高橋幸宏 / ブルー・ムーン・ブルー [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
高橋幸宏 / ブルー・ムーン・ブルー [デジパック仕様]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    BLUE MOON BLUE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    DTF RECORDS / RESERVOIR RECORDS
  • 規格品番:
    TOCT-25939
  • 価格:
    3,142 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    高橋幸宏 / ブルー・ムーン・ブルー [デジパック仕様]をAmazon.co.jpで購入する高橋幸宏 / ブルー・ムーン・ブルー [デジパック仕様]を@TOWER.JPで購入する高橋幸宏 / ブルー・ムーン・ブルー [デジパック仕様]をHMV.co.jpで購入する高橋幸宏 / ブルー・ムーン・ブルー [デジパック仕様]を楽天ブックスで購入する高橋幸宏 / ブルー・ムーン・ブルー [デジパック仕様]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
近年はSKETCH SHOWなどのユニットで活動していた、高橋幸宏の、約7年ぶりのソロ・アルバム。細野晴臣や徳武弘文、スティーヴ・ジャンセン、マーク・ビアンキらをゲストに迎えつつ、エレクトロでヒューマンな世界を展開。初回盤はデジパック仕様。
ガイドコメント
2006年3月リリースのソロ・アルバム。テイ・トウワや小山田圭吾などの若手クリエーターとの親交を持つ彼が、ベテランならではの高品位なエレクトロニカ・サウンドを披露。実に約7年ぶりとなる意欲作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    32位 (2006/3/13)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    16位 (2006/3/13)
収録曲
01SOMETHING NEW
ドイツ・フランクフルトで活動するアコースティックでエレクトロニカなデュオ、メルツのAlbrecht Kunzeが参加したオープニング・ナンバー。英語詞ながら、中間部ではシバオカチホによるスウェディッシュも飛び出してくる。
02BLUE MOON BLUE
アルバム『ブルー・ムーン・ブルー』の中でももっとも注目を浴びるであろう作品。その理由は細野晴臣が参加しているからに他ならないが、sketch showともYMOとも違う世界観がしっかりと描かれている。
03A STAR IS BORN
サンフランシスコを中心に活躍する宅録ポップ・アーティスト、ハー・スペース・ホリディことマーク・ビアンチが参加したエレクトロニカ・チューン。キッチュでポップなサウンドにキュートな雰囲気が漂うナンバー。
04IN COLD QUEUE
アルバム『ブルー・ムーン・ブルー』収録の、インタールード的なインストゥルメンタル・チューン(ヴォイス入り)。独特の雰囲気を持ったゆらゆらとした浮遊感があふれている、近年の高橋幸宏の個性が存分に出たエレクトロニカなナンバー。
05LAY MY LOVE
小気味良いカッティング・ギターは、Dr.Kこと徳武弘文によるもの。目立たないながらも、全体をバシっとひきしめ、グルーヴ感豊かなナンバーへと仕上げている功労者だ。ループさせて聴くと病みつきになる。
06I LIKE THE WRIGHT BROTHERS、BUT NO AIRPLANES
ループするアコースティック・ギターはアコースティック・ユニット、BE THE VOICEのSUZUKIによるもの。ほとんど全般にループさせて、独特の雰囲気を醸し出している。アコースティック・エレクトロニカとして、最高峰の出来栄え。
07STILL WALKING TO THE BEAT
ミニマリックなシンセサイザーとエレピが無機質感を生み出すヴォーカル・ナンバー。歌詞のテーマになっているタイトル・フレーズ、「STILL WALKING TO THE BEAT」がぐるぐるとループしていく。
08EXIT TO REALITY
インタールード的なミニマルなインストゥルメンタル・チューン。チェレスタのようなキュートな音色のシンセザイザーがループしていく中で、シンセによるストリングスがスパイス的な味付けをしている。
09SLOW TURNING OF MY HEART
アルバム『ブルー・ムーン・ブルー』のなかで、3曲あるスウェディッシュ(スウェーデン語)をフィーチャーしたナンバーのうちの1曲。ミディアム・マイナーな曲調を淡々と歌う高橋幸宏の声までもが楽器の一部になったかのようなヒーリング・ナンバー。
10WHERE ARE YOU HEADING TO?
anonymassの権藤知彦のメロディカがフィーチャーされたエレクトロニカ・ナンバー。無国籍風なヴォイスはSekiya Erikoによるもの。幾多にもユニゾンにされた高橋幸宏のヴォイスが印象的だ。
11IN THIS LIFE
ゆったりとしたビートを包括するこのナンバーは、盟友・ジャパンのスティーヴ・ジャンセンがサウンド・プロダクションを担当している。アンビエントでオルタナティヴな世界観を生み出し、本アルバム『ブルー・ムーン・ブルー』の中でもハイライト的な作品。
12ETERNALLY
Dr.Kこと徳武弘文によるアコースティック・ギターが全編にフィーチャーされたアルバム『ブルー・ムーン・ブルー』のクロージング・ナンバー。アルバム中唯一の日本語詞による曲で、「愛」を最小限に推敲したシンプルな言葉で歌っている。
仕様
CDエクストラ内容:期間限定スペシャルサイト (「BLUE MOON BLUE」PVストリーミング)初回のみデジパック仕様
アーティスト
  • 高橋幸宏
    東京生まれのシンガー・ソングライターにして、ドラマー、作・編曲家、音楽プロデューサー、ファッション・デザイナー、作家としても活動するマルチ・アーティスト。高校在学中からセッション・ドラマーとして活動を始め、1972年にサディスティック・ミカ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015