Steph Pockets / Can't Give Up [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
Steph Pockets / Can't Give Up [デジパック仕様]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    CAN'T GIVE UP
  • ジャンル:
    ラップ/ヒップホップ(海外)
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICP-63699
  • 価格:
    2,420 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Steph Pockets / CanSteph Pockets / CanSteph Pockets / CanSteph Pockets / CanSteph Pockets / Can
ミニ・レビュー
ボブ・マーリーの娘でラッパーのサード作。共同ながら全曲本人制作で、楽器主体のメロディアスなトラックに歌も交えた作りは出身地フィリーの現行の音楽性の流れを汲みつつレゲエ、アフリカンなどにも広がる。嫌みなく堂々としたラップも気っ風がいい。★
ガイドコメント
AIのプロデュースなどでも知られるフィラデルフィア出身の女性ラッパー&シンガー、ステフ・ポケッツの3作目となるアルバム。“夢をあきらめない”をテーマに家族や友人、そして自分の可能性を歌ったナンバーが収録されている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    18位 (2007/2/19)  ⇒  13位 (2/26)  ⇒  40位 (3/5)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    17位 (2007/2/19)  ⇒  19位 (2/26)
収録曲
01CAN'T GIVE UP
アコースティック・ギターとピアノのジャジィな絡みが心地良いヒップホップ・チューン。ゲストMCとして参加したアレステッド・ディヴェロップメントのスピーチとともに、夢を諦めないことの大切さを訴えたメッセージ・ソングだ。
02THANK YOU
今を生きることの尊さと神への感謝を綴ったアコースティックなバラード・ナンバー。絶望に押し潰されそうになる毎日だからこそ、希望を信じて生きていきたい……。そんな想いを託した優しい歌声がどこまでも響きわたる。
03PUT'EM UP
スペーシーなキーボード・サウンドをフィーチャーしたダークな音空間を、ステフ・ポケッツが高速フロウで切り裂いていく。一歩間違えると犯罪者へと転落してしまう荒廃したゲットー生活の厳しさを綴ったリリックも味わい深い。
04GET UP
裏拍を強調したシャッフル・ビートがグルーヴィな、レゲエ調のヒップホップ・ナンバー。困難と立ち向かい、低所得者層の公団住宅暮らしからスターへと成り上がろうとする意志を刻み込んだ、男勝りの力強いフロウが魅力的だ。
05IT HURTS
ジミ・ヘンドリックスを彷彿とさせる轟音エレクトリック・ギターと生ピアノが狂おしく絡み合うファンキー・チューン。傷を負った心を抱えながらも、それでも孤独と立ち向かっていこうとする強い覚悟が、徹底的に歌い込まれている。
06STAY
ステフ・ポケッツの実生活でのパートナーである、エンジニアのマイケル“バンプ”ファウンテンに捧げられた情熱的なラブ・ソング。エレクトリック・ギターの繊細なアルペジオが、優しくて大きい女性的な“愛”を紡ぎ出している。
07HIGHWAY TO HEAVEN
自身のレコーディング・アーティストとしての苦しみと孤独を偽り隠すことなく綴った、非常に内省的な世界観を持つメッセージ・ソング。苦悩を引きずるかのように爪弾かれる、ピアノの哀愁を帯びた響きがしみじみと胸を打つ。
08DOING WHAT WE DO
自分が信じる道を進み続けることの大切さを訴えたメッセージ性の強いミディアム・チューン。正確無比にリズムを刻み続けるピアノのコード弾きとグルーヴィな生ドラムが絡み合って、アグレッシヴで重いビートを作り上げている。
09ROLL WITH US
アウトキャストのヒット曲「ソー・フレッシュ、ソー・クリーン」からの引用を交えた開放的なパーティ・チューン。ステフ・ポケッツ自身が奏でるアコースティック・ギターの温かい音色がフィーチャーされたピースフルなサウンドだ。
10THERE FOR YOU
「アタシが手首を切ろうとした時にアナタは側にいてくれた」……。自身の過去を赤裸々にさらけ出しながら、どんなに辛い時でも自分を支え続けてくれた夫への感謝と変わることのない愛を綴った、非常にパーソナルなラブ・ソング。
11ROCKSTARS
音楽で稼ぎまくってスターに成り上がってやる! そんな貪欲な意志を世界に向かって叩きつけるパワフル・チューン。タイトルそのままに激しいディストーション・ギターを大フィーチャーしたヘヴィなロック・サウンドだ。
12MR.DJ
親しみやすいシンプルなメロディ・ラインとスムーズなグルーヴが印象的なレゲエ・チューン。スネア・ドラムやエレクトリック・ギターの裏打ちコード・カッティングに、深いリヴァーブをかけたダブ風のサウンド処理が心地良い。
13THE BEGINNING
アルバム『Can't Give Up』はこれで終わりだが、自分のラッパーとしてのキャリアはまだまだこれから。そんな次作への前向きな意欲を音楽に託したステフ・ポケッツ流ゴスペル・チューン。透明な音色のフルートが軽やかに舞いながら彼女の未来を祝福する。
仕様
デジパック仕様
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ステフ・ポケッツ
    米国フィラデルフィア生まれの女性ラッパー。9歳からラップを始め、プロデューサー、エンジニア、ソングライターとしてウィル・スミスらとの活動を経た後、2004年に『マイ・クルー・ディープ』でデビュー。ヒップホップはもちろん、レゲエにもインスパイ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015