マイルス・デイヴィス / 死刑台のエレベーター [SHM-CD] [限定]

はてなブックマークに追加
SHM-CD
ガイドコメント
マイルス初の映画音楽であり、シネマ・ジャズの最高傑作と言われるアルバム。欧州ツアー直後の録音で、その熱気をスタジオに持ち込んだようなスリリングな演奏を披露。「モーテルの写真展」までが実際に映画に使用されたナンバー。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    15位 (2010/9/20)
※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。
収録曲
01テーマ
02カララの殺人
03ドライヴウェイのスリル
04エレベーターの中のジュリアン
05シャンゼリゼを歩むフロランス
06モーテルのディナー
07ジュリアンの脱出
08夜警の見回り
09プティバックの酒場にて
10モーテルの写真屋
11シャンゼリゼの夜 (take1)
12シャンゼリゼの夜 (take2)
13シャンゼリゼの夜 (take3) (テーマ)
14シャンゼリゼの夜 (take4) (シャンゼリゼを歩むフロランス)
15暗殺 (take1) (夜警の見回り)
16暗殺 (take2) (エレベーターの中のジュリアン)
17暗殺 (take3) (カララの殺人)
18モーテル (モーテルのディナー)
19ファイナル (take1)
20ファイナル (take2)
21ファイナル (take3) (モーテルの写真屋)
22エレベーター (ジュリアンの脱出)
23居酒屋 (take1)
24居酒屋 (take2) (プティバックの酒場にて)
25ドライヴウェイ (take1)
26ドライヴウェイ (take2) (ドライヴウェイのスリル)
仕様
SHM-CD
演奏
マイルス・デイヴィス(TP) ヴァルネ・ウィラン(TS) ルネ・ユルトルジュ(P) ピエール・ミシェロ(B) ケニー・クラーク(DS)
録音
57.12
アーティスト
  • マイルス・デイヴィス
    1926年5月米国イリノイ州アルトン生まれ。モダン・ジャズの歴史を築いた史上最大のイノヴェーター、トランペット奏者。カリスマ性をもち、“ジャズの帝王”と呼ばれた。チャーリー・パーカーのバンドで活躍後、クール・ジャズ、ハード・バップ、モード・……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015