MISIA / Back In Love Again(feat.布袋寅泰)

はてなブックマークに追加
MISIA / Back In Love Again(feat.布袋寅泰)
CD
  • 原題:
    BACK IN LOVE AGAIN (FEAT. TOMOYASU HOTEI)
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    アリオラジャパン
  • 規格品番:
    BVCL-475
  • 価格:
    952 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    MISIA / Back In Love Again(feat.布袋寅泰)をAmazon.co.jpで購入するMISIA / Back In Love Again(feat.布袋寅泰)をHMV.co.jpで購入するMISIA / Back In Love Again(feat.布袋寅泰)を楽天ブックスで購入するMISIA / Back In Love Again(feat.布袋寅泰)を@TOWER.JPで購入する
    MISIA / Back In Love Again(feat.布袋寅泰)を山野楽器で購入するMISIA / Back In Love Again(feat.布袋寅泰)をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ドラマ『大奥』主題歌「DEEPNESS」に引き続き、映画版主題歌もMISIAが担当。プロデュースの布袋寅泰を客演に迎えた豪華共演シングルだ。布袋の凛とした輝きに満ちた曲風との邂逅は、壮大なバラードを数多く歌ってきたMISIAにとって新鮮な刺激に。内に秘めた熱い想いがジンと伝わる。
2012年12月19日リリースのシングル。「Back In Love Again」は布袋寅泰が楽曲提供し客演にも参加した壮大な世界観のナンバー。堺雅人&菅野美穂主演の映画『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』主題歌となっている。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    13位 (2012/12/17)
トラックリスト
01Back In Love Again (feat.布袋寅泰)
布袋寅泰を作曲、ギターに迎えた28thシングル。映画『大奥〜永遠〜[右衛門左・綱吉篇]』主題歌となったミディアム・ラヴ・バラードで、その世界観を意識した叙情的な詞世界と趣深いメロディで綴る。もちろん布袋の琴線に触れるギターの存在感はピカイチ。
02Stay Gold
03The Rose (Misia Candle Night Live)
タイアップ
  • 「Back In Love Again feat.布袋寅泰」 - 松竹「大奥 〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇]」主題歌
  • MISIA
    1978年7月7日生まれ、長崎県出身のシンガー・ソングライター。98年にシングル「つつみ込むように…」でデビュー以来、5オクターブの音域を誇る圧倒的な歌唱力で幅広いファンを獲得し、日本の“R&Bディーヴァ”ブームを牽引。以来、「Everyt……
  • 布袋寅泰
    1962年2月1日生まれ、群馬県高崎市出身のギタリスト/ミュージシャン。82年、BOφWYのギタリストとしてメジャー・デビュー。日本のロック・シーンに多大な影響を与えながら、88年4月に解散。同年10月に『GUITARHYTHM』でシンガー……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015