マーズ・ヴォルタ / アンピュテクチャー

はてなブックマークに追加
マーズ・ヴォルタ / アンピュテクチャー
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    AMPUTECHTURE
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ユニバーサル
  • 規格品番:
    UICU-1119
  • 価格:
    2,304 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    マーズ・ヴォルタ / アンピュテクチャーをAmazon.co.jpで購入するマーズ・ヴォルタ / アンピュテクチャーを@TOWER.JPで購入するマーズ・ヴォルタ / アンピュテクチャーをHMV.co.jpで購入するマーズ・ヴォルタ / アンピュテクチャーを楽天ブックスで購入するマーズ・ヴォルタ / アンピュテクチャーをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
元アット・ザ・ドライヴ・インのセドリックとオマーによるマーズ・ヴォルダの『スキャプデイツ』に続く3rdアルバム。スピリチュアルで想像力を掻き立てるサウンドと高い演奏力が堪能できる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2006/8/28)  ⇒  15位 (9/4)  ⇒  21位 (9/11)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2006/8/28)  ⇒  16位 (9/4)  ⇒  15位 (9/11)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2006/8/28)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    5位 (2006/8/28)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    6位 (2006/8/28)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    6位 (2006/8/28)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2006/8/28)  ⇒  5位 (9/4)  ⇒  9位 (9/11)  ⇒  13位 (9/18)
収録曲
01VICARIOUS ATONEMENT
うねるギターがゆらゆらとしたトリップ感覚に陥らせる。7分強の曲ながら、インストと思わせるほどヴォーカル部分が少ないうえに、歌というよりうめきに近い声が発せられている。その酩酊感が独特な味わいを放つ異色作だ。
02TETRAGRAMMATON
冒頭から天才ドラマーと称されるジョン・セオドアのドラムの連打に、否が応にも気持ちがたかぶる。16分を超える大作だが、飽きさせない曲構成は秀逸。終始アグレッシヴなギターと甲高いコーラスが印象的なプログレッシヴ・ロックだ。
03VERMICIDE
物悲しい静かなAメロとは対照的な、力強くリズムが刻まれるサビが特徴。終盤に向かうにつれてサウンドが重厚になっていき、オマー・ロドリゲスの奔放なギターがパワフルにうなりまくるナンバーだ。
04MECCAMPUTECHTURE
ヴォーカル、セドリック・ヒクスラーのハイトーン・ヴォイスが存分に堪能できるミディアム・チューン。サックスやオルガンの音などが独創的なアンサンブルを奏でるクライマックスは、ある種カオス状態だが、しっかりとまとめあげているサウンド・テクニックはさすがだ。
05ASILOS MAGDALENA
おどろおどろしい雰囲気に支配された異色のナンバー。イントロとアウトロ以外はほぼアコースティック・ギターのみでアレンジされており、陰鬱な気分を加速。終盤の極度に歪められたヴォーカルは、恐怖すら喚起させる。
06VISCERA EYES
前半はリズム・ギター、リード・ギターを中心としたアレンジで、徐々に歪んでいく音色に脳を刺激される。後半で突如転調し、高速ドラムとベース主体のドライヴ感あふれるアレンジにがらりと変貌。1曲で2度楽しめる、構成力の高いナンバーだ。
07DAY OF THE BAPHOMETS
各パートが入れ違いに激しく自己主張し、1曲のうちにさまざまな表情を見せるハード・ロック・チューン。いくつもの楽曲がつぎはぎされたかのようで一見無秩序だが、1つの作品として整合感を持たせ得る彼らのたしかな演奏テクニックは圧巻。
08EL CIERVO VULNERADO
ゆったりと暗闇を流されていくような不思議な神秘性をたたえた1曲。パーカッション抜きのアレンジが不安定さを増長し、彼ら独特の絶妙な“気持ち悪さ”が全開。さまざまに加工されたヴォーカルが絡み合うさまは、祈りや呪いを思い起こさせるようだ。
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • マーズ・ヴォルタ
    アット・ザ・ドライヴイン解散後の2001年、同バンドのメンバー、セドリック・ビクスラー・ザヴァラ(vo)とオマー・ロドリゲス・ロペス(g)らによって結成された米ロック・バンド。ポスト・ハードコアからプログレッシヴなアプローチによるロック・サ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015