InK / C-46

はてなブックマークに追加
InK / C-46
CD
ミニ・レビュー
電気グルーヴの石野卓球と、TOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシが奇跡の合体。お互いのルーツである、ダークでポップなニューウェイヴ色を帯びたエレクトロ・ハウスの数々は、最高にロマンティックで刺激的。卓球の歌がたくさん聴けるのもグッド。
ガイドコメント
石野卓球が、TOKYO No.1 SOUL SETのトラックメイカー、川辺ヒロシと組んだユニットの1stアルバム。ポスト・パンク、ニューウェイヴを共通言語に、大人なラウンジ・エレクトロを聴かす。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2006/4/24)  ⇒  18位 (5/1)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2006/4/24)  ⇒  20位 (5/1)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    9位 (2006/4/24)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2006/4/24)  ⇒  2位 (5/1)  ⇒  11位 (5/8)
収録曲
01Black Out On Sunday Night
60年代イタリア映画を思わせるチネチッタなイントロは、まるで映画音楽の巨匠ニーノ・ロータのごとく。そこからラウンジ・エレクトロへと持っていく荒業の展開は、石野卓球×川辺ヒロシによるコンビの面目躍如。
02Into The Sound
ダフト・パンク風味のグルーヴィなサウンドを聴けば、思わず腰をくねくね動かしたくなってしまうこと間違いなし! 電気グルーヴとは一味違う石野卓球のアダルトなヴォーカリゼーションも聴きどころ。
03Bassline
Vodafone“春の端末シリーズ”のTV-CMに使われたことでも話題を集めたナンバー。シンプルながら不思議と耳に残るビートとフェティッシュな音触りに、80年代へのオマージュが見え隠れする。
04Metall Position
メタリックな金属音が、周期運動のごとく一定に保たれた力強いリズムを刻む。聴いているうちにトランス状態に入ってしまうかのような恍惚のループ感には、耳の肥えたテクノ・マニアも納得せざるを得ない。
05Constantinople
底なし沼にズブズブと引きずり込まれていくかのような、重厚なダブ・ミキシングが満喫できるトラック。“ハレ”全開の電気グルーヴとは違った一面が垣間見える、アルバム『C-46』を通して最もダーク感の強い作品。
06Oh...Tell Me...
さまざまな幾何学模様が、カラフルなグラデーションを描いて夜空を駆ける……。シンセサイザーによる繊細でスペーシーな音触りは、快感度120%。この心地良さにハマったら最後、もうどこへも逃れられない!
07Sketch For Autumn
直訳して「秋の風景」と題されたトラックは、分厚いダブ感が全編を覆い隠す1曲。エイフェックス・ツインをも想起させる、一定のリズムとビートが反復されるだけのミニマルな展開に、テクノの源流を見る思い。
08Good That You Come
46分のカセットテープに収まるようにしたというこのアルバム『C-46』の最後を飾るのは、カセットテープ全盛期の80年代へのリスペクトが感じられるニューウェイヴ風トラック。ドラマティックで壮大な展開に胸が騒ぐ。
仕様
初回のみ変形デジパック仕様
タイアップ
  • 「Bass Line」 - vodafoneCMソング
封入特典
  • ギリギリ袋とじ仕様(初回のみ)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015