プライマル・スクリーム / カオスモシス [紙ジャケット仕様]

はてなブックマークに追加
プライマル・スクリーム / カオスモシス [紙ジャケット仕様]
CD
ミニ・レビュー
近年のプライマル・スクリームから遠ざかっていたエモーショナルでポップなサイケデリック・ロックが、本作では見事に復活。ビヨーン・イットリングやスカイ・フェレイラ、ハイムらフレッシュ勢のゲスト起用もプラスに働き、ボビー・ギレスピーの歌も心なしか若々しい。11枚目のアルバム。★
ガイドコメント
3年ぶり、通算11枚目のオリジナル・アルバム。スカイ・フェレイラとデュエットした「ホエア・ザ・ライト・ゲッツ・イン」をはじめ、ガールズ・バンドのHAIMやキャッツ・アイズのレイチェル・ゼフィラがゲスト参加。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2016/3/14)  ⇒  14位 (3/21)  ⇒  19位 (3/28)  ⇒  34位 (4/4)  ⇒  40位 (4/11)  ⇒  32位 (5/2)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    7位 (2016/3/14)  ⇒  10位 (3/21)  ⇒  15位 (3/28)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    10位 (2016/3/14)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2016/3/14)  ⇒  5位 (3/21)  ⇒  10位 (3/28)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2016/3/14)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2016/3/14)  ⇒  1位 (3/21)  ⇒  3位 (3/28)  ⇒  6位 (4/4)  ⇒  9位 (4/11)  ⇒  12位 (4/25)  ⇒  6位 (5/2)  ⇒  8位 (5/9)  ⇒  9位 (5/16)  ⇒  15位 (5/30)
収録曲
01TRIPPIN' ON YOUR LOVE
ファンキーなギターと呪術的なリズムが刻まれていくダンサブルな一曲。名曲「カム・トゥゲザー」のシングル・ヴァージョンを思わせるサイケデリックで多幸感にあふれたアレンジにボビーの甘いヴォーカルが乗る。米インディ・バンドのハイムが参加している。
02(FEELING LIKE A) DEMON AGAIN
チープなリズムに“ピューン”というSE。単音のシンセが味気なく奏でるリフと、ニューウェイヴの香りが漂うアレンジが利いた一曲。ねっとりとしたヴォーカルで歌われるサビの“また悪魔になったような気分”というリフレインは甘美な悪の美学に酔いしれるよう。
03I CAN CHANGE
リズムマシーンがたたき出すシンプルかつチープなリズムを土台に、オルガン、パーカッションが怪しく絡んだプライマル流のトロピカルなレイドバック・チューン。フィルターがかけられた吐息交じりの声が官能的に響く。
04100% OR NOTHING
EDMのビルドアップの要素を取り込んだ一曲。メロディやソウルフルなコーラスはどことなくカーティス・メイフィールドを思わせる。“怒りと 憤怒と 疫病が ぼくらの心にある”という人間の本質を覗き込んだような歌詞に目を奪われる。
05PRIVATE WARS
ギターとストリングスで構成された、シンガー・ソングライターものに似た一曲。“心を愛で満たし 激怒した心を癒そう”とスピーカーから滲み出てくるようなヴォーカルで内省的に歌う。希望に満ちた歌詞とマイナーなメロディのコントラストが印象的。
06WHERE THE LIGHT GETS IN
スカイ・フェレイラがヴォーカルとして、ビヨーン・イットリング(ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン)がプロデューサーとして参加。売れ線なメロディときらめくシンセが絡むエレクトロ・パンクに乗せ、“情事の終わりは また死んだような気分”と諦念感を覗かせる。
07WHEN THE BLACKOUT MEETS THE FALLOUT
“ブリブリ”と地を這うように迫りくる低周波の無機質なビートのループが印象的な一曲。重く暗いトーンが終始支配するなかで“陰謀のアート”、“遺伝子の苦痛”などディストピアを描いたようなSF的な歌詞が並ぶ。
08CARNIVAL OF FOOLS
一発で聴き手の鼓膜を捉える電子音の粒がループするエレクトロなイントロからスタート。シンセの伴奏に乗って内省的なヴォーカルで“お互いに溺れているんだよね”と愛に飢えた男女の危なっかしくも魅力的な恋模様を綴っていく。
09GOLDEN ROPE
“この土地にはペストが蔓延している”という世紀末を思わせるような不穏な歌詞から始まるロック・チューン。エレクトロなトラックとルーズなギターの絡みは、ストーンズのR&Bを2010年代にトレースしたよう。
10AUTUMN IN PARADISE
『テクニーク』『ロウ・ライフ』期のニュー・オーダーを思わせるエレクトロ・チューン。身体にまとわりつくように気だるいヴォーカルを、せつないリフを奏でる透明なギター・サウンドで包む。“セカンド・サマー・オブ・ラブ”を経験したバンドだからこそのサウンドだ。
11WHERE THE LIGHT GETS IN
ウーバーン・ズム・ハンザプラッツがリミックスを手がけた日本盤ボーナス・トラック。オリジナルに比べ6分ほど長い。太陽のようにキラキラと輝くシンセが降り注ぐサビの高揚感で、トランス寸前になってしまう。
(11)ボーナストラック
仕様
初回のみ紙ジャケット仕様
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • プライマル・スクリーム
    スコットランド・グラスゴー出身のロック・バンド。ボビー・ギレスピー(ジーザス&メリー・チェイン)を中心に1984年に結成。翌85年にデビュー。当初は60年代ロック作風を鳴らすも、91年の『スクリーマデリカ』でハウスを大胆に導入した新機軸のサ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015