バッハ ヴァイオリン&ヴォイス ハーン(VN) シェーファー(S) ゲルネ(BR) 他

はてなブックマークに追加
バッハ ヴァイオリン&ヴォイス ハーン(VN) シェーファー(S) ゲルネ(BR) 他
CD
  • 原題:
    BACH VIOLIN AND VOICE
  • ジャンル:
    クラシック 〜 クラシック作曲家企画
  • レーベル:
    ドイツ・グラモフォン
  • 規格品番:
    UCCG-1466
  • 価格:
    2,619 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    バッハ ヴァイオリン&ヴォイス ハーン(VN) シェーファー(S) ゲルネ(BR) 他をAmazon.co.jpで購入するバッハ ヴァイオリン&ヴォイス ハーン(VN) シェーファー(S) ゲルネ(BR) 他を@TOWER.JPで購入するバッハ ヴァイオリン&ヴォイス ハーン(VN) シェーファー(S) ゲルネ(BR) 他をHMV.co.jpで購入するバッハ ヴァイオリン&ヴォイス ハーン(VN) シェーファー(S) ゲルネ(BR) 他を楽天ブックスで購入するバッハ ヴァイオリン&ヴォイス ハーン(VN) シェーファー(S) ゲルネ(BR) 他をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
カンタータや受難曲から素材を集めた、ちょっと変わったバッハ・オムニバス。編成するのにずいぶんと時間がかかったのだろうと予想されるが、豪華メンバーによる演奏内容はまったく文句の付けようがない。特にハーンの独奏はあきれるほどうまい。
ガイドコメント
バッハがアリアやデュエットに付けたヴァイオリン・オブリガートに焦点を当てた、興味深いアルバム。ハーンがシェーファーとゲルネという当代一流の歌手とともに、一味違ったバッハの世界を表出している。
チャート
  • TOWER RECORDS クラシック アルバム
    3位 (2009/8/24)  ⇒  5位 (8/31)  ⇒  8位 (9/7)  ⇒  5位 (9/14)  ⇒  8位 (9/21)  ⇒  19位 (9/28)
収録曲
J.S.バッハ:
01マタイ受難曲BWV244〜第51曲アリア「私のイエスを返してくれ!」
02カンタータ第140番「目覚めよ、とわれらに声が呼びかける」BWV140〜第3曲二重唱「いつ来てくださるのですか、私の救いよ」
03カンタータ第204番「私は自分の中で満ち足りている」BWV204〜第4曲アリア「広い大地の宝よ」
04カンタータ第32番「慕わしいイエス、私の願いよ」BWV32〜第3曲アリア「ここ、父の住み家に」
05カンタータ第205番「破れ、砕け、こぼて墓穴を」BWV205〜第9曲アリア「心地よい西風よ」
06ミサ曲ロ短調BWV232〜「私たちはあなたを讃美します」
07カンタータ第157番「あなたを離しません、祝福してくださらなければ」BWV157〜第4曲 アリア「そうだとも、私はイエスに固くすがる」
08カンタータ第59番「私を愛する人は、私の言葉を守るだろう」BWV59〜第4曲アリア「すべての王国をもつ世も」
09カンタータ第58番「ああ神よ、いかに多き胸の悩み」BWV58〜第3曲アリア「私は苦難の中でも満ち足りている」
10カンタータ第117番「讃美と栄光がいと高き宝にあるように」BWV117〜第6曲アリア「慰めと助けは、いつかは必ず欠ける」
11カンタータ第158番「平安がお前にあるように」BWV158〜第2曲アリアとコラール「世よさらば、私はお前に疲れた」
12マタイ受難曲BWV244〜第39曲アリア「憐れんでください」 (メンデルスゾーンによるソプラノ稿)
演奏
ヒラリー・ハーン(VN) クリスティーネ・シェーファー(S) マティアス・ゲルネ(BR) アレクサンダー・リープライヒ指揮 ミュンヘン室内管弦楽団 北谷直樹(HC,OG) ロザリオ・コンテ(テオルボ) クリスティン・フォン・デル・ゴルツ(VC) (7)ヘンリク・ヴィーズ(FT)
録音
2009.4
アーティストおよび作曲家
  • クリスティーネ・シェーファー
    フランクフルト生まれ。ブーレーズや小澤征爾、アーノンクールなどからのラブ・コールも多いソプラノ歌手。ベルリン在住。オジェー、ディースカウらに学ぶ。1995年ザルツブルク音楽祭、96年グラインドボーンの両音楽祭で『ルル』(ベルク)のタイトルロ……
  • ヒラリー・ハーン
    1979年11月27日生まれ、米・ヴァージニア州レキシントン出身のヴァイオリニスト。83年にボルティモアへ移り、85年からクララ・ベルコヴィチの指導を受ける。10歳でフィラデルフィアのカーティス音楽院に入学し、ヤッシャ・ブロツキーに師事。9……
  • ヨハン・セバスティアン・バッハ
    1685年生まれ。1750年没。ドイツ出身。数代にわたる音楽家系に生まれ、バロック音楽の最後を飾る最高・最大の作曲家。優れたオルガニストで即興演奏の大家として有名だった。ドイツ・バロック音楽を集大成し、オペラ以外のすべての分野で作品を残す。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015