NIRGILIS / BOY

はてなブックマークに追加
NIRGILIS / BOY
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    BOY
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    DefSTAR RECORDS
  • 規格品番:
    DFCL-1284
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    NIRGILIS / BOYをAmazon.co.jpで購入するNIRGILIS / BOYを@TOWER.JPで購入するNIRGILIS / BOYをHMV.co.jpで購入するNIRGILIS / BOYを楽天ブックスで購入するNIRGILIS / BOYをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
軽快でハリのあるビートにのって、ロックからクラブ・シーンまでを彩る変幻自在の七色サウンドが宙を舞う。キャッチーなヴォーカル、柔軟果敢な演奏。サード・アルバムとなる今作は、彼らのそういった持ち味が弾けたキュートなラブ・ソングのオンパレード。
ガイドコメント
約2年ぶりとなる本アルバムには、NIRGILIS流の“ボーイ・ミーツ・ガール論”をあらゆる視点で綴った楽曲たちが収められ、ポップ・フィールドに革命をもたらすこと必至の作品だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    17位 (2006/6/26)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    19位 (2006/6/26)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    9位 (2006/6/26)
収録曲
01
疾走感たっぷりのバンド・サウンドに乗る、かわいらしさと強さを合わせ持ったヴォーカルが印象的。耳馴染みのよいメロディが頭の中をループして、思わず体を揺らしてしまう楽曲だ。ロックもクラブもごちゃ混ぜのサウンドはまさに虹色のよう。
02crash
とまらない、せつない恋心を歌った、浮遊感たっぷりのエレクトロ・ロック・チューン。エフェクトのかかった艶っぽく甘いヴォーカルが重低音を効かせ、80年代ディスコを思わせるダンス・トラックに映えている。
03Thank you for the special day!!
80年代を彷佛とさせるダンス・チューンに、ちょっとレトロなチャイナ・テイストを加えたポップ・ナンバー。憧れのロック・スターのライヴに行った感動がつまった詞がかわいく、女の子らしさ満点のヴォーカルとマッチしている。
04sakura
世界的な名曲「AMAZING GRACE」をマッシュ・アップ。原曲の荘厳で壮大な雰囲気はそのままに、現代らしい疾走感とポップ感をプラス。突き抜けるようなサビのメロディは心地よく、オペラの名曲とさわやかにマッチング。
05hard working
繰り返される浮遊感たっぷりのエレキのフレーズが耳に残る、エレクトロ・ロック・チューン。韻を踏んだ歌詞が耳に馴染みやすい。切ないサビのコーラス・ワークが、男子の微妙な恋心が表現された詞世界をさらに盛り上げている。
06東京破片
上京した女の子の孤独を切り取った詞世界はダークだが、かわいらしいヴォーカルをダンサブルなトラックにのせて軽いポップ・チューンに昇華。電話の呼び出し音をサンプリングしたりと、ディテールにも凝った楽曲構築にも注目。
0724サーチライト
疾走感たっぷりのエレクトロ・ロック・チューン。なんでもありの雑多なアレンジに、抜けるようなヴォーカルがハマっている。明日への希望をサーチライトになぞらえた詞世界もポジティヴな、ポップ・ナンバー。
08Today
切り裂くようなギターのイントロから重厚感あふれる展開が印象的なロック・チューン。ポジティヴで疾走感あるサウンドが駆け巡っていき、爽やかでちょっぴり切なくもある心地良いサビのメロディは、一度聴いたら思わず口ずさんでしまうはず。
09Bed
夜明けをイメージするような、ゆるやかでオーガニックなメロディに、打ち込みのゆったりしたリズムが心地よいミディアム・ナンバー。力み過ぎない、伸びやかなヴォーカルが耳に残る、気持ちのよい一曲。
10コモンガール
渡辺美里の「My Revolution」をサンプリングした、ダンサンブルなエレクトロ・ポップ・チューン。明日への希望に満ちたポジティヴさが満載で、なんでもありのごちゃまぜアレンジを抜けの良いヴォーカルが引き締めている。
11ペパーミントミュージック
ハイトーンのヴォーカルとゆるやかなリズムが心地良い、ディスコ調のポップなミディアム・ナンバー。「Let's dance 踊ろう tonight」の歌詞通りに、思わず体を揺らしてしまうこと間違いなしの、ゆるい一曲。
仕様
初回のみスリーヴケース付き
タイアップ
  • 「24サーチライト」 - テレビ朝日「Matthew’s Best Hit TV」エンディングテーマ
  • 「sakura」 - 毎日放送「交響詩篇 エウレカセブン」オープニングテーマ
アーティスト
  • NIRGILIS
    日本の音楽バンド。メンバーは岩田アッチュ(vo,key,prog)、佐竹モヨ(key,prog)、伊藤孝氣(g,prog)の3名。バンド名は紅茶の“ニルギリ”に由来。1993年に佐竹と伊藤によって結成され、2003年にアルバム『テニス』でメ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作
[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲[インタビュー] THA BLUE HERBの映像作品が 2タイトル同時発売
[インタビュー] 田中彩子 ウィーンを拠点に活動して21年、コロラトゥーラ・ソプラノ歌手が歌うバロックから現代まで[インタビュー] Melting pot   パンク経由で鳴らす ソウル・ミュージックとグッド・メロディ
[インタビュー] Nina77 YouTube再生回数86万回以上の代表曲 「一人ぼっちの革命」を含む初CDリリース[インタビュー] ヒビキpiano 超絶ピアノで紡ぐ やさしく心安らぐ楽曲たち
[インタビュー] 橋本淳&筒美京平コンビの最後の傑作「ホテル砂漠」でデビューする新人アーティスト「夏海姉妹」[インタビュー] 山中千尋 その自由さにあこがれるウェイン・ショーターと坂本龍一に捧げられた新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015