EGO-WRAPPIN' / ベストラッピン 1996-2008 [2CD]

はてなブックマークに追加
EGO-WRAPPIN' / ベストラッピン 1996-2008 [2CD]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    BEST WRAPPIN' 1996 - 2008
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Minor Swing
  • 規格品番:
    TFCC-86267
  • 価格:
    3,048 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    EGO-WRAPPINEGO-WRAPPINEGO-WRAPPINEGO-WRAPPIN
    EGO-WRAPPINEGO-WRAPPIN該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
素敵に猥雑な人間臭いゴッタ煮サウンドでファンキー・スウィンギィに熱くドライヴする〈ヤルキ盤〉。しっとり、ゆったり、ほっこり、よりシンプルで優しく温かめの〈セツナ盤〉。そんな2枚組の編集もサウンド同様イカシテル。中納良恵(vo)と森雅樹(g)、結成12年の軌跡。
ガイドコメント
ジャンルを超えて数々の名曲を発表してきた、EGO-WRAPPIN'のベスト・アルバム。タイプ別に分けられた2枚組で、彼らの12年の軌跡が凝縮された豪華な一枚となっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2008/10/13)  ⇒  3位 (10/20)  ⇒  13位 (10/27)  ⇒  19位 (11/3)  ⇒  28位 (11/10)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2008/10/13)  ⇒  2位 (10/20)  ⇒  8位 (10/27)  ⇒  19位 (11/3)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2008/10/13)  ⇒  1位 (10/20)  ⇒  5位 (10/27)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2008/10/13)  ⇒  4位 (10/20)  ⇒  7位 (10/27)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2008/10/13)  ⇒  3位 (10/20)  ⇒  7位 (10/27)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    4位 (2008/10/13)  ⇒  6位 (10/20)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2008/10/13)  ⇒  1位 (10/20)  ⇒  10位 (10/27)  ⇒  8位 (11/3)  ⇒  10位 (11/10)  ⇒  15位 (11/17)
収録曲
[Disc 1]〈ヤルキ盤〉
01サイコアナルシス
聴けば目の前を一瞬にしてにぎやかなキャバレーに変えてくれる、歌謡曲のムードが漂う、弾けたジャズ・ナンバー。ノスタルジックかつ勢いのあるメロディに、自然と体が揺れてしまうこと間違いなし。
02くちばしにチェリー
アップ・テンポのジャズ・グルーヴが曲の終わり近づいていくほどフィーバー。スリリングな展開に合わせ、飄々と、時に泥臭さも醸し出す歌唱力に脱帽。TVドラマ『濱マイク』の主題歌として起用され話題に。
03PARANOIA
精神病の一種で、体系だった妄想を抱くという“パラノイア”をテーマにした、センシティヴでどこか破滅的なヴォーカルが胸に突き刺さる一曲。トランペットの音色とジャジィなピアノ演奏が醸し出すアダルトなムードが魅力的だ。
04GO ACTION
ときに早口言葉のように無感情に、ときに宙を舞うように奔放に操られるヴォーカルが印象的な歌謡曲風のナンバー。緩急をつけた緊張感のある展開のなかで、ファニーな演奏を聴かせるトランペットに惹きつけられる。
05Sundance
ギターが心地良いリズムを刻む、ポップでキャッチーなナンバー。一語一語を丁寧に発声する、ソフトなヴォーカルが深い愛情を紡ぎ出すよう。シンプルなサウンドへ採り入れた動物の声を真似た効果音が、大自然の清々しさを運んでくる。
06WHOLE WORLD HAPPY
アルバム『Night Food』のほとんどは森雅樹が作曲しているが、本作のみ中納良恵が作曲を担当している。センスたっぷりのラグ・タイム・ピアノのようなアコースティックで温かみのあるサウンドで、グッド・タイム・ミュージックというにふさわしい雰囲気を持ったナンバーだ。
07Nervous Breakdown
スキャットをフィーチャーした英語詞の4ビート・ナンバー。ヴォーカルの中納良恵のハードな歌いっぷりは、パンクやハード・ロック・バンドのヴォーカリストに引けを取らないほど激しく熱い! ライヴならではの、英語詞の中にも日本語で観客を煽るのがおもしろい。
