木村カエラ / Circle [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]

はてなブックマークに追加
木村カエラ / Circle [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    CIRCLE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    コロムビア
  • 規格品番:
    COCP-33521
  • 価格:
    3,300 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    木村カエラ / Circle [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]をAmazon.co.jpで購入する木村カエラ / Circle [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]を@TOWER.JPで購入する木村カエラ / Circle [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入する木村カエラ / Circle [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入する木村カエラ / Circle [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ヒット・シングル(1)(4)(7)を含むセカンド・アルバム。岸田繁、會田茂一、高桑圭、奥田民生、mitoなど、錚々たる面々が参加。キュートな歌声は健在ながらも、重厚な手触り。ファースト時にあった“キラメキ”より、真摯に“ロック”と向き合うことを選んだカエラに拍手。
ガイドコメント
2006年3月発表の2ndアルバム。奥田民生プロデュースの「BEAT」やヒット曲「リルラ リルハ」などの既発シングル曲のほか、岸田繁が手がける楽曲など全13曲を収録。アーティストとしての成長がうかがえる力作。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2006/3/6)  ⇒  5位 (3/13)  ⇒  26位 (3/20)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2006/3/6)  ⇒  6位 (3/13)  ⇒  18位 (3/20)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2006/3/6)  ⇒  10位 (3/13)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2006/3/6)  ⇒  4位 (3/13)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2006/3/6)  ⇒  6位 (3/13)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2006/3/6)  ⇒  5位 (3/13)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2006/3/6)  ⇒  5位 (3/13)  ⇒  11位 (3/20)
収録曲
[Disc 1]
01リルラ リルハ
「REAL LIFE」=リルラ、「REAL HEART」=リルハ、というカエラ流表現によるタイトル。悩みも自分次第で、今しかないこの時間を変えていくことができるという気持ちを、優しさとともにポップに表現したナンバー。ソリッドでヘヴィな音を繰り出すバックに負けない、強くのびやかなヴォーカルに聴きほれる。
02tea cup
「リルラ リルハ」同様、曾田茂一のず太いギター・リフがけたたましく鳴る骨太ロック・ナンバー。カエラ自身が大好きなマグカップと人の心を重ねて、「中に注ぎ入れるものは大好きなもので満たしたいよね?」と歌うとってもガーリーな1曲。
03I♥hug
SINGER SONGERのメンバーとして、またプロデューサー、アレンジャー、ソロ・アーティストとして活躍する堀江博久・作曲によるナンバー。カエラ・エレクトロニカといえそうな、漂う音に身をまかせたい浮遊感を讃えた1曲。
04BEAT (Album ver.)
奥田民生との共演により、その独特な脱力感と語彙の特異さを継承した4thシングルのアルバム・ヴァージョン。平易なメロディ・ラインとシンプルなリフ。がしかし、聴けば聴くほど民生味が出る、昆布のような1曲! アルバム版はシングルよりもアウトロが長尺に。
05トゥリル トゥリル リカー
「星に願いを」をカエラ的に意するところ「トゥリル トゥリル リカー」。敢然とロック・スタイルを打ち出し、ここでも曾田茂一によるガレージ色あふえるラフな音作りが印象的。ポップでロックなカエラを象徴するような1曲だ。
06Twinkle (NANA ver.)
「リルラ リルハ」のカップリング曲で、矢沢あい原作の人気コミック『NANA』のトリビュート盤に提供された別ヴァージョン。メロコアチックなアッパー・チューンで、「ラララル〜」でサビを歌ってしまうカエラのセンスに脱帽。
07You
心地良いグルーヴ感にのせ、爽快なメロディでおくるカエラ流応援歌。人と人とのつながり、コミュニケーションの大切さを明快に歌うナンバーで、作曲、プロデュースはライヴでのバックバンド・ギタリスト、渡邊忍が担当。サビ部分で挿入される“YOU”と語りかけるような彼女の声に耳を傾けたい。
08PIONEER
下手すれば、何かのコメディ映画で流れていそうな軽薄なイントロ。妙に軽〜いノリを大森はじめ(東京スカパラダイスオーケストラ)のパーカッション・アレンジが全体をさらに軽快に。それでもカエラが歌うポジティヴなメッセージはロックだ。
09Deep Blue Sky
吉村秀樹(bloodthirsty butchers)による1曲で、ディープな世界観をギターの轟音、残響、ノイズ、さらにはチェロの弦楽器も混ざった混沌とした音像で創出。くぐもったカエラの歌声が印象的だ。
10Dancing now
岸田繁(くるり)のポップでありながらクセのあるメロディを、如実に捉えたカエラの歌詞が眉唾な出来の1曲。クセになりそうな巧みなギターのリフ回しとシンプルなフレーズのリフレインが、柔らかく脳裏に刷り込まれる。
11Circle
エレクトロニカ調のmito(クラムボン)作曲のナンバー。人生や季節、さまざまな物事が巡るさまを“円”として捉えた、2ndアルバム『Circle』のコンセプトを高らかに歌った1曲。無機質なサウンドの中からあふれる人肌の温さが心地よい。
12はちみつ
歌詞にあるような、2人で目覚めた朝のまどろみに酔っているかのような、リラックスしたカエラの歌。ロッキンにキメた彼女とはうってかわって、女性的な声に耳を奪われてしまう。エンディングに向かって夢見心地はさらに続く。
13C-hildren
田渕ひさ子(bloodthirsty butchers)作曲のナンバーで、ラウドで破壊的なギターがスピード感と焦燥感を伴って鳴り響く1曲。シリアスに未来を見据えた歌詞が、よりいっそうこの曲の持つ切なさを高めている。
[Disc 2]〈DVD〉
01リルラ リルハ
02BEAT
03You
仕様
デジパック仕様
タイアップ
  • 「Circle」 - ネスレコンフェクショナリー「キットカット」TV-CMソング
  • 「You」 - ネスレコンフェクショナリー「キットカット」TV-CMソング
  • 「リルラ リルハ」 - vodafoneTV-CMソング
アーティスト
  • 木村カエラ
    1984年10月24日生まれ、東京都出身の歌手/モデル。2003年にTV音楽情報番組『saku saku』のMCで注目され、翌年6月にシングル「Level 42」でメジャー・デビュー。以降、音楽活動を中心に幅広く活動を展開。2006年には再……
  • 同時発売作品
    COCP-33522   2,970円(税込)   2006/03/08 発売
    木村カエラ / Circleをamazon.co.jpで購入する木村カエラ / CircleをTOWER RECORDS ONLINEで購入する木村カエラ / CircleをHMV.co.jpで購入する木村カエラ / Circleを楽天ブックスで購入する木村カエラ / CircleをTSUTAYAで購入する
    2006年3月発表の2ndアルバム。奥田民生プロデュースの「BEAT」やヒット曲「リルラ リルハ」などの既発シングル曲のほか、岸田繁が手がける楽曲など全13曲を収録。アーティストとしての成長がうかがえ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015