ノラ・ジョーンズ / ノラ・ジョーンズ〜come away with me

はてなブックマークに追加
ノラ・ジョーンズ / ノラ・ジョーンズ〜come away with me
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    COME AWAY WITH ME
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ブルーノート
  • 規格品番:
    TOCP-66001
  • 価格:
    2,427 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ノラ・ジョーンズ / ノラ・ジョーンズ〜come away with meをAmazon.co.jpで購入するノラ・ジョーンズ / ノラ・ジョーンズ〜come away with meを@TOWER.JPで購入するノラ・ジョーンズ / ノラ・ジョーンズ〜come away with meをHMV.co.jpで購入するノラ・ジョーンズ / ノラ・ジョーンズ〜come away with meを楽天ブックスで購入するノラ・ジョーンズ / ノラ・ジョーンズ〜come away with meをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
アリフ・マーディンのプロデュースぶりも見事なシンガー/ピアニストのデビュー盤で2002年作。(13)にゲスト参加したビル・フリゼールがぴたりとはまるノスタルジックで陰影に富んだ音楽性が持ち味。やさしく哀しく温かいヴォーカルも琴線に触れる。★
ガイドコメント
米ブルーノートがおくる、22歳の美形ヴォーカリストのデビュー・アルバム。キャロル・キングを思わせるスモーキーで甘い声が持ち味。カントリーやポップスをミックスした楽曲で、幅広い才能を披露している。
リサーチ
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2003/2/24)  ⇒  3位 (3/3)  ⇒  3位 (3/9)  ⇒  11位 (3/17)  ⇒  9位 (3/24)  ⇒  3位 (3/31)  ⇒  4位 (4/7)  ⇒  5位 (4/14)  ⇒  10位 (4/28)  ⇒  16位 (5/5)  ⇒  38位 (5/19)  ⇒  34位 (6/9)  ⇒  31位 (2004/2/2)  ⇒  25位 (2/9)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2003/2/24)  ⇒  3位 (3/3)  ⇒  3位 (3/9)  ⇒  9位 (3/17)  ⇒  6位 (3/24)  ⇒  3位 (3/31)  ⇒  3位 (4/7)  ⇒  6位 (4/14)  ⇒  14位 (4/28)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    5位 (2003/2/24)  ⇒  10位 (3/9)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2003/2/24)  ⇒  5位 (3/3)  ⇒  3位 (3/9)  ⇒  5位 (3/17)  ⇒  5位 (3/24)  ⇒  9位 (4/7)  ⇒  10位 (4/14)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    6位 (2003/2/24)  ⇒  10位 (3/3)  ⇒  8位 (3/9)  ⇒  7位 (3/31)  ⇒  4位 (4/7)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2003/2/24)  ⇒  5位 (3/3)  ⇒  3位 (3/9)  ⇒  10位 (3/17)  ⇒  9位 (3/24)  ⇒  6位 (4/7)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2003/2/24)  ⇒  1位 (3/3)  ⇒  2位 (3/9)  ⇒  2位 (3/17)  ⇒  3位 (3/24)  ⇒  3位 (3/31)  ⇒  3位 (4/7)  ⇒  4位 (4/14)  ⇒  9位 (4/28)  ⇒  12位 (5/5)  ⇒  13位 (2004/2/9)
