清水翔太 / COLORS

はてなブックマークに追加
清水翔太 / COLORS
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    COLORS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    MASTERSIX FOUNDATION
  • 規格品番:
    SRCL-7585
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    清水翔太 / COLORSをAmazon.co.jpで購入する清水翔太 / COLORSを@TOWER.JPで購入する清水翔太 / COLORSをHMV.co.jpで購入する清水翔太 / COLORSを楽天ブックスで購入する清水翔太 / COLORSをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
清水翔太のサード・アルバム。ヴォイス・エフェクト多用やラップにクラブ・エレクトロまで、新旧ブラック・ミュージックの要素を幅広く満たす意欲作。尾崎豊のカヴァーに加え、m-floトリビュートやバラードの名手ジョーとのデュエットと、2010年代のソウル/R&Bを牽引する矜持が垣間見える。
ガイドコメント
2011年3月発表の3rdアルバム。シングル「GOODBYE」「君が暮らす街」「YOU&I」など、話題曲が満載。情感を込めたエモーショナルな歌声が胸に響く一枚。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    20位 (2011/3/7)  ⇒  18位 (3/14)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    15位 (2011/3/7)  ⇒  18位 (3/14)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    5位 (2011/3/7)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    10位 (2011/3/7)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    10位 (2011/3/7)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    4位 (2011/3/7)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    13位 (2011/3/7)  ⇒  12位 (3/14)
収録曲
01GOODBYE
「ずっと一緒」という約束も、もう守れそうにない……互いの距離を埋められず虚しさに覆われた男が切り出す別れ歌。シリアスで悲痛な恋愛話だが、清らかな鍵盤を配した打ち込み系ダンサーで悲壮感を和らげるShingo.Sのアレンジが見事。エレクトロ要素も組み込んだ7thシングル。
02flower
村山晋一郎によるクラップやアコギを大胆に採り入れ生音を強調したプロダクションが効果的な、甘く切ないナチュラルR&B。去りゆく恋人を自由で華やかな花になぞらえた失恋ソングで、晴れやかながらも哀感漂う清水翔太らしい歌唱が活きている。
03YOU&I
ピアノとギターの生音とエレクトロなアクセントを巧みに融合させた村山晋一郎の手腕が光る9thシングル。どんな未来になっても君を離さないと告げるエターナルなラヴ・ソングで、適度なアップ感がホープフルな色合いを生んでいる。「ウォークマン」CMソング。
04Party All Night
DJ HIROnycによるリラックスなムードで展開するパーティ・ミディアム。まずは何も考えず楽しもうよという定番のパーティ・ソングだが、ファンキーかつスムース&メロウな要素を導入することで上質なR&Bテイストをキープしている。
05Forget-me-not
3rdアルバム『COLORS』リード曲となった尾崎豊のカヴァー。尖っていて危なっかしい尾崎がみせるひとときの安らぎがこの曲にはあるが、それをなぞるように清水翔太も時折感極まった歌唱をみせる。小さな幸せを歌う美しいバラードだ。
06
大切な君へ贈るラップ・チューン。石成正人のシンプルなギターとストリングスが清々しい雰囲気を構築するなかで、感謝の気持ちと恋の未練を噛みしめるようにフロウ。なめらかなフックとは対照的ゆえ、今も心に残る悔しさがにじみ出ている。
07君が暮らす街
爽やかな薫りとぬくもりを残すミディアム・バラード。暖かい街から住みづらい街へ……失恋後の心境の変化を街への想いに描写する詞が共感を呼ぶ。和やかでちょっぴり切ないメロディと優しい歌唱がホロリとさせる8thシングル。
08So Good
軽快なグルーヴが駆け抜けるファンキー・アップ。村山晋一郎のスタイリッシュなアレンジ手腕も見事だが、セクシャルなフレーズを盛り込んだメイクラヴァーながら清々しく聴かせる清水翔太のヴォーカル・マジックもさすが。
09Winter Love Song
SWING-Oのトークボックスを導入した変則的なミディアム・スロー・バラード。ねっとりしたSWING-0に釣られるように、清水翔太もさらりとオートチューンで対抗。西海岸的なラグジュアリー感あふれるメロウ・トラックで演出したピュアなラヴ・ソングだ。
10Midnight Flight
MANABOON&UTAによるジャズ・ファンク調R&Bで、華やかな都会に埋もれがちな日常を憂う。ソウルフルなアレンジやTLC「ガール・トーク」風フックなども含め、多様な要素が融合するグルーヴ感が心地よい。歌唱もピッタリとハマった上質なナンバーだ。
11Eclipse
全編英詞で綴られた成熟したミディアム・ソウル。忘れたくても忘れられない女性への想いを、アダルトなムードで息を吐くように歌う。ヴィンテージ感漂うディアンジェロ風のネオソウル・サウンドは、フィリップ・ウーの功績が大きい。
12Tears
藤本和則によるアコースティックなミディアム・バラード。孤独な夜に涙こらえているのは君だけじゃないんだよと、不安を取り除いてくれる言葉が優しく響く。シンプルなナンバーゆえに清水翔太の歌唱の高い浸透性がうかがえる。
13let go〜maison de m-flo〜
YOSHIKAを迎えたm-floのバラードを、トリビュート盤のためにカヴァー。ヴォイス・エフェクトを駆使するなどにより、本来のデュオを一人二役的に料理したShingo.sのプロデュースが抜群。原曲の良さをさらに発展させた好カヴァーだ。
14Summer Time
配信シングルとしてリリースされたサマー・グルーヴィン・チューン。何かがはじまりそうな心躍る感情を清涼感あふれる雰囲気とともにファンキーに好演出したのはDJ HASEBEの手腕のたまもの。夏の期待感満載の一曲だ。
15Be With You (duet with JOE)
R&Bバラードの名手、ジョーとのデュエットによるミディアム・ラヴ・バラード。ジョーの深みとコクに対して、清水翔太はまろやかさで良さを発揮。溶け合うハーモニーは絶品だ。ソウルフルなR&Bで、上品さも兼ね備えている。
(13)(14)(15)ボーナストラック
アーティスト
  • 清水翔太
    1989年2月27日生まれ、大阪府八尾市出身のシンガー・ソングライター。大阪のスクールでゴスペルを学び、ソウル・ミュージックに傾倒。2007年にニューヨーク“アポロシアター”に出演すると現地紙が絶賛。童子-T「One Love」に客演で参加……
  • 同時発売作品
    清水翔太 / COLORS [CD+DVD] [限定]
    SRCL-7583〜4   3,771円(税込)   2011/03/09 発売
    清水翔太 / COLORS [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入する清水翔太 / COLORS [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する清水翔太 / COLORS [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入する清水翔太 / COLORS [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入する清水翔太 / COLORS [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
    2011年3月発表の3rdアルバム。シングル「GOODBYE」「君が暮らす街」「YOU&I」など、話題曲が満載。情感を込めたエモーショナルな歌声が胸に響く一枚。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015