ベースボールベアー / C

はてなブックマークに追加
ベースボールベアー / C
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    C
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCT-26149
  • 価格:
    2,619 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ベースボールベアー / CをAmazon.co.jpで購入するベースボールベアー / Cを@TOWER.JPで購入するベースボールベアー / CをHMV.co.jpで購入するベースボールベアー / Cを楽天ブックスで購入するベースボールベアー / CをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
一見、異様にキャッチーでダイナミックなギター・ロック。しかしよく聴くとマニアックなサウンド・メイク、妄想とロジックとがねじれる独特の詞世界など、どこにもない個性満開の注目バンド。すでに人気者だが、この1作目でネクスト・レベルに突入した。
ガイドコメント
4人組バンド、Base Ball Bearのメジャー1stフル・アルバム。ヒット・シングル「ELECTRIC SUMMER」「STAND BY ME」、2006年夏のフェスで披露した「祭りのあと」などを収録。若々しくシャープなサウンドが満載だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2006/11/27)  ⇒  22位 (12/4)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    7位 (2006/11/27)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    7位 (2006/11/27)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    6位 (2006/11/27)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2006/11/27)  ⇒  11位 (12/4)
収録曲
01CRAZY FOR YOUの季節 (Album ver.)
高揚感たっぷりの高速ギター・ポップ。夏の情景描写に力を入れた詞が、キャッチーでダイナミックなサウンドとあいまって、爽やかな夏の雰囲気を作っている。ヴォーカルに重なる、関根史織の甘い乙女チックなコーラスが可愛らしいナンバー。
02GIRL FRIEND
鮮やかな春色を感じる情景で彩られた勢いある歌声やサウンド。個々の楽器がひとつになり、聴き手をグイグイとバンドの世界観に引き込んでいく。春風舞う街で彼女と歩くシチュエーションに映える心地良いロックだ!
03祭りのあと
ベースとハイハット、裏打ちのドラム・ビートが気持ち良いポップ・ナンバー。飛び跳ねたくなるような楽しいリズムに、絶妙なタイミングで刻まれる複雑な手拍子が楽しい。夏祭りの後の静かな夜を歌う詞が、ムードたっぷりに心を潤す。
04ELECTRIC SUMMER
夏向きの爽やかなギター・ロック・チューン。キャッチーなメロディやギターのフレーズ、そして何よりも、サビでの女声コーラスのリフレインが、一度聴いたら耳から離れないほど印象的だ。メジャー1stシングルに相応しい1曲といえる。
05スイミングガール
鋭角的に響くギターが気持ち良い、キャッチーなギター・ロック。変則的なリズムを繰り出しながらグルーヴを保つバンド・サウンドに、高いクオリティの演奏技術が垣間見られる。夏の恋を男心で描いた純な詞を、ファルセットを駆使した癖のある歌唱で披露している。
06YOU'RE MY SUNSHINEのすべて
ギターの魅力を前面に出した、爽快ポップ・チューン。個性的でひねくれたコード感覚を持つギター・フレーズが耳に残る。伸び伸びとリラックスした声で綴る、愛する女性を讃える純情な詞が、青春の爽やかさを運んでくるよう。
07GIRL OF ARMS
アンニュイな雰囲気を漂わせるスロー・ポップ。アコースティック・ギターとシンプルなドラムのリズムが、すんなりと耳に溶け込んでくる。曲の途中に入る関根史織のささやくような甘い歌声が、曲全体が柔らかな優しさを生み出している。
08DEATHとLOVE
彼女と過ごした夏に思いを馳せる、甘酸っぱく切ないギター・ポップ。胸をかき立てるようなエネルギッシュな演奏に、愛しい女性を失った苦悩にもだえる青年の心を描いている。シャープな音作りに青春の新鮮な空気感が宿っている。
09STAND BY ME
ギターとヴォーカルだけのシンプルなイントロから次第に厚みを増していく、激しさの中にノスタルジックな手触りを感じさせるギター・ロック・ナンバー。変拍子やクセのあるコード進行など、BBBらしいネジクレ加減が面白い。
10ラストダンス
シャープな疾走感を持つ極上のギター・ポップ。小出祐介のファルセットを効かせた歌声が、若々しくセクシーな魅力を放ち、気持ちよく響いてくる。彼女と最後のダンスを踊る男心を、独特の切ない詞とメロディで描いているナンバー。
11SHE IS BACK
エモーショナルに胸を締めつけるミディアム・ポップ。繊細と力強さを併せ持つ小出祐介のヴォーカルが耳に残る。エッジの効いたギターがダンサブルな音を描き、ロマンティックな詞がドラマを感じさせる。
タイアップ
  • 「ELECTRIC SUMMER」 - テレビ東京「JAPAN COUNTDOWN」オープニングテーマ
  • 「ELECTRIC SUMMER」 - テレビ神奈川「Saku Saku」エンディングテーマ
  • 「STAND BY ME」 - TBS「カウントダウンTV」エンディングテーマ
  • 「STAND BY ME」 - 江崎グリコ「ポッキー極細」TV-CMソング
  • 「ラストダンス」 - NHK-FM「ミュージック・スクエア」エンディングテーマ
  • 「祭りのあと」 - テレビ東京「JAPAN COUNTDOWN」エンディングテーマ
封入特典
  • 特殊ブックレット仕様(初回のみ)
アーティスト
  • Base Ball Bear
    日本のロック・バンド。愛称は“ベボベ”など。2001年、高校の学園祭出演のために結成され、翌年に現バンド名へ改称。2003年にミニ・アルバム『夕方ジェネレーション』でデビューし、2006年のミニ・アルバム『GIRL FRIEND』でメジャー……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015