スレイヤー / クライスト・イリュージョン

はてなブックマークに追加
スレイヤー / クライスト・イリュージョン
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    CHRIST ILLUSION
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    アメリカン
  • 規格品番:
    WPCR-12366
  • 価格:
    2,702 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    スレイヤー / クライスト・イリュージョンをAmazon.co.jpで購入するスレイヤー / クライスト・イリュージョンを@TOWER.JPで購入するスレイヤー / クライスト・イリュージョンをHMV.co.jpで購入するスレイヤー / クライスト・イリュージョンを楽天ブックスで購入するスレイヤー / クライスト・イリュージョンをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
16年ぶりにデイヴ・ロンバード(ds)が復帰し、オリジナル・ラインナップで作り上げた5年ぶりのアルバム。ツイン・ギターによるキラー・リフをはじめ、元祖スラッシュ・メタル・バンドならではのスリリングなスピード感は本作でも健在で、パワフルで攻撃的なサウンドスケープは貫禄十分。
ガイドコメント
80年代から活躍を続けているヘヴィ・メタル界のカリスマ・バンド、スレイヤーの5年ぶりとなるアルバム。オリジナル・ドラマー、デイヴ・ロンバートの復帰により、ファン垂涎の暴力的なドラミングが再び堪能できる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2006/8/7)  ⇒  11位 (8/14)  ⇒  36位 (8/21)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2006/8/7)  ⇒  9位 (8/14)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    7位 (2006/8/7)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    5位 (2006/8/7)  ⇒  9位 (8/14)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2006/8/7)  ⇒  4位 (8/14)  ⇒  12位 (8/21)
収録曲
01FLESH STORM
フィードバック・ノイズから突如切り込んでくるヘヴィなリフ。そして、リズムが爆走し始めると、もうあとは血みどろの激烈スラッシュ・サウンドに身を委ねるしかない。狂気をはらんだギター・ソロもインパクト充分だ。
02CATALYST
たたみかけるようにイントロが弾けるやいなや、スラッシュ・ビートが走り出し、そのまま一気に最後まで駆け抜けるアグレッシヴ・チューン。叫びっぱなしのヴォーカル、ノイジーに暴れ回るツイン・ギターも強烈だ。
03SKELETON CHRIST
ラフに刻まれるウルトラ・ヘヴィなギター・リフがサウンドを引っぱり、合間に挿入されるパンキッシュに疾走するビートがさらに凶暴性を増幅させる暴虐メタル・チューン。力いっぱいに押しきるビートもスレイヤーならでは。
04EYES OF THE INSANE
ヘヴィかつダークな曲想を持ったグルーヴィなナンバー。鬼気迫るシャウト、アグレッシヴに押しまくるドラム・ビート、ノイズの嵐をまきちらすツイン・ギターが、三位一体となって暴虐的サウンドを紡ぎ出している。
05JIHAD
ヤケに飄々としたギター・リフで幕を開けたかと思うと、一転してヘヴィなビートが爆走し始めるアグレッシヴ・チューン。力押しの反復フレーズが生み出すグルーヴは、狂気じみたギター・ソロとともに楽曲の凶暴さを押し進める。
06CONSFEARACY
ヘヴィに疾走しまくる3分強の激烈スラッシュ・ナンバー。直線的でタイトなリズム、ザクザク感がたまらないギター・ワーク、言葉をマシンガンのように吐き出すシャウトはスリリングで相性も抜群だ。
07CATATONIC
ミッド・テンポ&ヘヴィなサウンドで引きずるようなグルーヴを誇るナンバー。ダウナーに刻まれるギターとわめきちらすようなアグレッシヴなヴォーカルが、狂気じみた退廃的なテイストを演出させる。
08BLACK SERENADE
グルーヴィなリフ回しで幕を開けるヘヴィ・チューン。暴虐度は低めかと思わせておいて、ノイズ満載の激烈なギター・ソロをきっかけにテンポ・アップ。後半はたたみかけるようなアグレッションが襲いかかる。
09CULT
不気味なイントロで幕を開け、引きずるようなヘヴィ・リフの反復から、リフ・チェンジと派手なドラミングをきっかけに、一気にリズムが疾走し始めるアグレッシヴ・チューン。耳をつんざくギター・ソロの乱舞もインパクト満点。
10SUPREMIST
超速のリフがうなりを上げ、激烈なビートが問答無用で駆け抜ける極悪スラッシュ・チューン。リフの切り替えやギター・ソロ、絶叫ヴォーカルをキッカケとする強引なテンポ・チェンジも、まさにスレイヤーの美学そのもの。
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳/アルバム・ジャケット・ステッカー(初回のみ)
アーティスト
  • スレイヤー
    米カリフォルニア発のスラッシュメタル・バンド。メンバーはトム・アラヤ(b,vo)、ケリー・キング(g)、ポール・ボスタフ(ds)、ゲイリー・ホルト(g)の4名。カリフォルニア州オレンジカウンティにて1982年に結成。メタリカ、メガデス、アン……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015