ハウンド・ドッグ / Big Dipper [廃盤]

はてなブックマークに追加
ハウンド・ドッグ / Big Dipper [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    BIG DIPPER
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    R&C Japan
  • 規格品番:
    YRCN-11000
  • 価格:
    2,914 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ハウンド・ドッグ / Big Dipper [廃盤]をAmazon.co.jpで購入するハウンド・ドッグ / Big Dipper [廃盤]をHMV.co.jpで購入するハウンド・ドッグ / Big Dipper [廃盤]を楽天ブックスで購入するハウンド・ドッグ / Big Dipper [廃盤]を@TOWER.JPで購入する
    ハウンド・ドッグ / Big Dipper [廃盤]を山野楽器で購入するハウンド・ドッグ / Big Dipper [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
横綱相撲というか、大物の風格が端々から感じられるアルバムだ。(1)や(7)は彼らにしては異色な打ち込みリズムのナンバーだが、それも挑戦ではなく、余裕の範囲内だろう。一時期目立った力みもすっかり消えて品のよい大人のロックンロールがたっぷり楽しめる。
デビューから変わらぬ勢いで前進を続けるハウンド・ドッグが、飛躍を期してレコード・メーカーを移籍、鮮度アップで贈るニュー・アルバム。R&Rからバラードまで、彼らの魅力が1枚に凝縮。
トラックリスト
01My Name (A Dice joint-Memphis Trail Mix)
02MY HEART MY LOVE
03POPCORN
04One From The Heart
05Wonderful World
06悲しみも抱きしめよう
07愚か者よ
08男と女
09胸いっぱいの愛
10POPCORN (Lost Highway Mix)
  • ハウンド・ドッグ
    1976年仙台で結成。CBS・ソニーの“SDオーディション”に入賞したのをきっかけに、80年「嵐の金曜日」でデビュー。85年に発売された『スピリッツ』、同時発売のシングル「ff(フォルティシモ)」がともに大ヒット。2000年6月には20周年……
  • ハウンド・ドッグ / ポップコーン [廃盤]
    シングル YRCN-10001   1,200円+税   2002/12/07 発売
    ハウンド・ドッグ / ポップコーン [廃盤]をamazon.co.jpで購入するハウンド・ドッグ / ポップコーン [廃盤]をHMV.co.jpで購入するハウンド・ドッグ / ポップコーン [廃盤]を楽天ブックスで購入するハウンド・ドッグ / ポップコーン [廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するハウンド・ドッグ / ポップコーン [廃盤]を山野楽器で購入するハウンド・ドッグ / ポップコーン [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    2001年9月30日、NYの大友康平から届いた手紙に触発されてChokkyu Muranoが書き上げたのがこの曲。純な男の恋心を骨太なロックに乗せて歌う。その裏で男同士の揺るぎない、深い友情をも感じさ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015