CRYSTAL KAY / Call me Miss... [CD+DVD] [限定]

はてなブックマークに追加
CRYSTAL KAY / Call me Miss... [CD+DVD] [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    CALL ME MISS...
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    EPIC
  • 規格品番:
    ESCL-2798〜9
  • 価格:
    3,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    CRYSTAL KAY / Call me Miss... [CD+DVD] [限定]をAmazon.co.jpで購入するCRYSTAL KAY / Call me Miss... [CD+DVD] [限定]を@TOWER.JPで購入するCRYSTAL KAY / Call me Miss... [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するCRYSTAL KAY / Call me Miss... [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するCRYSTAL KAY / Call me Miss... [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
通算6枚目のオリジナル・アルバム。大ヒット・シングル「恋におちたら」、CHEMISTRYとの共演曲「Two As One」のほか、海外で活躍するプロデューサーを迎えた楽曲も収録するなど、彩りに満ちた話題盤。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2006/2/20)  ⇒  8位 (2/27)  ⇒  29位 (3/6)  ⇒  39位 (3/13)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2006/2/20)  ⇒  7位 (2/27)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2006/2/20)  ⇒  5位 (2/27)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2006/2/20)  ⇒  6位 (2/27)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2006/2/20)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2006/2/20)  ⇒  4位 (2/27)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2006/2/20)  ⇒  3位 (2/27)  ⇒  14位 (3/6)  ⇒  20位 (3/13)
収録曲
[Disc 1]
01Baby Girl
日本のヒップホップ名門レーベル“FUTURE SHOCK”のプロデューサー、SUBZEROがICEDOWN名義で手掛けたR&Bチューン。スムースなグルーヴ感を基調としつつもツボを心得たポップ感覚で魅了する、アルバム『Call me Miss...』のリード・トラック。
02Kirakuni
ジャム&ルイスがソングライティング&プロデュースのシングル・トラック。本場アメリカ仕込みのR&Bというよりも、文字通り“気楽に”仕上げたアダルトさに魅せられる、高速リリックにも注目のスムースなグルーヴィ・チューン。
03恋におちたら
CX系ドラマ『恋におちたら〜僕の成功の秘密〜』主題歌。デビュー当初から保ち続けてきた純朴さが輪郭を整えて描かれた、ピュアでキュートなポップス。“心から 心から”と実直に見つめる瞳の先に、彼女のしたたかな決意が宿るラブ・ソング。
04Hero
新進気鋭のプロデューサー、AKIRAによるノスタルジック風ポップ。ヒーローは大壇上からではなく、傍にいるキミだよと語りかける心情を、オルゴール・ミュージックボックスの柔らかなアレンジで飾る可憐なナンバー。
05テレパシー
ブランディー「ザ・ボーイ・イズ・マイン」を想起させるイントロから、スムース&メロウなR&Bテイストを展開。“テレパシー”という密かな魔法の使い手の機微を、細やかでブリリアントに描いたアレンジは、河野伸によるもの。
06KTK
“君(K)の態度(T)が変わり(K)はじめてる”=倦(K)怠(T)期(K)というタイトルは、曲詞も手掛けた自身の作。めくるめく揺れる心を、急くようなカッティングのギターとストリングスでドラマチックに描く、ライト・ポップ・チューン。
07I Know
「hard to say」を始め相性の良さでは説明不要のタク(m-flo)によるプロデュースだが、「Girl U Love」の心地良く泳ぐようなスムースなグルーヴで包まれたナンバー。とはいえ、ブレイクビーツ&ポップな安定感あるアレンジ力は健在。
08nobody but you
ライト・ウインド感のあるギター・リフが展開するR&Bトラック。アルバム『Call me Miss...』にも収録の18thシングル「Kirakuni」にも通じる質感を醸し出したのは、Dr.Rのプロデュースによるもの。
09Together
「Kirakuni」と両A面のTX系『トリノ2006』テーマ・ソングは、アルバム『Call me Miss...』で本格的にコラボレイトしているICEDOWNがプロデュース。クリケイお得意の爽やかダンサブル・ポップが輝きを増して展開。
10fly to you
自身の曲「Motherland」をサンプリングして斬新な切り口を見せたプロデュースはICEDOWNによるもの。カニエ・ウェスト風の使い回しと、全体的に抑え気味のクール・ヴォイスを対比させるスタイルが秀逸なテクニック・トラック。
11きっと
淡々と流れるメロディと加減の効いたヴォーカルがかえってセンチメンタルさを煽る、ミディアム・スロー・バラード。しっとりとした情感を持った顔立ちで歌う彼女には、既に大人の貫禄さえ見えてくる成長ぶりだ。
12Two As One (Crystal Kay×CHEMISTRY)
クリケイの人懐こさとCHEMISTRYの甘過ぎないスムースな肌感が上手くマッチした、キャッチーなポジティヴ・ダンス・チューン。スクラッチを多用した、プロデューサーAKIRAのハッピー・テイストのアレンジが煌めく楽曲。
13Happy Life
AKIRAが作曲/プロデュースを手掛けた楽観性の強い陽気なナンバー。ドリカムっぽい日常性と多少狙った感のあるベタなサウンド・アレンジが、これでもかと詰め込まれている。ムズかゆくなるほどのスマイリーなナンバー。
14涙があふれても
当たりの柔らかい感触のストリングスが映える感懐深いミディアム・バラード。村山晋一郎による隙のない丁寧なアレンジが、心のツボを押さえたヴォーカルとともにすんなりと配されていて、清々しささえ残る上質感をもたらしている。
15Kiss (Orchestra version)
[Disc 2]〈DVD〉
01恋におちたら (MUSIC VIDEO)
02Two As One (Crystal Kay×CHEMISTRY) (MUSIC VIDEO)
〈Xmas LIVE '05〉
03恋におちたら (Live ver.)
04Two As One (Live ver.)
(15)ボーナストラック
録音
[2] (3)(4)2005.12
タイアップ
  • 「Together」 - テレビ東京「トリノ 2006」テーマソング
  • 「Two As One」 - TOYOTA「WiSH」TV-CMソング
  • 「涙があふれても」 - 東宝東和「ダーク・ウォーター」イメージソング
  • 「恋におちたら」 - フジテレビ「恋におちたら〜僕の成功の秘密〜」主題歌
アーティスト
  • クリスタル・ケイ
    1986年2月26日生まれ、神奈川県横浜市出身の女性シンガー・ソングライター。99年7月、13歳の時にシングル「Eternal Memories」でデビュー。その後「恋におちたら」をはじめとする数多くのヒットを放ち、2007年の『ALL Y……
  • 同時発売作品
    CRYSTAL KAY / Call me Miss...
    ESCL-2800   2,913円+税   2006/02/22 発売
    CRYSTAL KAY / Call me Miss...をamazon.co.jpで購入するCRYSTAL KAY / Call me Miss...をTOWER RECORDS ONLINEで購入するCRYSTAL KAY / Call me Miss...をHMV.co.jpで購入するCRYSTAL KAY / Call me Miss...を楽天ブックスで購入するCRYSTAL KAY / Call me Miss...をTSUTAYAで購入する
    20歳……大人の仲間入りして放つ記念すべきアルバム。ヒット曲(3)(12)の輝きはやはり特別だが、さりげない(11)とドラマティックに展開する(14)、バラードで見せる表情がまた印象深い。ファットなビ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015