クラジクワイ・プロジェクト / カラー・ユア・ソウル

はてなブックマークに追加
クラジクワイ・プロジェクト / カラー・ユア・ソウル
CD
ミニ・レビュー
m-flo らと付き合いを持つプロデューサー/DJと、二人の男女シンガーによるユニット。一言で言えば、清涼感を持つ人懐こいクラブ・ポップ。でありつつ、ボサ・ノヴァ、レゲエ、ソフト・ロック、ジャジィ要素なんかが巧みに隠し味として活かされている。
ガイドコメント
在カナダのDJを中心とする韓国人4人組プロジェクトの2ndアルバム。軽快なハウスを基調としたクロスオーヴァーなサウンドとフロント3人の艶やかなヴォーカルが持ち味。FPMやm-floファンにオススメ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    20位 (2006/1/30)
収録曲
01BEAUTIFUL WOMAN
アルバム『カラー・ユア・ソウル』のオープニング・トラックは、男性が女性を口説いているという映画の1コマのような8秒間の会話。ロマンスの始まりを予感させるイマジネイティヴな曲が、このアルバムの世界観を集約しているよう。
02SALESMAN
キュートでクールな2人の女性ヴォーカルに男性ヴォーカルがラップ風の合いの手を入れるという、3人の掛け合いがおもしろいポップで都会的なナンバー。4つ打ちをベースにキャッチーな歌が光るラウンジ・ミュージック。
03FILL THIS NIGHT
BPMの速いトラックにジャミロクワイ風のファンキーなギターなど、踊れる要素をふんだんに盛り込んだフロア仕様のナンバー。男性ヴォーカル・アレックスの艶のあるソウルフルな歌声とロマンチックなリリックは、夜のクラブにぴったりのムードがある。
04CRY OUT LOUD
痛々しいくらいの純粋な愛をさけんだ歌詞とホランの透明感と色気を兼ね備えたヴォーカリゼーションが、ぴったりマッチ。ソリッドなブレイクビーツを“歌もの”に変えてしまう彼らのポップ・テクニックはさすが。
05I WILL GIVE YOU EVERYTHING
レゲエ・フレイヴァーの漂うゆるやかなトラックが心地よい、アルバム『カラー・ユア・ソウル』に収録のナンバー。ヴァースごとに男女のヴォーカルが入れ替わり、それぞれの視点から見た愛について歌う形式はとってもユニーク。
06COME ALIVE
女の子が一生懸命輝こうとする前向きな歌詞を、クリスティーナのフレッシュなソウル系ヴォーカルで表現した一曲。きらきらの音がいっぱいのダンサブルなハウス・トラックで躍らせてくれる、女の子のためのダンス・ナンバー。
07DATELINE
ホランとアレックスのウィスパー・ヴォイスとやわらかなボッサ・ハウスがきれいにシンクロした一曲。“二人のために世界はとまってるみたい”という盲目な恋人たちの時間を描いた歌詞は、曲の雰囲気とともにとことん甘い。
08BE MY LOVE
アレックスがメイン・ヴォーカルをとり、女性を口説く甘い言葉をソウルフルに歌ったナンバー。トラックの隠し味に馬のいななく声や女性の吐息のサンプリングをちりばめて、真面目なラブ・ソングに茶目っ気をプラス。
09HOLD YOUR TEARS
アコースティック・ギターともの哀しげなトランペットが鳴り響くボッサ・ハウス。せつない空気を持つ楽曲とホラン&アレックス・コンビの美しいハーモニーが、心震わせる一曲。アルバム『カラー・ユア・ソウル』収録の英語ヴァージョン。
10COLOR YOUR SOUL
ムーディーなサックスなどジャジィな空気を携えたラウンジ向けのクールなハウス・チューン。リズムに乗ってスムースに入れ替わる男女のヴォーカルが、耳にスルリと滑り込んでくるクラジクワイ・スタンダード。
11SPEECHLESS
言葉にならない(=Speechless)想いを、クリスティーナのせつない香り漂うヴォーカルで伝える一曲。アコースティック・ギターとヴォーカルでしっとりと聴かせるラウンジ風の楽曲で、お酒を片手に聴きたくなる。
12SUNSHINE
アレックスとホランのコンビによるウィスパー・ヴォイスで夏の爽やかな風を吹かせてくれる曲。サンバのリズムとホーン・セクションで飾られた楽しくきらびやかな音像は、まさに太陽の光のようにキラキラと輝いている。
13STEPS AHEAD
アルバム『カラー・ユア・ソウル』に収録されたヴォーカルレスの約40秒程のインタールード・トラック。きらびやかなストリングスとユニークなビートの融合は、アルバムの後半へ向けての期待感を煽っている。
14WILL I EVER FIND
甘い歌詞が夜の濃密さを描き出す、スウィートな歌とハウスをミックスしたユニークな一曲。アコースティック・ギターのクラシックな音色と軽やかなリズム・トラックで、極上のシティ・ポップになっている。
15BE MY LOVE
韓国の大ヒット・ドラマの主題歌に起用され、本国では知名度の高い曲。韓国語と英語を滑らかにリズムに乗せたソウルフルな歌が心地よい。アルバム『カラー・ユア・ソウル』には歌詞の内容が異なる別ヴァージョンも収録。
16FILL THIS NIGHT
アルバム『カラー・ユア・ソウル』に同時収録の英語ヴァージョンとは異なる、歌詞中の登場人物がプレイ・ボーイになっている韓国語ヴァージョン(こちらがオリジナル)。ハングルの持つ独特の雰囲気により、華やかなダンス・トラックがより軽快に耳に入ってくる。
17HOLD YOUR TEARS
つま弾かれるアコースティック・ギターとホランとアレックスの美しいハーモニーが、せつない空気を醸し出すボサ・ノヴァ・ナンバー。アルバム『カラー・ユア・ソウル』に同時収録の英語ヴァージョンとは異なり、ハングルと英詞のミックス感が絶妙に響き、よりメランコリックに仕上がっている。
18SWEETY
アルバム『カラー・ユア・ソウル』の日本のみのボーナス・トラック。セルフ・リミックスでキッチュな音をたくさん取り込み、スペイシーなトラックへと変貌。Vo.ホランの浮遊感ある歌声もこのトラックに生かされている。
(3)(9)(15)(18)ボーナストラック
仕様
CDエクストラ内容:Fill this night (PV)
タイアップ
  • 「Be my love」 - WOWOW「私の名前はキム・サムスン」主題歌
封入特典
  • 歌詞・対訳/オリジナル“タグ”付パッケージ
アーティスト
  • クラジクワイ・プロジェクト
    韓国出身のラウンジ系プロジェクト。中心人物のDJ CLAZZIQUAIはカナダの大学で音楽理論を学び、その後、本国のCMや映画音楽の制作を行なっていた。2004年、3人のシンガーを迎えて制作したアルバム『インスタント・ピッグ』をリリース。1……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015