ベター・ラック・ネクスト・タイム / ベター・ラック・ネクスト・タイム

はてなブックマークに追加
ベター・ラック・ネクスト・タイム / ベター・ラック・ネクスト・タイム
CD
ミニ・レビュー
LAで2004年に結成された4人組メロディック・パンク・バンドが日本デビュー。ポスト・ニュー・ファウンド・グローリーと言われる実力派だそうで、実際、深く考え過ぎずに、勢いを維持しながら楽曲のクオリティを高めていこうとする姿勢が感じられる。
ガイドコメント
キャッチーなメロディとスピード感のある爽快パンク・サウンドをあわせ持つ、L.A.のメロディック・パンク・バンド、ベター・ラック・ネクスト・タイム。自主制作にも関わらず、一時期入手困難に陥ったアルバム。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    35位 (2006/6/12)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    12位 (2006/6/12)
収録曲
01CARRY ON
02ANYTHING LESS THAN THE BEST
03WITHOUT YOU
04TOMORROW, MAYBE
05MOTIONLESS
06DEAR PAIGE
07BROKEN SILENCE
08SHOEBOX MEMORIES
09CHAPTERS
10T.G.I. GOODBYE
11WITHOUT YOU
(11)ボーナストラック
封入特典
  • 歌詞・対訳
アーティスト
  • ベター・ラック・ネクスト・タイム
    2004年、米国カリフォルニアで始動したパンク・バンド。結成して間もなく制作したデモ音源が、地元はもとよりインターネット上でも話題となり、注目を浴びる。ライヴ活動を重ね、2005年に1stアルバム『Third Time's A Charm』……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015