長渕剛 / Come on Stand up!

はてなブックマークに追加
長渕剛 / Come on Stand up!
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    COME ON STAND UP!
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    フォーライフ
  • 規格品番:
    FLCF-4182
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    長渕剛 / Come on Stand up!をAmazon.co.jpで購入する長渕剛 / Come on Stand up!をHMV.co.jpで購入する長渕剛 / Come on Stand up!を楽天ブックスで購入する長渕剛 / Come on Stand up!を@TOWER.JPで購入する
    長渕剛 / Come on Stand up!を山野楽器で購入する長渕剛 / Come on Stand up!をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
4年ぶりとなるオリジナル・アルバム。鹿児島への想い、家族への感謝、普遍性を持ったラブ・ソング。すべての楽曲の根底に流れる愛情が、真摯に、時として泥臭くひたむきに伝わってくる。それが強く胸を打つ。ライヴDVD『桜島』のEDロールのみで聴けた「夕焼けの歌」も収録。
約4年ぶりとなるオリジナル・アルバム。2006年4月に他界した父親の足跡をたどる旅から生まれた作品で、“人間愛”にあふれた仕上がりだ。CD化が待望されていた「夕焼けの歌」などを収めた、長渕ワールドが全開の一枚となっている。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    16位 (2007/5/14)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    15位 (2007/5/14)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    9位 (2007/5/14)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    8位 (2007/5/14)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    5位 (2007/5/14)  ⇒  18位 (5/21)
トラックリスト
01鹿児島中央STATION
以前は「西鹿児島駅」だった「鹿児島中央駅」をテーマに、自らのルーツを辿るように、変わりゆく故郷への想いを熱く激しくシャウト。その叫びとメッセージが、かき鳴らされるアコギの音とともに胸を直撃する。
02Fighting Boxer
長渕の曲を入場曲に使っていた元プロボクサー・戸高秀樹への応援歌だろうか。アルバム『Come on Stand up!』に彼の名前がクレジットされている。サキソフォンが軽快に躍動する、アツく突き抜けたナンバー。格闘技ファンも必聴!
03いけ!いけ!GO!GO!
ヘコんでいるすべての人に送る軽快なノリの長渕流応援歌だ。反骨精神と小さじ一杯ほどのさりげないユーモアを感じさせるところがいい。普遍性を持ったメッセージが彼の言葉と声で届けられると、いっそう説得力も増す。
04愛して
彼が紡ぐラヴ・ソングは哀切と潔さに彩られ、男と女のつながりの深さを垣間見せる。繰り返される“愛して”という言葉に刻み込まれた想いが、全編に拡がっている。美しくも儚い色を映し出すスロー・バラードだ。
05観覧車
幸せ感に包まれたメロディアスなラヴ・ソング。長渕の淡々としたヴォーカルに鍵盤の柔らかな音とキラキラした女声コーラスが絡み、ほのぼのとした世界を作り上げている。優しくて泣けてくる、そんな真摯な愛がここには確かにある。
06Run&Dash
日本語と英語が入り乱れ、軽快に展開されるロックンロールだが、長渕が歌うと武骨で硬質なものに聴こえてしまうところが面白い。アウトロに至るまでの英詞の連打やクラップも入り、パーティ気分にさせてくれる。
07レオ
愛犬「レオ」への愛情をストレートに表現した、落ち着いた雰囲気のスロー・バラード。パーソナルな内容だが、聴き手が自分の大切なものへの想いと置き換えれば、きっと優しい気持ちになれるはず。レオはアルバム『Come on Stand up!』のブックレットにも登場。
08神風特攻隊
神風特攻隊を美化するわけではなく、その精神をヤワになった現代に投下したメッセージ性の強いナンバー。彼のスピリッツを正面から受け止めることで、愛というものの重さを改めて知ることができる、きわめて“ロック”な一曲だ。
09Tomorrow
シンプルなピアノをバックに歌われる熱さを秘めたAメロ、次第に高揚していくBメロ。そしてストリングスが入ることで、スケール感を増すサビ。揺らぐことのない男女の想いを描く、希望の光に満ちた壮大なラヴ・バラードだ。
10Come on Stand up!
ものすごく悩んでいて、それでもなんとかしなくちゃと思っている者に対する長渕の視線は、限りなく優しい。多くの人を救い、その生きる糧になると思われるメッセージが心に入り込んでくる。彼流のゴスペル・タッチによる愛情あふれるナンバーだ。
11夕焼けの歌
“桜島オールナイトライブ”(2004年)の模様を収録したDVDのエンドロールに流れていたナンバーが待望のCD化。ノスタルジックなアコースティック・ナンバーで、シンプルがゆえにその風景を鮮やかに描き出し、ゆったりとした時間が流れていく。
12鶴になった父ちゃん
父に馳せる想いを、美しすぎるほどのオーケストラの演奏をバックに歌う。強い吸引力を持ったティン・ホイッスルによるイントロは、郷愁を誘う音風景から始まる父と子のストーリー。大切な人に捧げる感涙の“レクイエム”に思わず胸が熱くなる。
  • 長渕剛
    1956年9月7日生まれ、鹿児島県出身のシンガー・ソングライター。78年にシングル「巡恋歌」で本格メジャー・デビュー。80年に「順子」で1位を獲得以降、「勇次」「ろくなもんじゃねぇ」「乾杯」「とんぼ」など数多くのヒット曲を連発。TVドラマや……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015