ゴーイング アンダー グラウンド / ベスト・オブ・ゴーイング アンダー グラウンド ウィズ・ユー [限定]

はてなブックマークに追加
ゴーイング アンダー グラウンド / ベスト・オブ・ゴーイング アンダー グラウンド ウィズ・ユー [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    BEST OF GOING UNDER GROUND WITH YOU
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICL-61991
  • 価格:
    3,190 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ゴーイング アンダー グラウンド / ベスト・オブ・ゴーイング アンダー グラウンド ウィズ・ユー [限定]をAmazon.co.jpで購入するゴーイング アンダー グラウンド / ベスト・オブ・ゴーイング アンダー グラウンド ウィズ・ユー [限定]を@TOWER.JPで購入するゴーイング アンダー グラウンド / ベスト・オブ・ゴーイング アンダー グラウンド ウィズ・ユー [限定]をHMV.co.jpで購入するゴーイング アンダー グラウンド / ベスト・オブ・ゴーイング アンダー グラウンド ウィズ・ユー [限定]を楽天ブックスで購入するゴーイング アンダー グラウンド / ベスト・オブ・ゴーイング アンダー グラウンド ウィズ・ユー [限定]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ブルーハーツに憧れた少年らが大人になったら……。彼らの青春グラフィティから生まれる“胸キュン”コードが日本中の琴線に触れる! (2)(6)(15)、最新シングル(3)(16)など話題曲目白押しのベスト・アルバム。初回盤にはCDエクストラでスペシャル映像収録。
ガイドコメント
GOING UNDER GROUND、これが初のベスト・アルバム。彼らの代表曲を網羅した、今までの活動を総括する1枚。やっぱりゴーイングはいい曲書くよなあ、と改めて実感してしまうはず。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    9位 (2006/6/26)  ⇒  35位 (7/3)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    8位 (2006/6/26)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    7位 (2006/6/26)  ⇒  15位 (7/3)
収録曲
01my dear
壮大な宇宙を漂うかのように、淡々としたリズムの中で浮遊する美しいメロディ。“悲しみ”をテーマに言葉にできない想いを音で表現した、ベスト・アルバムのオープニングを飾るインスト・ナンバー。
02トワイライト
青春の甘酸っぱい想い出を活き活きと蘇らせるギター・ポップ。ノスタルジックで切ない情景描写の巧さに、タイム・スリップしたような錯覚にさえ陥る。ドラマティックなストーリーの主役はもちろん君と僕。
03VISTA
「STAND BY ME」に続き「三ツ矢サイダー」のCMに使われた、颯爽としたビートに詰め込まれた彼ららしい青春の甘酸っぱい切なさをたたえたナンバー。ポジティヴに駆け抜けるキラキラと眩しいロック・サウンドに仕上がっている。
04グラフティー
疾走感あふれるバンド・サウンドにキャッチーなメロディ、そして彼らの音作りには欠かせないキーボードのノスタルジーな音色が彩りを添えるパワー・ポップ・チューン。記念すべきメジャー・デビュー・シングル。
05アゲハ (alternate version“アゲハとトカゲ”)
冒頭から大粒のシンセ・ベースがビートを作り出し、軽やかなギターの音色が、絶妙な噛み合いを見せる。不思議な魅力漂う楽曲はドラムス河野丈洋による作詞、作曲。いい意味で力の抜けた爽やかなポップス。
06ダイアリー
共感と好感を誘う、お得意の郷愁曲。葛藤の想いを綴るピュアな歌詞は、記憶を脳内へ鮮やかにフラッシュ・バックさせる。優しいメロディはじんわりと温かみを残す。出発のあと押しにもってこいの特効薬。
07かよわきエナジー〜Take Me Home、Country Roads
曲の後半に引用されるジョン・デンバーの名曲「カントリー・ロード」に、つながる流れはあまりにも見事。バンドの特色のひとつである松本の声が持つノスタルジックな味わいをより引き出したナンバーだ。
08同じ月を見てた
寒い夜に旅立つ恋人たち。冬のひんやりとした空気の中、心はきっと温まっている。そんな松本のセンチメンタリズムとロマンチシズムが交錯し、浮んでくるひとつの映像。やっぱり彼らはいつでも“胸キュン”だ。
09ランブル
魚が水のなかを漂うさまと現実の侘しさとをうまく絡み合わせ、ゆったりとした優しい雰囲気で包み込んでいる。浮かんでくるのは限りなく深い青。曲のゆらゆらとしたイメージをそのサウンドが増長させている。
10タッシ
ゴーイングには2人のソングライターがいるが、これはドラムス、河野丈洋が作曲。バンド色を抑えながらも、ライヴ映えしそうなサウンドで、一緒に歌いたくなるようだ。笑い声も入っていて思わず顔がほころぶピースフルなナンバー。
11ハートビート
アルバムのタイトル曲でもあり、シングル・カットもされた、メンバーにとっても思い入れの強い曲。シンプルなリズムの上に映える伸びやかな歌声。青春歌謡の普遍的な魅力を宿したような、心の芯から温まるメロディ。
12南十字
イントロの流れるようなストリングスが気持ちを高め、そして丁寧なピアノの音とともにしっとりとした松本のヴォーカルが聴こえてくる。厚みのあるサウンドが展開する、スケール感のあるミディアム・バラード。切なすぎるメロディ・ラインが、かえって心地良く思える浸透度が光る。
13kodama
全編を彩るアルペジオと、それに絡む奔放なキーボードとのアンサンブル。高揚感をまとった蒼さを具現化したサウンドとゴーイングらしいサビのメロディが、松本の描く物憂げで純度の高い世界をよりリアルに映し出すナンバー。
14東京
ひとつの場所には立ち止まらない。松本はよく詞の中で旅に出る。このナンバーはそんな彼の等身大の想いが、限りなく素に近いところでシリアスに表現されている。ラストのコーラスも聴き応えあり。味わい深いナンバーだ。
15STAND BY ME
せつなさのあるキャッチーなメロディは、聴くたびに輝きを増していくよう。今は泣いていても、きっといつかは笑うことができる……そんなポジティヴに変わる想いが音として拡がり、躍動するようなサウンドが気持ちいい。「三ツ矢サイダー」のCM曲。
16ハミングライフ
今までのゴーイングとは違った表情を見せるハートウォーム・チューン。素敵なコーラス陣とのコラボで、春のひだまりような穏やかさで全体を包み込んでいる。みんなで声を合わせて歌いたい、新たな名曲の誕生!
仕様
CDエクストラ内容:新曲制作風景
封入特典
  • 解説・歌詞
アーティスト
  • GOING UNDER GROUND
    埼玉県桶川市出身のロック・バンド。メンバーは松本素生(vo,g)、中澤寛規(g)、石原聡(b)の3名。中学時代に松本、中澤らで結成し、94年にGOING UNDER GROUNDと名乗る。高校卒業時に5人体制となり、2001年にシングル「グ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
[インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー![インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム
[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作
[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲[インタビュー] THA BLUE HERBの映像作品が 2タイトル同時発売
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015