ティナ・ターナー / オール・ザ・ベスト [2CD]

はてなブックマークに追加
ティナ・ターナー / オール・ザ・ベスト [2CD]
CD
84年作『プライヴェート・ダンサー』以降のソロ活動で生んだ数々のヒット曲に加え、元夫アイクとの60〜70年代の曲([1](2)(6)(15))や、強くも優しい生き生きとした歌声が味わえる2004年新録([1](1)、[2](6)(8))も収録。2004年で66歳のR&B歌手の歴史を凝縮したベスト。
「プラウド・メアリー」「ダンス天国」など迫力ある歌を聴かせてくれる彼女。60歳を迎えた今でも、その強靭さは普遍。彼女の往年のヒット曲に、新曲も加えたベスト・オブ・ベスト・アルバム。
トラックリスト
[Disc 1]
01OPEN ARMS
02NUTBUSH CITY LIMITS
03WHAT YOU GET IS WHAT YOU SEE
04MISSING YOU
05THE BEST
06RIVER DEEP MOUNTAIN HIGH
07WHEN THE HEARTACHE IS OVER
08LET'S STAY TOGETHER
09I DON'T WANNA FIGHT
10WHATEVER YOU NEED
11I CAN'T STAND THE RAIN
12GOLDENEYE
13I DON'T WANNA LOSE YOU
14GREAT SPIRITS
15PROUD MARY
夫婦デュオ1971年の全米4位ヒット。ねっとりとした前戯のような長い“前フリ”を経て、怒涛の盛り上がりへと突入する展開が聴くたび最高な名カヴァー。あのキャンディーズによる同曲カヴァーも烈しく格好イイので必聴。
16ADDICTED TO LOVE
[Disc 2]
01IN YOUR WILDEST DREAMS
02PRIVATE DANCER
03WHY MUST WE WAIT UNTIL TONIGHT
04TYPICAL MALE
05TONIGHT
06COMPLICATED DISASTER
07ON SILENT WINGS
08SOMETHING SPECIAL
09WE DON'T NEED ANOTHER HERO (THUNDERDOME)
10IT'S ONLY LOVE
11COSE DELLA VITA (CAN'T STOP THINKING OF YOU)
12STEAMY WINDOWS
13PARADISE IS HERE
14WHAT'S LOVE GOT TO DO WITH IT
15BETTER BE GOOD TO ME
16TWO PEOPLE
17SOMETHING BEAUTIFUL REMAINS
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
  • ティナ・ターナー
    1938年米国テネシー州生まれ。56年R&Bクラブで活動していた時、アイク・ターナーと出会う。同年アイクとR&Bデュオ結成。60年レコード・デビュー。エキサイティング、エネルギッシュな歌声で人気浮上。75年ソロ・デビュー。76年にデュオ解消……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015