中森明菜 / BEST [紙ジャケット仕様] [限定]

はてなブックマークに追加
中森明菜 / BEST [紙ジャケット仕様] [限定]
CD
限定
紙ジャケット仕様
  • アーティスト:
  • 原題:
    BEST
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワーナーミュージック・ジャパン
  • 規格品番:
    WPCL-10285
  • 価格:
    2,095 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    中森明菜 / BEST [紙ジャケット仕様] [限定]をAmazon.co.jpで購入する中森明菜 / BEST [紙ジャケット仕様] [限定]をHMV.co.jpで購入する中森明菜 / BEST [紙ジャケット仕様] [限定]を楽天ブックスで購入する中森明菜 / BEST [紙ジャケット仕様] [限定]を@TOWER.JPで購入する
    中森明菜 / BEST [紙ジャケット仕様] [限定]を山野楽器で購入する中森明菜 / BEST [紙ジャケット仕様] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
デビュー25周年を記念した、中森明菜の紙ジャケット・コレクション。本作は、1986年にリリースされた2枚目のベスト・アルバム。デビュー曲から「SOLITUDE」までのシングル曲を網羅。
トラックリスト
01スローモーション
来生えつこ&来生たかお、という黄金のコンビによって書かれたシングル。もちろん時代の雰囲気を感じさせるものの、意外なほど初々しい歌声のおかげもあってか、今の耳で聴いてもかなり新鮮に響く。
02セカンド・ラブ
80年代初頭の歌謡曲の王道ど真ん中なナンバー。哀愁あふれる雰囲気は彼女の哀しげなキャラクターとよくマッチしている。のちのヴォーカル・スタイルからは想像がつかないほどその歌声は、可愛らしくあどけない。初期の彼女を語るうえではずせない曲だ。
03トワイライト-夕暮れ便り-
04北ウイング
まるで歌謡曲のお手本といえるようなわかりやすい展開やコーラスを、これだけ艶っぽく歌えるアイドル歌手はやはり彼女を除いて他にはいない。ときに囁くように、ときに激しく、魔性の女を思わせる歌声を披露している。
05サザン・ウインド
06SAND BEIGE-砂漠へ-
サハラ砂漠をテーマにして、楽曲にさまざまな実験を試みたナンバー。エキゾティックな雰囲気がミステリアスなキャラクターの彼女に合っていて、何を歌っても様になってしまうのがすごい。
07SOLITUDE
08ミ・アモーレ (Meu amor e…)- MEU AMOR ノ -
ラテン音楽やタンゴのエッセンスを採り入れた曲で、85年の日本レコード大賞を受賞している。タンゴなどが持っている哀愁感がこの人のキャラクターとうまくマッチしており、これも必然的な出会いだったのだろう。
09飾りじゃないのよ涙は
井上陽水と中森明菜の幸福な出逢いは、日本の歌謡史に残るほどの歴史的な名曲を作り上げた。現在でもサウンド的にまったく古びておらず、井上陽水の楽曲に普遍性があることをまたひとつ証明する曲となったようだ。
10十戒 (1984)
11禁区
121/2の神話
13少女A
間違いなく「アイドル歌手・中森明菜」の地位を確立したといえる名曲。サザンオールスターズなどにも通じるウルトラ・ポップなメロディとサウンドが当時の音楽界を席巻した。不良っぽくもありながら、どこか哀しげなヴォーカル・ワークに心揺さぶられるナンバー。
仕様
紙ジャケット仕様
封入特典
  • LP発売当時の封入物(カラー・ポートレート他)レプリカ
  • 中森明菜
    1965年7月13日生まれ、東京都清瀬市出身の歌手。16歳の時、オーディション番組『スター誕生!』を経て、82年にシングル「スローモーション」でデビュー。続く「少女A」よりヒットを連発。ツッパリとアイドルの両面を打ち出したイメージで“第2の……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015