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    1位 (2003/2/24)  ⇒  1位 (3/3)  ⇒  1位 (3/9)  ⇒  1位 (3/16)  ⇒  1位 (3/23)  ⇒  2位 (3/30)  ⇒  1位 (4/6)  ⇒  1位 (4/13)  ⇒  2位 (4/27)  ⇒  1位 (5/4)  ⇒  4位 (5/18)  ⇒  6位 (5/25)  ⇒  4位 (6/1)  ⇒  5位 (6/8)  ⇒  10位 (6/15)  ⇒  16位 (9/7)  ⇒  18位 (9/21)  ⇒  7位 (10/12)  ⇒  19位 (11/30)  ⇒  19位 (12/14)  ⇒  2位 (2004/2/1)  ⇒  2位 (2/15)  ⇒  2位 (2/22)  ⇒  3位 (2/29)  ⇒  3位 (3/7)  ⇒  3位 (3/14)  ⇒  6位 (3/21)  ⇒  6位 (3/29)  ⇒  6位 (4/4)  ⇒  4位 (4/11)  ⇒  5位 (4/18)  ⇒  16位 (5/17)  ⇒  16位 (8/29)  ⇒  7位 (9/5)  ⇒  7位 (9/12)  ⇒  3位 (10/25)  ⇒  2位 (11/1)  ⇒  10位 (11/8)  ⇒  10位 (11/15)  ⇒  13位 (2005/6/6)  ⇒  9位 (6/13)  ⇒  14位 (6/27)  ⇒  19位 (7/11)  ⇒  16位 (8/1)  ⇒  9位 (8/8)  ⇒  9位 (8/15)  ⇒  10位 (8/22)  ⇒  20位 (9/12)  ⇒  13位 (9/26)  ⇒  16位 (9/26)  ⇒  15位 (10/24)  ⇒  12位 (10/31)  ⇒  6位 (12/12)  ⇒  9位 (12/19)  ⇒  5位 (2006/1/2)  ⇒  7位 (1/9)  ⇒  20位 (1/23)  ⇒  19位 (1/30)  ⇒  13位 (2/6)  ⇒  16位 (2/13)  ⇒  19位 (2/20)  ⇒  13位 (2/27)  ⇒  11位 (3/6)  ⇒  12位 (3/13)  ⇒  14位 (3/20)  ⇒  14位 (4/3)  ⇒  19位 (4/10)  ⇒  16位 (5/29)  ⇒  11位 (6/5)  ⇒  12位 (6/12)  ⇒  16位 (6/19)  ⇒  13位 (2007/3/17)  ⇒  17位 (2008/3/10)  ⇒  13位 (3/17)  ⇒  10位 (3/24)  ⇒  9位 (3/31)  ⇒  16位 (4/7)  ⇒  8位 (6/9)  ⇒  10位 (6/16)  ⇒  17位 (6/23)  ⇒  13位 (6/30)  ⇒  11位 (7/7)  ⇒  8位 (7/14)  ⇒  9位 (7/21)  ⇒  12位 (7/28)  ⇒  10位 (8/4)  ⇒  13位 (8/11)  ⇒  11位 (8/18)  ⇒  7位 (8/25)  ⇒  14位 (9/1)  ⇒  8位 (9/8)  ⇒  9位 (9/15)  ⇒  14位 (9/22)  ⇒  13位 (9/29)  ⇒  14位 (10/6)  ⇒  20位 (10/13)  ⇒  7位 (2012/1/2)  ⇒  3位 (1/16)  ⇒  5位 (1/23)  ⇒  5位 (2/13)  ⇒  5位 (2/27)  ⇒  7位 (3/5)  ⇒  5位 (3/12)  ⇒  12位 (3/19)  ⇒  7位 (4/2)  ⇒  5位 (4/9)  ⇒  6位 (4/16)  ⇒  5位 (4/23)  ⇒  4位 (5/7)  ⇒  5位 (5/14)  ⇒  9位 (5/21)  ⇒  8位 (5/28)  ⇒  10位 (6/11)  ⇒  9位 (6/18)  ⇒  11位 (6/25)  ⇒  13位 (7/2)  ⇒  11位 (7/9)  ⇒  15位 (7/16)  ⇒  18位 (7/30)  ⇒  18位 (8/6)  ⇒  9位 (8/13)  ⇒  14位 (8/27)  ⇒  7位 (9/3)  ⇒  8位 (9/10)  ⇒  7位 (9/17)  ⇒  12位 (9/24)  ⇒  12位 (10/8)  ⇒  17位 (10/15)  ⇒  11位 (10/22)  ⇒  7位 (10/29)  ⇒  6位 (11/19)  ⇒  8位 (11/26)  ⇒  11位 (12/3)  ⇒  9位 (12/10)  ⇒  8位 (12/17)  ⇒  6位 (12/31)  ⇒  11位 (2013/1/7)  ⇒  11位 (2/11)  ⇒  12位 (2/25)  ⇒  17位 (3/4)  ⇒  17位 (8/12)  ⇒  17位 (12/30)  ⇒  13位 (2016/8/15)
収録曲
01DON'T KNOW WHY
温かいギターの音粒とピアノのハーモニー、すべてを包み込むような広がりのあるノラ・ジョーンズの歌声が、とても優しく心地良い一曲。ジェシー・ハリスのペンによるもので、『ノラ・ジョーンズ〜Come Away With Me』(2002年発表)に収録。