08BIG NOISE FROM WINNETKA〜黒アリのマーチングバンド
アルバム『Night Food』のオープニング・チューンは、タイトル通り“マーチング・バンド”っぽい雰囲気を持ったユニークなナンバー。ヴォーカルに入ってからの盛り上がりは、ライヴでの熱い演奏を想像させる。
09カサヴェテス
サックスが吹き荒れ、踊り出したくなるジャジィなナンバー。華麗なキレと存在感を放つ、楽器のように高質な歌声。曲中、突然訪れる静謐。アコーディオンを弾く場面では、クラシックなどの音楽に精通した教養の高さが見え隠れしている。
10Crazy Fruits
“今宵仲よくキッスをひとつ”など、愛にあふれた“二人”の関係を情緒豊かに描いたラウンジ・ミュージック調の一曲。流麗なピアノ演奏や繊細で華麗なドラミングに乗せた、透明感あふれるヴォーカルが艶やかさを演出している。
11マンホールシンドローム
浮遊感たっぷりの技巧的なヴォーカルに、表情豊かなギター、切れのあるドラム。グルーヴィ、メロウ、ミステリアス。変幻自在にリズムとムードを変えていく万華鏡的サウンドで、スキルの高さを証明した1曲。
12Mother Ship
疾走感あふれるロック・スウィングなキラー・チューン。ショー・タイムを予感させる華やかなサウンドに、中納良恵の歌声がショー・ガールのごとく鮮やかに踊る。軽快でありながら、グルーヴ感に満ちたビビッドな仕上がり。
[Disc 2]〈セツナ盤〉
01finger
アコースティック・ギターとヴォーカルのみによって奏でられる、ハートウォーミングなナンバー。“No Hello It's Good-bye”と別れのメッセージを綴る、中納良恵の透き通るように瑞々しい歌唱が感動を誘う。
02a love song
シンプルなタイトルにこそ重みが感じられる、全編英詞によるラヴ・バラード。艶やかなヴォーカルとアダルトな音色を聴かせるトランペットや落ち着いたムードを醸すパーカッションが、スウィートな空間を生み出している。
03あしながのサルヴァドール
ポエトリー・リーディングからスタートする、4ビートのミディアム・ナンバー。オブリガートで要所を締めるホーン・セクションは、オーサカ=モノレールの武嶋聡を中心としたセットで、ジェントリーな雰囲気を一段と醸し出している。
04かつて..。
J-POPシーンにジャズやブルースを定着させたアルバム『満ち汐のロマンス』のオープニング曲。終わった愛から進みだす女性の姿を、スウィングするリズム隊と跳ねるピアノに乗せて歌われる、ジャジィなナンバー。
05色彩のブルース
世の中にEGO-WRAPPIN'の名を知らしめた、平成ブルースの傑作。ひっそりした酒場が似合う、あやしげで色っぽさが匂い立つようなサックス・プレイや、力強くて悩ましげなヴォーカルが魅惑的。
06老いぼれ犬のセレナーデ
イントロのコントラバスは、mama!milkの清水恒輔によるもの。ゲスト・プレーヤーにもソロ・パートをフィーチャーさせてしまうところに、ユニットというより、コンボとしてのサウンド創りをしてきた意識が伝わってくる名バラード。
07A LIE
優しくメランコリックなサウンドに乗せて、女性の健気で儚い恋心が綴られていく全編英詞によるバラード・ナンバー。温かく包み込むようにも、冷たく突き放すようにも聴こえるハーモニカが絶妙なアクセントとなっている。
08官能漂流
ダークなギターのアルペジオが全編を彩る、シンプルで鬱蒼とした世界観が魅力のナンバー。昭和歌謡を思わせる官能と悲哀に満ちたヴォーカル・ワークが秀逸で、終盤に向かって次第に高ぶっていく感情の波が心を揺さぶる。
09BYRD
中納良恵による流麗なピアノの弾き語りに始まり、ゴージャスなバンド・サウンドへと転調していくラヴ・バラード。一途で哀しい女性の恋心を歌い上げた、エモーショナルなヴォーカルが胸に突き刺さる。
10マスターdog
緩やかなスウィングに乗って、彼らの日常を描いたスロー・ナンバー。夜中に小さな近所のレストランを訪れて、熱めのスープを頼む。そして「あなたを思うと眠れない」と静かに歌う。彼らには珍しい親密な雰囲気が漂ってくる。
11Calling me
センチメンタルな女性の恋心を歌ったジャジィなトラック。トランペットやピアノが繊細かつエレガントな空間を作り上げるなか、“私の名前を読んで 呼んでくれなかったら傷心してしまう”という切実な想いが綴られていく。
タイアップ
  • 「Go Action」 - 日本リーバ「AXE Dark temptation」TV-CMソング
  • 「くちばしにチェリー」 - 日本テレビ「私立探偵 濱マイク」オープニングテーマ
アーティスト
  • EGO-WRAPPIN’
    大阪府出身の音楽ユニット。メンバーは中納良恵(vo)森雅樹(g)。1996年に結成し、関西を中心に活動を展開。その後、拠点を東京へ移す。98年に『BLUE SPEAKER』でアルバム・デビュー。2000年の「色彩のブルース」がキャバレー音楽……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015