ザ・ベイカー・ブラザーズ / アヴィッド・サウンズ

はてなブックマークに追加
ザ・ベイカー・ブラザーズ / アヴィッド・サウンズ
CD
ミニ・レビュー
日本での圧倒的なファン層をつかんだ彼らの選曲の妙が発揮される、“カヴァー&カヴァー”のこれでもか攻撃は冒頭のヴァネッサ・フリーマンの歌から続く。「ブランフォード・スーパー・フライ」が唯一のオリジナル曲。フリー・ファンクを標榜する彼らの音楽的な“琴線”が確認できる楽しすぎる一枚。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    3位 (2009/3/23)  ⇒  2位 (3/30)  ⇒  5位 (4/6)  ⇒  7位 (4/13)  ⇒  13位 (4/20)  ⇒  13位 (4/27)  ⇒  11位 (5/4)  ⇒  17位 (5/11)
収録曲
01FAMILY TREE
02SHACK UP
03COULDN'T GET IT RIGHT
04SPACE FUNK
05STREET PLAYER
06ROCK CREEK PARK
07LADY DAY AND JOHN COLTRANE
08FLY LIKE AN EAGLE
09COLA BOTTLE BABY
10THE MEXICAN
11BLANDFORD SUPER FLY
12SPACE FUNK
演奏
ダン・ベイカー(G 他) リチャード・ベイカー(PERC,DS 他) クリス・ペドリー(B 他) 他
封入特典
  • ライナーノーツ
アーティスト
  • ザ・ベイカー・ブラザーズ
    イギリス出身のモダン・ジャズ・ファンク・バンド。当初は、ダンとリチャードのベイカー兄弟とクリス・ペドリーによるトリオ編成でスタート。2003年、アルバム『テン・ペイシス』でデビュー。2005年にライヴ・アルバム『In with the ou……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015