02SEVEN YEARS
アコースティック・ギター主体の物静かなナンバー。独りぼっちの少女をテーマにした寂しげな歌だが、ノラの温もりに満ちた歌声がその寂しさを包み込むように響きわたる。父親のいない家庭で育った彼女自身のこととも受け取れる。
03COLD COLD HEART
29歳という若さで他界したカントリー界の天才、ハンク・ウィリアムスの名曲カヴァー。ノラの歌声が映えるシンプルなトリオ演奏で、リズミックなベースが曲全体を支えている。歌心あふれるノラのピアノ・ソロも聴きどころ。
04FEELIN' THE SAME WAY
自分を見失いかけた時に、かつて同じ気持ちだったことを思い出す歌。ノラの気負いのない伸びやかな歌い方がノスタルジーに陥らず、どこか前向きな印象を与える。ジャズというよりはカントリーやポップスに近い趣だ。
05COME AWAY WITH WAY
アルバム表題曲は、ノラ自身が作詞作曲を手掛けた3拍子基調の穏やかなナンバー。デビュー前から活動を共にしてきた仲間と醸し出すリラクシングな雰囲気と彼女の落ち着き払ったヴォーカルが極上の癒しサウンドを生み出している。
06SHOOT THE MOON
温もりのあるアルペジオ・ギターが穏やかに響くライト・バラード。夏の終わりとともに別れた恋人と彼が残した言葉を回想する失恋ソング。作詞曲は、ヒット曲「ドント・ノー・ホワイ」を手掛けたジェシー・ハリス(g)。
07TURN ME ON
カントリー系ソングライター、ジョン・D・ラウダーミルクのカヴァー。パンチの効いた歌い出しをはじめ、ノラの表情豊かな歌唱を満喫できるスロー・ナンバー。本テイクがデモ用に録音した最初のテイクというから驚きだ。
08LONESTAR
姿を見せない“孤独の星”に話しかける素朴な2ビート・ナンバー。ノラの歌声がオーヴァーダブされた後半のハモリが実に美しい。無駄のない最小限のバッキング演奏が彼女のヴォーカルを引き立てていることに注目したい。
09I'VE GOT TO SEE YOU AGAIN
「どうしてもあなたにまた会いたい」という想いを綴ったラブ・ソング。情熱を示唆するヴァイオリンと陰のあるノラの気だるい歌声に、言葉にならない複雑な恋心が感じ取れる。ジェシー・ハリスの作曲センスはピカイチだ。
10PAINTER SONG
かつての恋人への想いをテーマにした曲。冒頭はアコギのみのバラード仕立てで、アコーディオンが加わることでミュゼット風味のジャズに展開。叶わぬ夢であると理解していることが伝わってくるノラの表現力が素晴らしい。
11ONE FLIGHT DOWN
ジェシー・ハリスのペンによるミディアム・バラード。オルガンやストリングスが入っているが、その存在をほとんど感じさせないほど楽曲の緩急に溶け込んだアレンジで、ノラのヴォーカルが最大限引き立てられている。
12NIGHTINGALE
ノラが作詞曲を手掛けたナンバー。人生の先導者としてナイチンゲールに教えを請う歌で、次第にスケールが増大し、リズムの輪郭が鮮明になるダイナミックなアレンジが、どこかファンタジックな印象を与える。
13THE LONG DAY IS OVER
ノラとジェシー・ハリスが共作したスロー・バラード。9行の短い歌詞は基本的に「長い一日が終わった」とだけ綴っているが、力の抜けたノラのヴォーカルと重いバック・ビートが、その裏にある疲労や達成を感じさせる。
14THE NEARNESS OF YOU
有名ジャズ・スタンダードをノラがピアノの弾き語りで披露。「あなたの傍にいれば、ずっと幸せ」というオーソドックスな歌だが、心に染み入るようなノラの優しい歌声が極めて上質なラブ・ソングに仕立て上げている。
15WHAT AM I TO YOU
ノラ・ジョーンズ自身が作詞・作曲を手掛け、ジャズとポップスのエッセンスを適度なバランスで融合した一曲。スモーキーかつしっとりとした歌声で、ひとりの男性を一途に想う女性の心理を見事に表現している。
演奏
ノラ・ジョーンズ(VO,P,EL-P) ジェシー・ハリス,アダム・レヴィ,ビル・フリゼール,ケヴィン・ブレイト(G) リー・アレクサンダー(B) ダン・レイサー,ケニー・ウォルスン,ブライアン・ブレイド(DS) 他
タイアップ
  • 「ターン・ミー・オン」 - UIP「ラブ・アクチュアリー」挿入歌
  • 「ドント・ノー・ホワイ」 - テレビ東京「そして音楽が始まる」エンディングテーマ
アーティスト
  • ノラ・ジョーンズ
    1979年3月30日、米・ニューヨーク生まれ、テキサス育ちの女性シンガー・ソングライター。父はシタール奏者のラヴィ・シャンカール。幼少より合唱団やピアノで才能が開花し、大学ではジャズ・ピアノを専攻。だが、99年よりニューヨークに在住し、その……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015