小柳ゆき / 愛情|can't hold me back

はてなブックマークに追加
小柳ゆき / 愛情|can't hold me back
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    CAN'T HOLD ME BACK
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    ドリームマシーン
  • 規格品番:
    HDCA-10030
  • 価格:
    1,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    小柳ゆき / 愛情|can小柳ゆき / 愛情|can小柳ゆき / 愛情|can小柳ゆき / 愛情|can小柳ゆき / 愛情|can
ガイドコメント
デビュー・シングルが大ヒット、女子高生を中心とした確実なプロモーションで頭角を現した小柳ゆき。彼女のニュー・シングルはまたもブレイク確実のR&Bテイストばりばりの楽曲だ。
収録曲
01愛情
18歳とは思えぬ抜群の歌唱力を発揮した2ndシングル。厚みのある声質を生かした伸びやかな歌声はソウル・シンガーのようで、決して止まらない愛情の強さを歌い上げた。ドラムとストリングスを融合した編曲も絶品。
02can't hold me back
R&B調のバック・トラックがカッコイイ、ミディアム・テンポのナンバー。過ぎ去った“あの頃”の楽しい日々を懐かしく振り返りつつ、それでも前を向いて未来を歩んでいかなければならないという、揺れ動く胸の内を表現している。
03can't hold me back (neeza リミックス)
オリジナルをさらにダンサブルにした、クールなトラックが特徴のリミックス。同じリズムがずっとキープされ、抑揚を押さえている分クールさが強調され、フロアで踊るにはもってこい、といった感じ。
04愛情 (インストゥルメンタル)
05can't hold me back (インストゥルメンタル)
06boy (H.N ヴァージョン)
限りない未来へ突き進む少年に向けてエールを贈る曲。小柳ゆきのソウルフルでパワフルなヴォーカルが印象的だ。アコースティック・ギターのストロークを効果的に配し、ちょっぴりライトなテイストのサウンドも、曲調とよく合っている。
アーティスト
  • 小柳ゆき
    1982年1月26日、埼玉県生まれ。99年にシングル「あなたのキスを数えましょう」でデビュー。ティーンエイジャーとは思えない堂々としたパワフルな歌唱と、等身大のファッション・センスが同世代の共感を得てヒットを記録。続くシングル「情熱」「be……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015