ブラームス:交響曲全集 金聖響 / オーケストラ・アンサンブル金沢 [4CD] [廃盤]

はてなブックマークに追加
ブラームス:交響曲全集 金聖響 / オーケストラ・アンサンブル金沢 [4CD] [廃盤]
CD
  • 原題:
    BRAHMS: SYMPHONIES
  • ジャンル:
    クラシック 〜 交響曲
  • レーベル:
    avex-CLASSICS
  • 規格品番:
    AVCL-25461〜4
  • 価格:
    6,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ブラームス:交響曲全集 金聖響 / オーケストラ・アンサンブル金沢 [4CD] [廃盤]をAmazon.co.jpで購入するブラームス:交響曲全集 金聖響 / オーケストラ・アンサンブル金沢 [4CD] [廃盤]をHMV.co.jpで購入するブラームス:交響曲全集 金聖響 / オーケストラ・アンサンブル金沢 [4CD] [廃盤]を楽天ブックスで購入するブラームス:交響曲全集 金聖響 / オーケストラ・アンサンブル金沢 [4CD] [廃盤]を@TOWER.JPで購入する
    ブラームス:交響曲全集 金聖響 / オーケストラ・アンサンブル金沢 [4CD] [廃盤]を山野楽器で購入するブラームス:交響曲全集 金聖響 / オーケストラ・アンサンブル金沢 [4CD] [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
ロマン派の交響曲を、現代的・古楽的な考察及び奏法両者を取捨選択して演奏する、しかもそれを小編成で行なうという、まさに昨今ならではの意欲的な試み。重厚長大・濃厚な情緒・暗欝な印象を与えてきたこれまでのブラームス像は、軽く澄明な響きと明快な細部、そして鮮やかな運動性と確かな形式感を備えたものに一変。でも考えてみれば、ブラームスはロマン的古典主義者。こうした方法論がふさわしいことは言うまでもない。番号が下るにつれ、コンセプト優先の演奏が次第に自由でのびやかになっていく過程も面白い。
ガイドコメント
金聖響とOEKによるブラームス全集。ブラームスの時代に近い編成のオーケストラや古楽奏法を取り入れ、フレージングとアーティキュレーションをきめ細かく施した、鮮烈で新鮮な演奏だ。他とは一線を画した全集作品。
収録曲
ブラームス:
[Disc 1]
01交響曲第1番ハ短調op.68
[Disc 2]
01交響曲第2番ニ長調op.73
02悲劇的序曲op.81
[Disc 3]
01交響曲第3番ヘ長調op.90
02大学祝典序曲op.80
[Disc 4]
01交響曲第4番ホ短調op.98
演奏
金聖響指揮 オーケストラ・アンサンブル金沢
録音
[1] [3] (2)2007.4 [2] 2007.7 [3] (1)2007.11 [4] 2008.2
アーティストおよび作曲家
  • 金聖響
    大阪生まれ。3歳よりピアノ、7歳よりヴァイオリンを学ぶ。14歳で渡米。ボストン大学哲学科卒業ののち、ニューイングランド音楽院大学院指揮科修士課程へ。タングルウッド音楽祭指揮科で小澤征爾らに師事した。96年からウィーン国立音楽大学指揮科に在籍……
  • ヨハネス・ブラームス
    1833年生まれ。1897年没。バッハ、ベートーヴェンと並び3大Bと呼ばれる、ドイツ・ロマン派の作曲家。ピアニストとして活躍し、シューマンに見出され、強くドイツ古典派を意識した作品を作り、ハンスリックに支持される。オペラの作品はない。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015