くるり / アンテナ

はてなブックマークに追加
くるり / アンテナ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    ANTENNA
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    スピードスター
  • 規格品番:
    VICL-61306
  • 価格:
    2,900 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    くるり / アンテナをAmazon.co.jpで購入するくるり / アンテナを@TOWER.JPで購入するくるり / アンテナをHMV.co.jpで購入するくるり / アンテナを楽天ブックスで購入するくるり / アンテナをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
2004年名曲大賞候補の「ロックンロール」とは別種の興奮を与えてくれる5作目。ドラマーの交代によって表現の質を変えたこともあり、思いっきりアナログの世界で今という時代を切り取ることに成功している。派手さはないが間違いなく傑作。★
ガイドコメント
映画『ジョゼと虎と魚たち』の音楽を担当、ドラムのクリストファー・マグワイアが正式加入と、話題のつきないくるり。リアルなロック・サウンドつまった5thアルバム。
ガイドコメント
映画『ジョゼと虎と魚たち』の音楽を担当したりドラムのクリストファー・マグワイアが正式加入したりと、彼らにとって2003年は激動の1年だった。そんな中でリリースされた5thアルバム。リアルなロック・ナンバーがズラリ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2004/3/8)  ⇒  4位 (3/15)  ⇒  12位 (3/22)  ⇒  14位 (3/29)  ⇒  22位 (4/5)  ⇒  29位 (4/12)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2004/3/8)  ⇒  3位 (3/15)  ⇒  10位 (3/22)  ⇒  17位 (3/29)  ⇒  19位 (4/5)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2004/3/8)  ⇒  3位 (3/15)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2004/3/8)  ⇒  4位 (3/15)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2004/3/8)  ⇒  3位 (3/15)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2004/3/8)  ⇒  3位 (3/15)  ⇒  8位 (3/22)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2004/3/8)  ⇒  3位 (3/15)  ⇒  8位 (3/22)  ⇒  8位 (3/29)  ⇒  10位 (4/5)  ⇒  7位 (4/12)
収録曲
01グッドモーニング
早朝の新宿、夜行バスで上京してきた男女ふたりの物語。夢を抱き上京したものの視線から、行き交う人、電車……という日常の瞬間を切り取っている。朝靄のようにゆったりと漂うストリングスの波や穏やかなリズムが、その瞬間にマッチしている。
02Morning Paper
くるりのキテレツな言葉が炸裂。無秩序に並べられたような歌詞の中に、「解散しない」というポジティヴな力強さと「冬の泉越える歪み」という韻を踏む面白さを、ひとつにさらりと収めるあたりはさすが。アグレッシヴなギターも絶品!
03Race
音楽的振幅の大きさを感じさせる1曲だ。バンジョー、チェロを採り入れることで、切なくも不思議な浮遊感漂う世界が創り出されている。のほほんとした声の裏側で、魂をすり減らして音を掴もうとしているくるりが見えてくる。
04ロックンロール
新しいドラマーのクリストファー・マグワイアを迎えて発表した5thアルバム『アンテナ』からのシングル曲。電子音やエフェクトを多用した前作までとは一転し、バンド初期に戻ったかのようなロック・ナンバー。
05Hometown
くるりのホーム・タウンは、バリバリのロックンロールということか。個々の楽器がぶつかりあい爆発しているサウンドには厚みがあり、ジャム・セッションのようにフリーキーでファンキー。うねるギター・ソロが印象的だ。
06花火
「花火は全て消えてゆく」 と歌うように、瞬間の美しさの後に残る、刹那的悲しみの質感を持っているナンバー。ベース・ラインは自由自在に空間を這い、終盤にリズム・アップしたドラムと絡むあたりは圧巻。
07黒い扉
ゆったりとしたリズムにダーティーな臭いを感じるギター・サウンドが堪らなくかっこいい。沸々と湧き上がるメロディが濃厚なグルーヴとなり、聴き手に黒い扉の向こう側をイマジネーションさせる刺激を持っているナンバーだ。
08花の水鉄砲
キレのいいギターとドラムのサウンドで、つい行進していまいそうな小気味良い幕開け。「水鉄砲」「帷子の辻」「桃源郷」「鈍色」と昔の言葉を多く散りばめた歌詞が新鮮で個性的。言葉遊びが楽しいロックンロール。
09バンドワゴン
岸田繁の歌声や人間味を存分に堪能できる弾き語りナンバー。歌い出しのカウント、息遣いから弾き語りならではの生々しい空間が伝わり、伸びやかな声が気持ちよく心に響く。何ら飾らない、ありのままの姿が垣間見られる。
10How To Go (Timeless)
5thアルバム『アンテナ』収録の、バンド初期を思い出させるストレートなロック・ナンバー。モラトリアムな自分と現実の社会で生きることのギャップという、若者なら誰もが突き当たる壁をテーマにした青春ソング。
アーティスト
  • くるり
    日本のロック・バンド。1996年9月頃、立命館大学の音楽サークル“ロック・コミューン”に所属していた岸田繁(vo,g)、佐藤征史(b)らによって結成。98年10月にシングル「東京」でメジャー・デビューを果たす。激しさと切なさとが相まったエモ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015