安藤裕子 / クロニクル

はてなブックマークに追加
安藤裕子 / クロニクル
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    CHRONICLE.
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    カッティング・エッジ
  • 規格品番:
    CTCR-14580
  • 価格:
    2,667 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    安藤裕子 / クロニクルをAmazon.co.jpで購入する安藤裕子 / クロニクルをHMV.co.jpで購入する安藤裕子 / クロニクルを楽天ブックスで購入する安藤裕子 / クロニクルを@TOWER.JPで購入する
    安藤裕子 / クロニクルを山野楽器で購入する安藤裕子 / クロニクルをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
1年3ヵ月ぶりのアルバムは、スカパラの茂木欣一をゲスト・ヴォーカルに迎え、小沢健二の楽曲のカヴァーなど新基軸を開拓。「HAPPY」は末光篤(SUEMITSU & THE SUEMITH)の書き下ろし曲などオリジナル以外のコラボも楽しめ、彼女の透明感と情感あふれるヴォーカルを堪能できる。
およそ1年3ヵ月ぶりとなるオリジナル・アルバム。心の奥深くに優しく染みわたるリリックを、熟達したミュージシャンとのコラボレーションによって巧みに歌い上げている。映画『自虐の詩』の主題歌「海原の月」などを収録。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2008/5/19)  ⇒  13位 (5/26)  ⇒  32位 (6/2)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2008/5/19)  ⇒  7位 (5/26)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2008/5/19)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2008/5/19)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2008/5/19)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2008/5/19)  ⇒  9位 (5/26)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2008/5/19)  ⇒  4位 (5/26)  ⇒  10位 (6/2)  ⇒  16位 (6/9)
トラックリスト
01六月十三日、強い雨。
02HAPPY
03水玉
04美しい人
05海原の月
06お祭り-フェンスと唄おう-
07Hilly Hilly Hilly.
08鐘が鳴って 門を抜けたなら
09再生
10たとえば君に嘘をついた
11パラレル
12ぼくらが旅に出る理由
13さよならと君、ハローと僕
タイアップ
  • 「HAPPY」 - テレビ東京「JAPAN COUNTDOWN」エンディングテーマ
  • 「パラレル」 - 日本テレビ「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」エンディングテーマ
  • 「海原の月」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「海原の月」 - 松竹「自虐の詩」主題歌
  • 安藤裕子
    1977年5月9日生まれ、神奈川県出身の女性シンガー・ソングライター/女優。2003年7月にミニ・アルバム『サリー』でデビュー。透明感あふれる歌声で人気を博し、2005年に「のうぜんかつら(リプライズ)」がCMソングに起用され、話題に。翌年……
  • 安藤裕子 / クロニクル [CD+DVD]
    CTCR-14579〜B   3,238円+税   2008/05/21 発売
    安藤裕子 / クロニクル [CD+DVD]をamazon.co.jpで購入する安藤裕子 / クロニクル [CD+DVD]をHMV.co.jpで購入する安藤裕子 / クロニクル [CD+DVD]を楽天ブックスで購入する安藤裕子 / クロニクル [CD+DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する安藤裕子 / クロニクル [CD+DVD]を山野楽器で購入する安藤裕子 / クロニクル [CD+DVD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    およそ1年3ヵ月ぶりとなるオリジナル・アルバム。心の奥深くに優しく染み渡るリリックを、熟達したミュージシャンとのコラボレーションによって巧みに歌い上げている。映画『自虐の詩』の主題歌「海原の月」などを……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』
[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー!
[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015