ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 小山実稚恵(P) カスプシク / シンフォニア・ヴァルソヴィア [SA-CDハイブリッド]

はてなブックマークに追加
ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 小山実稚恵(P) カスプシク / シンフォニア・ヴァルソヴィア [SA-CDハイブリッド]
SA-CD
SA-CDハイブリット
  • 原題:
    CHOPIN: CONCERTO IN E MINOR & F MINOR
  • ジャンル:
    クラシック 〜 協奏曲
  • レーベル:
    SONY CLASSICAL
  • 規格品番:
    SICC-10090
  • 価格:
    2,900 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 小山実稚恵(P) カスプシク / シンフォニア・ヴァルソヴィア [SA-CDハイブリッド]をAmazon.co.jpで購入するショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 小山実稚恵(P) カスプシク / シンフォニア・ヴァルソヴィア [SA-CDハイブリッド]をHMV.co.jpで購入するショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 小山実稚恵(P) カスプシク / シンフォニア・ヴァルソヴィア [SA-CDハイブリッド]を楽天ブックスで購入するショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 小山実稚恵(P) カスプシク / シンフォニア・ヴァルソヴィア [SA-CDハイブリッド]を@TOWER.JPで購入する
    ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 小山実稚恵(P) カスプシク / シンフォニア・ヴァルソヴィア [SA-CDハイブリッド]を山野楽器で購入するショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番 小山実稚恵(P) カスプシク / シンフォニア・ヴァルソヴィア [SA-CDハイブリッド]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
2005年にポーランドで刊行された校訂譜による録音だが、そんな話題性よりも徹底的に楽譜を読み込んだ小山実稚恵の演奏がいい。ショパン弾きとして知られる彼女にとって初の協奏曲録音。愛着を込めて弾く指先から薫り立つようなショパンが聴こえてくる。
ガイドコメント
小山による待望のショパンの協奏曲。今まで録音していなかったのが不思議だが、本人もファンも納得の仕上がりとなった。指揮者、オーケストラともにポーランドから迎えており、ショパンへの敬愛と共感に満ちた演奏を聴かせている。
チャート
  • TOWER RECORDS クラシック アルバム
    18位 (2010/1/25)
収録曲
●ショパン:
01ピアノ協奏曲第1番ホ短調op.11
02ピアノ協奏曲第2番ヘ短調op.21
仕様
SA-CDハイブリッド仕様
演奏
小山実稚恵(P) ヤツェク・カスプシク指揮 シンフォニア・ヴァルソヴィア
録音
2009.5
アーティストおよび作曲家
  • ヤツェク・カスプシク
    ポーランドの指揮者。ワルシャワ音楽院で指揮・楽理・作曲を学び、1975年に卒業。同年、国立オペラ座にデビュー。1977年にカラヤン・コンクールで3位入賞後、ベルリン、ニューヨークでデビューを果たす。国立ポーランド放送交響楽団の首席指揮者を経……
  • シンフォニア・ヴァルソヴィア
    ポーランド・ワルシャワを本拠とするオーケストラ。1984年にユーディ・メニューインがポーランド室内交響楽団を母体に設立し、初代音楽監督を務める。当初より欧州、北米のほか、南米、南ア、アジアと世界を巡って高評価を獲得。アバド、デュトワ、アルゲ……
  • 小山実稚恵
    1982年チャイコフスキー国際コンクール第3位、85年ショパン国際ピアノ・コンクール第4位という、2大コンクールで入賞を果たした日本人で唯一のピアニスト。レパートリーは広く、国内外のオーケストラや指揮者と数多くの共演を重ねている。2006年……
  • フレデリク・フランチシェク・ショパン
    1810年生まれ。1849年没。ポーランドに生まれのちにフランスで活躍した作曲家。ワルシャワ音楽院で学び、30年のウィーン演奏旅行中にワルシャワで独立運動が起き、そのままパリに移住。作品のすべてにピアノを使っていて、ピアノ音楽の新しい世界を……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015