“BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]

はてなブックマークに追加
“BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    "BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    SME Records
  • 規格品番:
    SECL-67
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    “BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]をAmazon.co.jpで購入する“BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]を@TOWER.JPで購入する“BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]をHMV.co.jpで購入する“BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]を楽天ブックスで購入する“BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
尾崎豊トリビュートの『BLUE』盤で、大物が揃う豪華な一枚。これだけの顔ぶれが揃うとカヴァーの仕方に違いが出てて面白い。宇多田ヒカルの「I LOVE YOU」は、感情こもってて本気度120%。ちなみにCrouching Boysは尾崎豊とプロデューサー須藤晃の息子たちのユニット。
ガイドコメント
尾崎豊の13回忌となる今年、ついに登場する決定版トリビュート・アルバム。宇多田ヒカル、Mr.Children、槇原敬之ら大物アーティストが多数参加した、超豪華な内容の1枚だ。
ガイドコメント
尾崎豊の13回忌となる2004年、ついに登場する決定版トリビュート・アルバム。宇多田ヒカル、Mr.Children、槇原敬之ら大物アーティストが多数参加した、超豪華な内容の1枚だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2004/3/22)  ⇒  6位 (3/29)  ⇒  8位 (4/5)  ⇒  10位 (4/12)  ⇒  33位 (4/19)  ⇒  37位 (5/3)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2004/3/22)  ⇒  6位 (3/29)  ⇒  7位 (4/5)  ⇒  6位 (4/12)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2004/3/22)  ⇒  5位 (3/29)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2004/3/22)  ⇒  3位 (3/29)  ⇒  4位 (4/5)  ⇒  9位 (4/12)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2004/3/22)  ⇒  4位 (3/29)  ⇒  9位 (4/5)  ⇒  9位 (4/12)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2004/3/22)  ⇒  5位 (3/29)  ⇒  5位 (4/5)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2004/3/22)  ⇒  4位 (3/29)  ⇒  6位 (4/5)  ⇒  4位 (4/12)  ⇒  13位 (4/19)  ⇒  18位 (4/26)  ⇒  9位 (5/3)  ⇒  20位 (5/10)
収録曲
01ダンスホール (Cocco)
02僕が僕であるために (Mr.Children)
03路上のルール (橘いずみ)
04十七歳の地図 (175R)
05I LOVE YOU (宇多田ヒカル)
06太陽の破片 (岡村靖幸)
07LOVE WAY (大森洋平)
08街路樹 (山口晶)
09OH MY LITTLE GIRL (竹内めぐみ)
10闇の告白 (斉藤和義)
11Forget-me-not (槇原敬之)
1215の夜 (Crouching Boys)
仕様
初回のみデジパック仕様
アーティスト
  • 尾崎豊
    1965年11月29日、東京都生まれ。高校在学中の82年、レコード会社のオーディションに合格し、翌年12月に「15の夜」と『十七歳の地図』でデビュー。85年1月に発表した「卒業」でブレイクを果たし、10代の若者たちのカリスマとなった。86年……
  • 同時発売作品
    GREEN A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]
    SECL-68   3,204円(税込)   2004/03/24 発売
    GREEN A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]をamazon.co.jpで購入するGREEN A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するGREEN A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]をHMV.co.jpで購入するGREEN A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]を楽天ブックスで購入するGREEN A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [デジパック仕様] [CCCD] [廃盤]をTSUTAYAで購入する
    新人/中堅のアーティストによる尾崎豊トリビュート「GREEN」は、“思い切り自分らしさをアピールすることが尾崎へのリスペクトになる”って感じのユニークなカヴァーが多く、微笑ましい気持ちになる。ヘヴィな……
    “BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]
    SECL-234   3,204円(税込)   2004/03/24 発売
    “BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]をamazon.co.jpで購入する“BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する“BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]をHMV.co.jpで購入する“BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]を楽天ブックスで購入する“BLUE”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]をTSUTAYAで購入する
    尾崎豊の13回忌となる2004年に発表された決定版トリビュート・アルバム。宇多田ヒカル、Mr.Children、槇原敬之ら大物アーティストが多数参加した、超豪華な内容の1枚だ。……
    VA / “GREEN”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]
    SECL-235   3,204円(税込)   2004/03/24 発売
    VA / “GREEN”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]をamazon.co.jpで購入するVA / “GREEN”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するVA / “GREEN”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]をHMV.co.jpで購入するVA / “GREEN”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]を楽天ブックスで購入するVA / “GREEN”A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI [再発]をTSUTAYAで購入する
    一対をなす『BLUE』が大物アーティスト中心ならば、こちらは新人アーティスト中心の内容。EXILEのヴォーカル“SHUN”こと清木場俊介から個性的なインディーズ・バンドまでを収録。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015