ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集 イブラギモヴァ(VN) ティベルギアン(P)

はてなブックマークに追加
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集 イブラギモヴァ(VN) ティベルギアン(P)
CD
  • 原題:
    BRAHMS: VIOLIN SONATAS
  • ジャンル:
    クラシック 〜 独奏曲
  • レーベル:
    ハイペリオン
  • 規格品番:
    PCDA-68200
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集 イブラギモヴァ(VN) ティベルギアン(P)をAmazon.co.jpで購入するブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集 イブラギモヴァ(VN) ティベルギアン(P)をHMV.co.jpで購入するブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集 イブラギモヴァ(VN) ティベルギアン(P)を楽天ブックスで購入するブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集 イブラギモヴァ(VN) ティベルギアン(P)を@TOWER.JPで購入する
    ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集 イブラギモヴァ(VN) ティベルギアン(P)を山野楽器で購入するブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集 イブラギモヴァ(VN) ティベルギアン(P)をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。
収録曲
ブラームス:
01ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調op.78「雨の歌」
02ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調op.100
03ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調op.108
クララ・シューマン:
043つのロマンスより〜アンダンテ・モルトop.22-1
演奏
アリーナ・イブラギモヴァ(VN) セドリック・ティベルギアン(P)
録音
2018.5
封入特典
  • 解説
アーティストおよび作曲家
  • クララ・シューマン
    ピアニスト、作曲家。1819年ライプツィヒ生まれ。1896年没。F・ヴィークの娘で、ロベルト・シューマンの妻。5歳頃からピアノを学び、9歳で最初の演奏会を開くなど天才ピアニストとして知られていた。40年に父の反対を押し切ってロベルトと結婚。……
  • 1985年9月28日生まれ、露(旧ソ連)・ポレフスコイ出身のヴァイオリニスト。4歳でヴァイオリンを始め、97年よりモスクワのメニューイン音楽学校で学ぶ。95年に英へ移住し、ユーディ・メニューイン・スクールと王立音楽院で研鑽を積む。国際コンク……
  • 1975年5月5日生まれ、仏出身のピアニスト。5歳でピアノを始め、パリ国立高等音楽院でフレデリック・アゲシーとジェラール・フレミーに師事。17歳でプルミエ・プリを受賞。複数の国際コンクールで入賞を重ね、98年のロン=ティボー国際コンクールで……
  • ヨハネス・ブラームス
    1833年生まれ。1897年没。バッハ、ベートーヴェンと並び3大Bと呼ばれる、ドイツ・ロマン派の作曲家。ピアニストとして活躍し、シューマンに見出され、強くドイツ古典派を意識した作品を作り、ハンスリックに支持される。オペラの作品はない。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015