bro.Hiのライミングを軸とした作風で、ソウルやブラックのテイストを覗かせたサウンドをシンセの電子音で現代風にまとめあげている。
11Sick
雨音のSEが被さり金子隆博のファンキーなサックスが男臭く鳴り響く。ポエトリー・リーディング風のライミングが展開するヴァースに、奔放なピアノが走るフック。両者が鏡が割れるような効果音で結びつけられた、組曲風ナンバー。
12FIRE RHYMER
風を切り裂き景色を飛ばしていくような高速ナンバー。鋭利でデジタルなビートが最速のBPMを叩き出し、理屈なしに身体を揺るがしトランスさせていく硬派なロック。リズム・セクションとスクラッチの重なりがさらに昂揚感をもたらす。
13イルカ
瑞々しさが広がるスタイリッシュなサマー・チューン。“Quick, Quick, Quick, Quick Turn”がイルカの鳴き声に聴こえてしまうフックなど、魅力を存分に組み込み、爽やかさにこだわったラブ・ソング。
14Morning (Outro)
アルバム『ALIVE』のラストを飾る、インストゥルメンタル・アウトロ。水面へ伝う朝露のように清らかなピアノ、緩やかに頬を撫でる風のように爽やかなアコギの爪弾き。リラクゼーション気分バッチリなナンバーだ。
タイアップ
  • 「ALIVE」 - テレビ朝日「アドレな!ガレッジ」エンディングテーマ
  • 「TOKYO通信 〜Urbs Communication〜」 - 日本テレビ「スポーツうるぐす」テーマソング
  • 「イルカ」 - 日本テレビ「click!」テーマソング
アーティスト
  • SOUL'd OUT
    1999年結成された3人組ユニット。2003年1月にシングル「ウェカピポ」でメジャー・デビュー。同年発表の1stアルバム『SOUL'd OUT』が異例のヒットを記録し、瞬く間に人気ユニットへ。Diggy-MO'の高速ラップとBro.Hiの驚……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015