CORNELIUS / BREEZIN'

はてなブックマークに追加
CORNELIUS / BREEZIN'
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    BREEZIN'
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワーナーミュージック・ジャパン
  • 規格品番:
    WPCL-10340
  • 価格:
    1,143 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    CORNELIUS / BREEZINCORNELIUS / BREEZINCORNELIUS / BREEZINCORNELIUS / BREEZIN
    CORNELIUS / BREEZINCORNELIUS / BREEZIN該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
活動再開第2弾シングルは、最近のシンプルな作風を受け継ぎつつ、グルーヴに重点を絞ったようなダンサブルなアプローチ。これをポップに聴かせてしまうのだから、この小山田風ポスト・ロックも確立した感アリ。カップリングはYMOのカヴァーでこちらもお見事。★
ガイドコメント
アルバムに先がけての第2弾シングルは、浮遊感あふれるナンバー「Breezin'」を表題曲に、YMOのカヴァー「CUE」なども収録した、Corneliusならではの魅力あふれる1枚。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    2位 (2006/9/25)  ⇒  7位 (10/2)  ⇒  13位 (10/9)  ⇒  20位 (10/16)
収録曲
01Breezin'
ピースフルで浮遊感あふれるナンバー。「くもり はれま くもり」と言葉遊びのような詞が、シンプルな音にマッチする。リズムに重点を置き、変調子の電子音をナチュラルに配している。音のマジックがちりばめられたキャッチーさが印象的だ。
02Cue
YMOの名曲のカヴァー。ミニマルなリズムになめらかなトレモロ・ギターで味付けをした、上質の音色が美しいポップ・ソング。小山田圭吾の幅広い音楽性とリミックス能力を最大限に生かしたサウンドは、聴き応え十分だ。
03Fit Song-The Books Remix-“eat white paint”
哀愁漂うアコースティック・ギターを聴かせるスムース・ナンバー。温かな生音を前面に出した演奏に始まり、徐々に電子音を交えた複雑な音へと変化していく。淡々としたヴォーカルが、曲全体に美しい透明感を与えている。
04Kling Klang
風に揺れるウィンド・チャイムの音が、33分間ゆったりと流れる不思議な時間。何か仕掛けがありそうで、思わず聴き入ってしまう癒しの音世界。聴き終える頃には、高原の風を吸い込んだような爽やかな気分に包まれるナンバーだ。
仕様
CDエクストラ
アーティスト
  • Cornelius
    1969年生まれ、東京都出身の小山田圭吾のソロ・ユニット。フリッパーズ・ギター解散後の93年に“Cornelius”として始動。97年の『FANTASMA』発表後、米〈マタドール・レコード〉と契約して世界デビュー。以降、卓越したポップ感覚と……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015