ONE OK ROCK / Ambitions

はてなブックマークに追加
ONE OK ROCK / Ambitions
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    AMBITIONS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Aer-born / A-Sketch
  • 規格品番:
    AZCS-1062
  • 価格:
    3,300 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ONE OK ROCK / AmbitionsをAmazon.co.jpで購入するONE OK ROCK / Ambitionsを@TOWER.JPで購入するONE OK ROCK / AmbitionsをHMV.co.jpで購入するONE OK ROCK / Ambitionsを楽天ブックスで購入するONE OK ROCK / AmbitionsをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
海外レコーディング作品となる一枚。NTTドコモのCMソングで話題となった「Always coming back」、映画『ミュージアム』の主題歌「Taking Off」も収録した全14曲。takaが歌い上げる英語と日本語の絶妙なバランス、壮大なロック・サウンドは文句なしの仕上がり。
ガイドコメント
前作『35xxxv』から約2年ぶりとなる、海外レコーディングされた8枚目のアルバム。NTTドコモのCMソング「Always coming back」や映画『ミュージアム』主題歌「Taking Off」などを収録している。
チャート
収録曲
01Ambitions-Introduction-
アルバム『Ambitions』の冒頭に配置された、1分半ほどのイントロダクション。最小限の音数で構築されており、シリアスな映画のオープニングのようにミステリアスな雰囲気が充満。壮大な物語の幕開けを巧みにサポートする。
02Bombs away
オリエンタルな雰囲気も感じさせるオープニングから、じわじわと熱量が高まっていくロック・チューン。タイトルのとおり、サビで一気に爆弾を投下。迫力全開のサウンドとともに、TAKAの高らかなシャウトが痛烈に響きわたる。
03Taking Off
クリーントーンのギターのストロークを中心に据えた、スタイリッシュなロック・ナンバー。メロディとバンド隊のキメをうまくクロスさせながら、スケールの大きな歌を響かせる。ダイナミズムに富んだ、ストーリー性豊かなアレンジも秀逸。映画『ミュージアム』主題歌。
04We are
2017年のNHKサッカー放送のテーマ・ソング。サッカーのチャントのようにも聴こえる“We are We are……”というコーラスで幕を開けるスケールの大きなナンバーで、自分をごまかしながら生きることに意味はあるか、と痛烈なメッセージを浴びせる。
0520/20
アコースティック・ギターとヴォーカルだけのシンプルなオープニングから、爆発力のあるバンド・サウンドへと展開していくキラー・チューン。タイトルは英語圏での視力の表記で、正常視力(1.0)に相当。嘘をならべていた君の正体を見破ったと歌う。
06Always coming back
NTTドコモのCMソングに起用されたミディアム・ナンバー。ピアノとアコースティック・ギターのアルペジオを中心としたシンプルなサウンドをバックに、大切な人との日々を描く。高らかな“Oh Oh”のシャウトが胸に響く。
07Bedroom Warfare
破壊力のあるバンド・サウンドはそのままに、エレクトロな要素も取り入れてさらにスケールの大きな音像を構築したロック・チューン。タイトルは直訳で“寝室の戦争”。関係を絶ったはずのあなたと過ごす一夜を描いている。
08Lost in Tonight
緊張感のあるシンセのリフを中心に、轟音のギターや激しいドラムのビートでアクセントをつけたクールなテイストのロック・ナンバー。柔らかなハイトーンから切り裂くようなシャウトまで、TAKAの表現力の幅を広さを再確認できる。
09I was King
重厚なオーケストラでの幕開けから、バンドと融合してスケールの大きなサウンドスケープを描き出す。執拗に“When I was King”と繰り返しながら進むストーリーは、過去を振り返りながらも未来への思いに満ちている。
10Listen (featuring Avril Lavigne)
アヴリル・ラヴィーンをコラボ・アーティストに迎えたミディアム・ナンバー。大切な人への思いをまっすぐに綴ったラヴ・ソングだが、歌詞はすべて一人の目線から。日米を代表するヴォーカリストの歌声にただただ圧倒される。
11One Way Ticket
美しいコードワークとそれが生み出すポップにしてスケールの大きなメロディを、ピアノを中心としたシンプルなサウンドで支えたポップ・ナンバー。大切な人が去り、悲しみに打ちひしがれる姿を描いた切ないストーリーが胸に響く。
12Bon Voyage
重心の低いゴリゴリのバンド・サウンドに、シンセが彩りを添えたロック・ナンバー。リズムをザクザクと刻むようなTAKAのヴォーカルが特長で、“熱が二つを引き合わせ 冷めてしまえば”という中盤の日本語詞も不思議な響きを持つ。
13Start Again
高らかなTAKAのシャウトで幕を開け、その勢いのまま爽快感に満ちたバンド・サウンドへと突入するキラー・チューン。シンプルなアレンジだけに、声の魅力を含めてヴォーカリストとしての資質の高さを存分に味わうことができる。
14Take what you want (featuring 5 Seconds of Summer)
豪ポップ・バンド、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーを迎えたスケールの大きなポップ・ロック・ナンバー。洪水のような圧力の高いサウンドをバックに、美しいメロディが躍動。中盤で披露する長い長いシャウトは圧巻。
タイアップ
  • 「Take what you want」 - Honda「シビック」TV-CMソング
  • 「Taking Off」 - Apple「Apple Music」TV-CMソング
  • 「Taking Off」 - ワーナー・ブラザーズ「ミュージアム」主題歌
  • 「We are」 - JERA
アーティスト
  • ONE OK ROCK
    日本のロック・バンド。メンバーはTAKA(vo)、TORU(g)、RYOTA(b)、TOMOYA(ds)の4名。バンド名はリハーサルでのスタジオ入りが午前1時(one o'clock)だったことから。2005年に結成し、エモ、ロックを軸にし……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015