ジ・オーディナリー・ボーイズ / ブラスバウンド〈初回限定出荷〉 [限定]

はてなブックマークに追加
ジ・オーディナリー・ボーイズ / ブラスバウンド〈初回限定出荷〉 [限定]
CD
ミニ・レビュー
前作から丸1年で届いたセカンド。ザ・ジャム直系というかザ・ジャムそのものとも思えるモッズ路線を基本に、今作ではさらにスカ、ガラージなどの要素もふんだんに盛り込んである。現代の2トーンを目指しているとのことだが、なるほど、という感じ。
ガイドコメント
ジ・オーディナリー・ボーイズの1年ぶりのアルバム。“ピース、ラヴ&ユニティー”を合言葉に、UKガラージ、オールド・スカ、パンク、ギター・ポップのすべてを組み合わせた現代版2トーン・サウンドが痛快だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    18位 (2005/6/20)  ⇒  28位 (6/27)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    8位 (2005/6/20)  ⇒  19位 (6/27)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    10位 (2005/6/20)
収録曲
01BRASSBOUND
02BOYS WILL BE BOYS
03LIFE WILL BE THE DEATH OF ME
04THANKS TO THE GIRL
05ON AN ISLAND
06ONE STEP FORWARD (TWO STEPS BACK)
07SKULL&BONES
08DON'T LIVE TOO FAST
09LOOK WHAT YOU DID
10CALL TO ARMS
11A FEW HOME TRUTHS
12RUDI'S IN LOVE
13THE KKK TOOK MY BABY AWAY 2005
14RED LETTER DAY
(9)(13)ボーナストラック
仕様
CDエクストラ内容:ボーイズ・ウィル・ビー・ボーイズ (ビデオ)
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ジ・オーディナリー・ボーイズ
    2002年結成、英ワーシング出身のロック・バンド。メンバーはプレストン(vo)、ウィリアム・J・ブラウン(g)、ジェイムス(b)、チャーリー(ds)の4人。スミスやブラーの音楽を支えたスティーヴン・ストリートがプロデュースを担当した2004……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015