ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」 / フランク:ヴァイオリン・ソナタ 樫本大進(VN)ゴラン(P)

はてなブックマークに追加
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」 / フランク:ヴァイオリン・ソナタ 樫本大進(VN)ゴラン(P)
CD
  • 原題:
    BEETHOVEN:VIOLIN SONATA NO.5 SPRING|FRANCK:VIOLIN SONATA
  • ジャンル:
    クラシック 〜 独奏曲
  • レーベル:
    SONY CLASSICAL
  • 規格品番:
    SICC-323
  • 価格:
    1,600 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」 / フランク:ヴァイオリン・ソナタ 樫本大進(VN)ゴラン(P)をAmazon.co.jpで購入するベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」 / フランク:ヴァイオリン・ソナタ 樫本大進(VN)ゴラン(P)をHMV.co.jpで購入するベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」 / フランク:ヴァイオリン・ソナタ 樫本大進(VN)ゴラン(P)を楽天ブックスで購入するベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」 / フランク:ヴァイオリン・ソナタ 樫本大進(VN)ゴラン(P)を@TOWER.JPで購入する
    ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」 / フランク:ヴァイオリン・ソナタ 樫本大進(VN)ゴラン(P)を山野楽器で購入するベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」 / フランク:ヴァイオリン・ソナタ 樫本大進(VN)ゴラン(P)をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
いろいろな意味で“若さ”が際立つ録音である。微妙なニュアンスが充分に描出できていない憾みはあるものの、大胆でスケール豊かな演奏が発する若々しい輝きには何物にも替えがたい魅力がある。日本の期待のホープ・樫本大進の若き日の貴重な記録と言えよう。
ガイドコメント
樫本大進(79年生まれ)は、96年にロン=ティボー・コンクールで史上最年少優勝を果たした。その後録音された2枚のアルバムから、名作ソナタ2曲を収録。彼の魅力が凝縮された1枚だ。
収録曲
●ベートーヴェン:
01ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調op.24「春」
フランク:
02ヴァイオリン・ソナタ イ長調
演奏
樫本大進(VN) イタマール・ゴラン(P)
録音
(1)99.3 (2)2001.5
封入特典
  • 初回盤のみ銀蒸着仕様
アーティストおよび作曲家
  • 樫本大進
    1979年、英ロンドン生まれの日本のヴァイオリニスト。7歳でジュリアード・プレカレッジに入学、田中直子に師事。90年からレーピン、ヴェンゲーロフの師ザハール・プロンに招かれてリューベックに留学。96年のフリッツ・クライスラーおよびロン=ティ……
  • セザール・フランク
    1822年生まれ。1890年没。ベルギー出身、のちフランスへ渡る。パリ音楽院で学び、パリのサン・クロティルド教会のオルガニストを生涯務める傍ら、パリ音楽院の教授として、ダンディ、ショーソン、デュパルク他を育て、国民音楽協会の結成に参加。作曲……
  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    1770年生まれ。1827年没。ドイツの作曲家。祖父も父も宮廷歌手。14歳で宮廷オルガニスト。1792年ワルトシュタイン伯爵の後援でウィーンに行き、ハイドン、アルブレヒツベルガー、サリエリらに学ぶ。革新的な作風は表現の幅を拡大し、ロマン派へ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015