バツェヴィチへのオマージュ〜ピアノ・ソナタ第2番 / ピアノ五重奏曲第1番&第2番 ツィマーマン(P) 他

はてなブックマークに追加
バツェヴィチへのオマージュ〜ピアノ・ソナタ第2番 / ピアノ五重奏曲第1番&第2番 ツィマーマン(P) 他
CD
  • 原題:
    BACEWICZ: PIANO SONATA NO.2|PIANO QUINTETS NOS.1 & 2
  • ジャンル:
    クラシック 〜 室内楽曲
  • レーベル:
    ドイツ・グラモフォン
  • 規格品番:
    UCCG-1533
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    バツェヴィチへのオマージュ〜ピアノ・ソナタ第2番 / ピアノ五重奏曲第1番&第2番 ツィマーマン(P) 他をAmazon.co.jpで購入するバツェヴィチへのオマージュ〜ピアノ・ソナタ第2番 / ピアノ五重奏曲第1番&第2番 ツィマーマン(P) 他をHMV.co.jpで購入するバツェヴィチへのオマージュ〜ピアノ・ソナタ第2番 / ピアノ五重奏曲第1番&第2番 ツィマーマン(P) 他を楽天ブックスで購入するバツェヴィチへのオマージュ〜ピアノ・ソナタ第2番 / ピアノ五重奏曲第1番&第2番 ツィマーマン(P) 他を@TOWER.JPで購入する
    バツェヴィチへのオマージュ〜ピアノ・ソナタ第2番 / ピアノ五重奏曲第1番&第2番 ツィマーマン(P) 他を山野楽器で購入するバツェヴィチへのオマージュ〜ピアノ・ソナタ第2番 / ピアノ五重奏曲第1番&第2番 ツィマーマン(P) 他をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
やはり作品というものは、あまりに牧歌的で能天気な時代は別として、それが書かれた当時の諸々の社会情勢を抜きにしては成立せぬものらしい。ここに聴くバツェヴィチの作品からも、そうしたものがヒシヒシ・ピリピリと伝わってくる。音楽をはさんで世情と自己が格闘しているかのよう。
ツィマーマンが積極的に紹介している、母国ポーランドの女性作曲家バツェヴィチの室内楽作品集。5年ぶりとなる新譜であり、2006、2009年の来日公演でも披露されたソロ「ピアノ・ソナタ第2番」も収録。注目のアルバムだ。
トラックリスト
●バツェヴィチ:
01ピアノ五重奏曲第1番
02ピアノ・ソナタ第2番
03ピアノ五重奏曲第2番
演奏
クリスティアン・ツィマーマン(P) (1)(3)カヤ・ダンチョフスカ,アガタ・シムチェフスカ(VN) リシャルド・グロブレフスキ(VA) ラファウ・クヴィアトコウスキ(VC)
録音
2009.2
  • クリスチャン・ツィメルマン
    1956年12月5日生まれ、ポーランド・ザブジェ出身のピアニスト。5歳からピアノを始め、カトヴィツェ音楽院でアンジェイ・ヤシンスキに師事。少年期から内外の数々のコンクールに入賞し、75年に18歳でショパン国際コンクールに史上最年少で優勝。一……
  • カヤ・ダンチョフスカ
    1949年3月、ポーランドのクラクフ生まれのヴァイオリニスト。9歳で演奏会に出演する早熟ぶりで、エウゲニア・ウミンスカに師事する。クラクフ音楽大学に学んだ後、ダヴィド・オイストラフ、ルジェロ・リッチにも薫陶を受けた。その後、ジュネーヴ、ミュ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015