ビヨンド・ボーダーズ ギルバート / NYP 小曽根真(P)

はてなブックマークに追加
ビヨンド・ボーダーズ ギルバート / NYP 小曽根真(P)
CD
  • 原題:
    BEYOND BORDERS
  • ジャンル:
    クラシック 〜 管弦楽曲
  • レーベル:
    デッカ・ゴールド
  • 規格品番:
    UCCU-1568
  • 価格:
    3,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ビヨンド・ボーダーズ ギルバート / NYP 小曽根真(P)をAmazon.co.jpで購入するビヨンド・ボーダーズ ギルバート / NYP 小曽根真(P)をHMV.co.jpで購入するビヨンド・ボーダーズ ギルバート / NYP 小曽根真(P)を楽天ブックスで購入するビヨンド・ボーダーズ ギルバート / NYP 小曽根真(P)を@TOWER.JPで購入する
    ビヨンド・ボーダーズ ギルバート / NYP 小曽根真(P)を山野楽器で購入するビヨンド・ボーダーズ ギルバート / NYP 小曽根真(P)をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
小曽根真初のクラシック・アルバム。NYPのアジアツアーに参加した後の、ニューヨークでの特別公演を収録。小曽根のクラシックへの傾斜は、興味深いものがある。コリアやジャレットとはまた違う世界が広がる。
トラックリスト
●ガーシュウィン:
01「ラプソディ・イン・ブルー」
バーンスタイン:
02交響曲第2番「不安の時代」
演奏
アラン・ギルバート指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック 小曽根真(P)
録音
2017.11
  • ニューヨーク・フィルハーモニック
    米ニューヨークを本拠地とするオーケストラ。指揮者ウレリ・コレッリ・ヒルに率いられた地元の音楽家たちによって1842年に創立。米5大オーケストラ“ビッグ・ファイヴ”に名を連ね、世界的に最も古い楽団の一つとして知られる。略称は“NYP”。音楽監……
  • 1967年2月23日生まれ、米・ニューヨーク出身の指揮者/ヴァイオリン奏者。本名はアラン・タケシ・ギルバート。ニューヨーク・フィルの元ヴァイオリン奏者マイケル・ギルバートを父に、ヴァイオリン奏者の建部洋子を母に持つ。ニューイングランド音楽院……
  • 1961年3月25日、兵庫県神戸市生まれのジャズ・ピアニスト。12歳の時にオスカー・ピーターソンに影響を受けジャズ・ピアノを始める。バークリー音楽院卒業後、83年に米CBSと専属契約を結び、『OZONE』でアルバム・デビュー。ソロ、トリオ、……
  • レナード・バーンスタイン
    1918年8月25日、マサチューセッツ州ローレンス生まれのアメリカを代表する指揮者、作曲家、ピアニスト。1990年10月14日没。ハーバード大学を経てカーティス音楽院で学び、ライナーに指揮を、ヴェンジェロヴァにピアノを、トンプソンに作曲を師……
  • ジョージ・ガーシュウィン
    1898年生まれ。1937年没。米国の作曲家。ロシア移民の子。アーヴィング・バーリンやジェローム・カーンに憧れてポピュラー・ソングの作曲家として出発。その後ロマン派の手法を学び、独自の音楽スタイルを確立、アメリカに根ざした作品を発表する。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 答えが出ることの怖さを抱えながら――東野へいとが語る“神様、僕は気づいてしまった”の哲学[インタビュー] 新しい高橋 優の強烈な自己主張『STARTING OVER』
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015