ブリング・ミー・ザ・ホライズン / アモ

はてなブックマークに追加
ブリング・ミー・ザ・ホライズン / アモ
CD
ミニ・レビュー
ポルトガル語で“愛”を意味するアルバム・タイトルを冠した、通算6枚目のアルバム。実験的でありながら洗練されたプロダクションで、おなじみのアンセミックなメロディをハードでパワフルなサウンドに。これまでの彼らが求めてきた音楽をさらに推し進めている。
ガイドコメント
ブリング・ミー・ザ・ホライズンの6thアルバム。オリヴァー・サイクス(Vo)、ジョーダン・フィッシュ(Key)がプロデュースを担当。先行シングル「マントラ」やグライムスをフィーチャーした「ニヒリスト・ブルース」などを収録。
チャート
収録曲
01I APOLOGISE IF YOU FEEL SOMETHING
02MANTRA
03NIHILIST BLUES
04IN THE DARK
05WONDERFUL LIFE
06OUCH
07MEDICINE
08SUGAR HONEY ICE & TEA
09WHY YOU GOTTA KICK ME WHEN I'M DOWN?
10FRESH BRUISES
11MOTHER TONGUE
12HEAVY METAL
13I DON'T KNOW WHAT TO SAY
タイアップ
  • 「medicine」 - ソニー「Xperia 5」TV-CMソング
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳/ステッカー(初回のみ)
アーティスト
  • ブリング・ミー・ザ・ホライズン
    英・シェフィールド出身のロック・バンド。メンバーはオリヴァー・サイクス(vo)、リー・マリア(g)、マット・キーン(b)、マット・ニコルス(ds)、ジョーダン・フィッシュ(key)の5名。バンド名は映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の劇中……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015