テレンス・ブランチャード / チョイセズ

はてなブックマークに追加
テレンス・ブランチャード / チョイセズ
CD
ミニ・レビュー
コンコード復帰作でドクター・コーネル・ウエストを曲間の語りで、ビラルを「ジャーニー」「ホエン・ウィル・ユー・コール」でフィーチャー。ルエケの「バイアス」でのカリンバ風ピチカートの面白さ、全編で聴かせる乾いたそよ風ギターが良い。テレンスも吹き流さずに歌い語ろうとする。自作の小曲「いい娘を見つけた」の霊的荘厳さが好きだ。静かな軽やかさ厳かさが共存。
ガイドコメント
コロムビアやブルーノートなどのトップ・レーベルで活躍し続けるメイン・ストリームのトランペッターがレーベル、コンコードへ移籍。故郷でもある本場ニューオーリンズで制作された、新旧のジャズを総括する力作。
収録曲
01BYUS
02BEETHOVEN
03D'S CHOICE
04JOURNEY
05HACIA DEL AIRE
06JAZZ MAN IN THE WORLD OF IDEAS
07HIM OR ME
08CHOICES
09HUGS (HISTORICALLY UNDERREPRESENTED GROUPS)
10WINDING ROADS
11WHEN WILL YOU CALL
12A NEW NOTE
13A NEW WORLD (CREATED INSIDE THE WALLS OF IMAGINATION)
14TOUCHED BY AN ANGEL
15ROBIN'S CHOICE FEATURING SPOKEN WORD BY DR.CORNEL WEST
演奏
テレンス・ブランチャード(TP) ウォルター・スミス三世(SAX) ファビアン・アルマザン(P) リオーネル・ルエケ(G) デリック・ホッジ(B) ケンドリック・スコット(DS,PERC) ドクター・コーネル・ウエスト(SPOKEN WORD) ビラル(VO)
録音
2009.3
封入特典
  • 解説
アーティスト
  • テレンス・ブランチャード
    1962年3月13日、米ニューオーリンズ生まれのトランペッター/作曲家。音楽一家のもと4歳からピアノを始める。16〜19歳でクラシック・トランペットを学ぶもジャズの魅力に惹かれ、エリス・マルサリスに師事。エリスの推薦で、82年にアート・ブレ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015