アヴェンジド・セヴンフォールド / アヴェンジド・セヴンフォールド [限定]

はてなブックマークに追加
アヴェンジド・セヴンフォールド / アヴェンジド・セヴンフォールド [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    AVENGED SEVENFOLD
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワーナー・ブラザーズ
  • 規格品番:
    WPCR-12770
  • 価格:
    2,074 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    アヴェンジド・セヴンフォールド / アヴェンジド・セヴンフォールド [限定]をAmazon.co.jpで購入するアヴェンジド・セヴンフォールド / アヴェンジド・セヴンフォールド [限定]を@TOWER.JPで購入するアヴェンジド・セヴンフォールド / アヴェンジド・セヴンフォールド [限定]をHMV.co.jpで購入するアヴェンジド・セヴンフォールド / アヴェンジド・セヴンフォールド [限定]を楽天ブックスで購入するアヴェンジド・セヴンフォールド / アヴェンジド・セヴンフォールド [限定]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
サマーソニックでお馴染みの米国産による4作目。バッド・ボーイ・ロックの香りも漂わせつつ、キルスウィッチ・エンゲイジ的なメタルコア、さらにブルースやキャバレー・ミュージックも巧みに吸収し、ポピュラリティと完成度が高い作品だ。「オールモスト・イージー」は日本盤のみ。
ガイドコメント
カリフォルニア出身の5人組ロック・バンド、アヴェンジド・セヴンフォールドの2007年11月発表のアルバム。印象的なツイン・ギターやメロディックな楽曲、そしてカントリー調のバラードまで、さまざまなエッセンスがミックスされている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    9位 (2007/11/5)  ⇒  23位 (11/12)  ⇒  31位 (11/19)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2007/11/5)  ⇒  18位 (11/12)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    9位 (2007/11/5)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2007/11/5)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2007/11/5)  ⇒  10位 (11/12)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    7位 (2007/11/5)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2007/11/5)  ⇒  5位 (11/12)  ⇒  6位 (11/19)
収録曲
01CRITICAL ACCLAIM
“世界で最も危険なロック・バンド”というマスコミ論が実感できる強烈なメロディック・メタル。攻撃性と圧迫感たっぷりに押し寄せる音圧、狂気のシャウト、そして随所に現れる切なくメロディックな旋律に、高い音楽性がうかがえる。
02ALMOST EASY
ピアノやストリングスを隠し味的に取り入れた、美しく退廃的な疾走型ヘヴィ・メタル。搾り出すように叫び続けるヴォーカルと地鳴りのようにとどろくドラミング、そしてクレイジーなギター・ソロに、多彩な演奏技術が隠されている。
03SCREAM
女性の鋭い叫び声が響き、演奏へ突入するゴシック・メタル。切なく胸をえぐるメロディとテクニカルに興奮をかき立てるツイン・ギター、そこに荒々しくパンキッシュな歌声が突き刺さる。雰囲気を重視した彼らの音楽観が生きている曲。
04AFTERLIFE
美しくも妖しげなストリングスの音色が、独特の雰囲気を作るロック・オペラ風。趣向を凝らした情熱的な演奏が、複雑でありながら明快な響きを持って聴き手に届く。セルフ・プロデュースのナンバーらしく、彼らの個性が詰まっている。
05GUNSLINGER
カントリー調のギター・バラードに始まり、徐々に音に厚みを持たせていくミディアム・ロック。シンプルにまとめた演奏と情念が漂うメロディック・ヴォーカル、前半と後半でガラリと変わる演奏に、彼らの振り幅の広さが表われている。
06UNBOUND (THE WILD RIDE)
彼らが“最も冒険的で野心的な曲”と語る、流れるようなキーボードの旋律がクールなメロディック・ロック。ピアノの音色を効果的に取り入れたほか、音楽的にもさまざまな要素を盛り込んでいる。聖歌隊を思わせる子供たちの歌声も可愛らしい。
07BROMPTON COCKTAIL
メロディックなコーラスと、ゆったりとしたサウンドを追求したグルーヴ・オリエンテッド・ナンバー。ブロンプトン・カクテルとは、癌やHIVの末期患者の痛みを取り除くために使われる薬の名前。病気というシリアスな題材を歌っている。
08LOST
ヴォコーダーを駆使したアップ・ビートなスカンジナビア・メタル風。オート・チューニングというヴォーカル・エフェクトに挑戦しつつも、メロディックな部分はしっかりと残している。ギターのシニスター・ゲイツお気に入りのナンバー。
09A LITTLE PIECE OF HEAVEN
オーケストラや映画のスコアといった劇場的なものが大好きな彼らが、新たに挑んだロック・オペラ風。愛する女を美しいまま記憶に残そうと殺してしまう戯曲的な詞を、起伏のあるシンフォニックなメロディの中に綴っている。
10DEAR GOD
新境地といえる、カントリー調のメロウ・バラード。神に“俺がいない間、彼女を抱きしめていてほしい”と、ゆったりとした甘美なメロディの中で歌っている。ギターのシニスター・ゲイツがウォッカを一本空けて、酔っ払いながら書いた曲。
11ALMOST EASY
(11)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Almost Easy」 - テレビ東京「SHOWBIZ COUNTDOWN」エンディングテーマ
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • AVENGED SEVENFOLD
    1999年結成、米カリフォルニア州ハンティントンビーチ出身のヘヴィメタル・バンド。メンバーはM.シャドウズ(vo)、シニスター・ゲイツ(g)、ザッキー・ヴェンジェンス(g)、ジョニー・クライスト(b)、ブルックス・ワッカーマン(ds)の5名……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015