アリシア・キーズ / アズ・アイ・アム〈初回限定出荷〉 [2CD] [限定]

はてなブックマークに追加
アリシア・キーズ / アズ・アイ・アム〈初回限定出荷〉 [2CD] [限定]
CD
ガイドコメント
本格派ソウル・シンガー、アリシア・キーズの2007年11月発表のアルバム。情熱的な歌声やメロディ、卓越したピアノ演奏など、彼女の魅力が存分に詰め込まれている。現代のソウル・ミュージックにおける一つの完成形と言えそうだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2007/11/19)  ⇒  2位 (11/26)  ⇒  8位 (12/3)  ⇒  3位 (12/10)  ⇒  10位 (12/17)  ⇒  8位 (12/31)  ⇒  15位 (2008/1/7)  ⇒  10位 (1/14)  ⇒  19位 (1/21)  ⇒  19位 (1/28)  ⇒  29位 (2/4)  ⇒  24位 (2/11)  ⇒  37位 (2/25)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2007/11/19)  ⇒  2位 (11/26)  ⇒  5位 (12/3)  ⇒  4位 (12/10)  ⇒  10位 (12/17)  ⇒  9位 (12/31)  ⇒  7位 (2008/1/7)  ⇒  9位 (1/14)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2007/11/19)  ⇒  1位 (11/26)  ⇒  1位 (12/3)  ⇒  3位 (12/10)  ⇒  8位 (12/17)  ⇒  10位 (12/31)  ⇒  8位 (2008/1/7)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2007/11/19)  ⇒  1位 (11/26)  ⇒  2位 (12/3)  ⇒  6位 (12/10)  ⇒  8位 (12/17)  ⇒  8位 (12/31)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2007/11/19)  ⇒  3位 (11/26)  ⇒  2位 (12/3)  ⇒  4位 (12/10)  ⇒  6位 (12/17)  ⇒  10位 (12/31)  ⇒  9位 (2008/1/7)  ⇒  9位 (1/14)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2007/11/19)  ⇒  3位 (11/26)  ⇒  2位 (12/3)  ⇒  4位 (12/10)  ⇒  6位 (12/17)  ⇒  7位 (12/31)  ⇒  9位 (2008/1/7)  ⇒  10位 (1/21)  ⇒  10位 (2/11)
収録曲
[Disc 1]
01AS I AM
70's風のレコード・ジャケットの雰囲気そのままにレコード針を落とす音からスタート。アリシアが敬愛するショパン「ノクターン 第20番嬰ハ短調(遺作)」をベースとしたクラシック・ピアノを披露する、アルバム『アズ・アイ・アム』のイントロとなるインスト。
02GO AHEAD
“ここから出て行って! 立ち止まらないで!”と、傷ついた末についに別れを決心した女性の吹っ切れた様子を活き活きと描くナンバー。クラヴィネットやモーグ・ベースによる弾力感のあるサウンドが、70年代のファンキーな世界を再現する。
03SUPERWOMAN
すべての女性のために立ち上がるスーパーマンならぬスーパーウーマンであることを高らかに宣言し、同時に世の女性たちを励ましてもいる。アルバム『アズ・アイ・アム』では、前曲から続くように同テンポのリズムでピアノが奏でられる心憎い仕掛け有り。
04NO ONE
80年代以降のアーバン系シンガーとしては異例なほど喉を大きく開いて力いっぱいに歌い上げて見せる、70年代オリエンテッドな曲。ピアノをベースとしながらも、明らかに従来とは違ったスタイルを作り上げ、もはやここにはソウルやロックの垣根はない。
05LIKE YOU'LL NEVER SEE ME AGAIN
プリンスの代表曲のひとつ「パープル・レイン」の流麗なエンディングを膨らませていったと思われる美しすぎるラヴ・バラード。“殿下”の影響はサウンドばかりではなく、裏声を交えた色っぽく妖しく迫るヴォーカルにも色濃く表われている。
06LESSON LEARNED
マイケル・フランクスのごときジョン・メイヤーのヴォーカルがやさしくサポートする中で、アリシアがありったけの力を歌に込めるその対比の美しさは特筆すべきもの。ジョンはギターでも参加しており、こちらもまた好プレイを聴かせる。
07WRECKLESS LOVE
1970年前後のガールズ・グループを思わせるポップなリズム・アレンジメントが楽しいアップ・ナンバー。ひたむきで向こう見ずな若い愛を懐かしみ、その時代へと思いを馳せる逃避行を夢見心地のサウンドの中に巧みに織り込んでいる。
08THE THING ABOUT LOVE
愛に戸惑い、愛に苦しみ、愛に悦び、愛に生きる人の性。リンダ・ペリーが制作参加したロック色の強いサウンドをバックに、アリシアはそんな“愛”の本質を、押し殺したような歌声でごく真面目に真っ正面から捉えてみせている。
09TEENAGE LOVE AFFAIR
“日記にあなたの名前を書くの。あなたの名字、そして私の名前”と、初々しい十代の恋を軽快なビートに乗せて歌うキャッチーなナンバー。プロデュースには、ファンク系アクトのプラントライフのジャック・スプラッシュが関わっている。
10I NEED YOU
70年代を思わせるシンプルなビートが多いアルバム『アズ・アイ・アム』収録曲の中で、例外的に複雑な打ち込みビートを用いてはいるが、そのメッセージ性やヴォーカルのスタイルは他曲同様にまっすぐだ。サックス奏者のエヴァレット・ハープが参加。
11WHERE DO WE GO FROM HERE
ウータン・クランにも使われた古いソウル・ナンバーを引用し、原曲よりも泥臭さを増してレゲエ・フレイヴァを加味したような仕立て。生きていく辛さを歌うテーマは、国境はもちろん、時代も超越したまさにエヴァーグリーンなもの。
12PRELUDE TO A KISS
ジョン・レノン「イマジン」を想起させるピアノがしんみりと心に響き、アリシアの伸びやかな歌声に癒される。ピアノ一本をバックにアリシアが独唱する2分強のプレリュードながら、まったくその短さを感じさせない充実した内容だ。
13TELL YOU SOMETHING
エレキ・ギターの入り方やマーチング・ビートなどのアレンジにU2の影響が透けて見えてくるロック・テイストのナンバー。アリシアのヴォーカルは無防備なほどにまっすぐで、彼女の愛に対する真摯なスタンスがひしひしと伝わってくる。
14SURE LOOKS GOOD TO ME
生ドラムやベース、ギター、ピアノ、オルガンといった昔ながらのバンド・サウンドをバックに、荒々しいかすれ声を押し出すアルバム『アズ・アイ・アム』のラスト・ナンバー。R&B界の歌姫がパワフルで人間くさかった70年代のロックを見事に再現してみせている。
[Disc 2]
01WAITING FOR YOUR LOVE
02HURT SO BAD
03SUPERWOMAN
04NO ONE
[2](1)(2)(3)(4)ボーナストラック
仕様
エンハンストCD内容:ノー・ワン (ビデオ)
タイアップ
  • 「As I Am」 - テレビ神奈川「Billboard Top 40」オープニングテーマ
  • 「NO ONE」 - ティファニー「WEDDING ICONS」TV-CMソング
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • アリシア・キーズ
    1981年1月25日生まれ、米・ニューヨーク出身のシンガー/女優。7歳でピアノを始め、クラシック、ジャズなど幅広く音楽を学ぶ。2001年のデビュー・アルバム『ソングス・イン・Aマイナー』は初登場1位となり、グラミー賞5部門受賞。2003年の……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015