ザ・ラカンターズ / ブロークン・ボーイ・ソルジャーズ

はてなブックマークに追加
ザ・ラカンターズ / ブロークン・ボーイ・ソルジャーズ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    BROKEN BOY SOLDIERS
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    V2レコーズ
  • 規格品番:
    V2CP-275
  • 価格:
    2,400 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ザ・ラカンターズ / ブロークン・ボーイ・ソルジャーズ をAmazon.co.jpで購入するザ・ラカンターズ / ブロークン・ボーイ・ソルジャーズ を@TOWER.JPで購入するザ・ラカンターズ / ブロークン・ボーイ・ソルジャーズ をHMV.co.jpで購入するザ・ラカンターズ / ブロークン・ボーイ・ソルジャーズ を楽天ブックスで購入するザ・ラカンターズ / ブロークン・ボーイ・ソルジャーズ をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトがブレンダン・ベンソンらと結成したニュー・バンドのデビュー作。レッド・ツェッペリンからの影響が色濃いレトロ・モダンでスタイリッシュなサウンドは、ハードさとサイケな味付けのバランスも絶妙だ。
ガイドコメント
オルタナティヴ・シーンで活躍し頂点を極めたジャック・ホワイトが、友人とともに結成したバンドの1stアルバム。互いの個性がぶつかり合いながらもメロディアスなサウンドを聴かせてくれる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2006/5/8)  ⇒  10位 (5/15)  ⇒  28位 (5/22)  ⇒  40位 (6/12)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    7位 (2006/5/8)  ⇒  9位 (5/15)  ⇒  19位 (7/17)  ⇒  16位 (7/24)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    10位 (2006/5/8)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    6位 (2006/5/8)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    4位 (2006/5/8)  ⇒  4位 (5/15)  ⇒  10位 (5/22)  ⇒  14位 (6/12)
収録曲
01STEADY, AS SHE GOES
ラカンターズ結成のきっかけとなった曲。ジャック・ホワイトの持つブルースとブレンダン・ベンソンのポップなサウンドが猛烈な速度で転がっていく。ホワイト・ストライプス・ミーツ・ニルヴァーナとも言えるダイナミックさ。
02HANDS
荒々しくも美しいフィードバック・ノイズを奏でるギターとビートルズチックなコーラス・ワークが絶妙な一曲。ひねくれていながらもど真ん中にポップなメロディが高い中毒性を放ち、聴くものを病みつきにさせる。
03BROKEN BOY SOLDIER
火花の散るようなドラミングに悲壮なストリングスが絡み、何とも言えないダーク・サイドな音を現出させているが、音の向かう方向はより前向きな印象。ラカンターズの引き起こすロックンロールの源流的なイメージ。
04INTIMATE SECRETARY
ピコピコ・サウンドとフォーキーなメロディが理想的に融合した、ブレンダン・ベンソンの真骨頂的な激ポップ・ソング。甘く口当たりの良いサウンドの中に、ほんのちょっとの毒が絶妙なスパイスとして効いている。
05TOGETHER
カントリー風味のフォークで聴かせるメロウ・チューン。牧歌的で郷愁的なメロディが、乾いた風のように吹き抜けては胸に切なさを残して消えていく。ブレンダンとジャックの歌心が前面に押し出された一曲だ。
06LEVEL
ゴリゴリしたギター・サウンドが、ザクザクと掘り進む耕運機のごとく前進するブルージィなロックンロール。2分ちょっとと非常に短い曲だが、ダイナミックなサウンドがリスナーに与えるインパクトは大。
07STORE BOUGHT BONES
フリーキーなギターをはじめとして、奇天烈サウンドの炎上したかのようなセッションが引き起こす奇妙な音世界。にも関わらず、ポップ・ソングとして成立させてしまうのは、偏屈な変人が集まるこのバンドだからなせる技か。
08YELLOW SUN
おそらく一発録りであろう、メンバーのセッションをそのまま録音したデモ音源チックな一曲。荒いながらも、その場の熱が真空パックされて運ばれてきたような生々しさがあり、目の前で演奏をしてくれているような気分に浸れる。
09CALL IT A DAY
ルーズなリズムに乗せてフォーキーなフレーズを延々と反復させるミニマルな一曲。何かが起こりそうで、何も起こらない構成がなんとももどかしいが、肩の力の抜けたメロディと美しいコーラスが心を和ませてくれる。
10BLUE VEINS
ジャック・ホワイトのブルース魂がこれでもかと炸裂している特濃ブルース。淡々と綴られるメロディと時には絞り出すように、時には叫ぶように歌うジャックの歌声が味わい深い。彼のシンガーとしての醍醐味が存分に味わえる。
11THE BANE RENDITION
メンバーのセッションのみのインスト曲。ルーズなドラムとブルージィなギターがせめぎあって火花を散らし、臨界点を迎えて爆発し、またせめぎあうという繰り返しだが、かなりの凄みに圧倒されることは間違いない。
(11)ボーナストラック
仕様
エンハンストCD内容:ジム・ジャームッシュ監督によるヴィデオ「ステディ、アズ・シー・ゴーズ」
封入特典
  • 解説・日本語詞
アーティスト
  • ラカンターズ
    ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイト(g、vo、key)と、シンガー・ソングライターのブレンダン・ベンソン(g、vo、key)を中心に、ザ・グリーンホーンズのリズム隊を加えて結成されたバンド。2006年にシングル「Steady, As……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015