ザ・ストロークス / アングルズ

はてなブックマークに追加
ザ・ストロークス / アングルズ
CD
ミニ・レビュー
アメリカの5人組による約5年ぶりとなる4枚目のアルバムだが、おそらく過去を知る人は驚くだろう。ロックンロール然としたスタイルではなく、完全に新たな音像を目指した仕上がりだ。自分たち自身の姿を模索していた時間経過をそのまま表わしたというべきか。中毒的ポップさが隠れた魅力。
ガイドコメント
約5年ぶりとなる2011年3月23日リリースのアルバム。U2、ベック、ビョークらを手掛けたジョー・チカレリをプロデューサーに迎え、これまで以上にタイトでアグレッシヴなサウンドを構築。新たなるモダン・エイジを創造するにふさわしい一枚だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2011/4/4)  ⇒  3位 (4/11)  ⇒  8位 (4/18)  ⇒  12位 (4/25)  ⇒  10位 (5/2)  ⇒  14位 (5/9)  ⇒  23位 (5/16)  ⇒  33位 (5/23)  ⇒  35位 (5/30)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2011/4/4)  ⇒  4位 (4/11)  ⇒  11位 (4/18)  ⇒  13位 (4/25)  ⇒  8位 (5/2)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2011/4/4)  ⇒  9位 (4/11)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2011/4/4)  ⇒  4位 (4/11)  ⇒  6位 (4/18)  ⇒  6位 (4/25)  ⇒  6位 (5/2)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2011/4/4)  ⇒  5位 (4/11)  ⇒  8位 (4/18)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2011/4/4)  ⇒  9位 (4/11)  ⇒  7位 (4/18)  ⇒  10位 (5/2)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2011/4/4)  ⇒  2位 (4/11)  ⇒  3位 (4/18)  ⇒  5位 (4/25)  ⇒  5位 (5/2)  ⇒  6位 (5/9)  ⇒  10位 (5/23)  ⇒  11位 (5/30)  ⇒  13位 (6/6)  ⇒  11位 (6/13)  ⇒  15位 (6/20)  ⇒  10位 (8/1)  ⇒  8位 (8/8)  ⇒  9位 (8/15)
収録曲
01MACHU PICCHU
5年ぶりとなる2011年3月に発表されたアルバム『アングルズ』の冒頭曲。リード・ギターを担当するニックのデモからはじまった、新たな境地を開いたレゲエ調のナンバーだ。ジュリアン・カサブランカスのエネルギッシュなシャウトが冴える。
02UNDER COVER OF DARKNESS
螺旋階段を駆け上るようなギターのアンサンブルを存分に堪能できる、陽気でコミカルなロック・チューン。ファニーなギター&ベースのフレーズをちりばめたサウンドをなぞる、ちょっぴり切ないメロディが胸に染みる。
03TWO KINDS OF HAPPINESS
浮遊感あふれるセンチメンタルなメロディと4つ打ちのドラムからスタートする、ポストロック的アプローチのロック・チューン。アグレッシヴなジュリアン・カサブランカスのシャウトと疾走感あふれるギター・フレーズが爽快だ。
04YOU'RE SO RIGHT
ダークな低音のサウンドと疾走感あふれるドラミングが緊張に満ちた空間を創り上げる、シリアスなロック・チューン。神経質な雰囲気を醸し出すヴォーカルと不協和音のコーラスやノイジーなギターの音色が、いっそう焦燥感を煽る。
05TAKEN FOR A FOOL
「ユーアー・ソー・ライト」と同じく緊張感あふれるシリアスなマイナー・コードのサウンドだが、こちらはサビでメジャー・コードのパワフルに弾けたサウンドへと展開。途中で雰囲気ががらりと変わるドラマティックなロック・ナンバーだ。
06GAMES
これまでは禁じ手としてきたシンセサイザーを大フィーチャーした、「マチュ・ピチュ」同様に新境地を開いたロック・ナンバー。哀愁漂う優しいサウンドとビシッとしたドラミングのコントラストが、より楽曲を引き締めている。
07CALL ME BACK
哀しげなヴォーカルと浮遊感あふれるコーラスやギターを中心にしたシンプルな構成のスロー・ナンバー。不協和音スレスレのコーラスとコーラスと同じフレーズを奏でるギター、そしてエモーショナルなヴォーカルが重なったラストも聴きもの。
08GRATISFACTION
これまでのストロークスには考えられなかった、分厚いコーラスがジュリアン・カサブランカスの声と並走していく異色のナンバー。爽やかなロック・サウンドが印象的で、コーラス・パートからパッと一気に開放感に満たされる。
09METABOLISM
畳み掛けるようなドラミングとシリアスなギター・フレーズ、緊張感あふれるヴォーカルが、エネルギッシュかつ悲壮感を漂わせるロック・ナンバー。タイトな4つ打ちのリズムに合わせて、こんこんと迫ってくるようなツイン・ギターが印象深い。
10LIFE IS SIMPLE IN THE MOONLIGHT
アルバム『アングルズ』のラスト・ナンバーにして、アルバム中もっとも柔らかいヴォーカルを披露する優しいメロディのロック・ナンバー。イントロの浮遊感あふれるサウンドから一転して、螺旋階段を駆け上がるような高揚感を煽るサビへの展開はインパクト大。
封入特典
  • 解説/マウス・ステッカー(初回のみ)
アーティスト
  • 1999年、米ニューヨークで結成したロック・バンド。メンバーはファブリジオ・モレッティ(ds)、ニック・ヴァレンシ(g)、ニコライ・フレイチュア(b)、アルバート・ハモンドJr.(g)、ジュリアン・カサブランカス(vo)の5名。“ネクスト・……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015