フリートウッド・マック / ボストン1970 [3CD]

はてなブックマークに追加
フリートウッド・マック / ボストン1970 [3CD]
CD
ミニ・レビュー
70年2月、ボストン・ティー・パーティでのコンサートを収録した3枚組で、中心人物のピーター・グリーン(g、vo)が脱退する1ヵ月前のレア音源。複雑な時期ではあるものの、ギターがむせび泣く至上のブルース・ロックが轟き、観客もグッと高ぶっている。彼らの偉大さを感じてほしい。
収録曲
[Disc 1]
01BLACK MAGIC WOMAN
02JUMPING AT SHADOWS
03LIKE IT THIS WAY
04ONLY YOU
05RATTLESNAKE SHAKE
06I CAN'T HOLD OUT
07GOT TO MOVE
08THE GREEN MANALISHI
[Disc 2]
01WORLD IN HARMONY
02OH WELL
03RATTLESNAKE SHAKE
04STRANGER BLUES
05RED HOT MAMA
06TEENAGE DARLING
07KEEP A-KNOCKING
08JENNY JENNY
09ENCORE JAM
[Disc 3]
01JUMPING AT SHADOWS
02SANDY MARY
03IF YOU LET ME LOVE YOU
04LOVING KIND
05COMING YOUR WAY
06MADISON BLUES
07GOT TO MOVE
08THE SUN IS SHINING
09OH BABY
10TIGER
11GREAT BALLS OF FIRE
12TUTTI FRUTTI
13ON WE JAM
仕様
箱付き
録音
70.2
封入特典
  • 英文解説の対訳
アーティスト
  • フリートウッド・マック
    1967年結成の英ロック・バンド。ピーター・グリーンとミック・フリートウッドを中心に当初はホワイト・ブルース・ロックを鳴らす。その後幾度となくメンバーチェンジを繰り返しながら、ロック/ポップ路線へ移行。75年にリンジー・バッキンガムとスティ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015