ストーン・サワー / カム・ホワット(エヴァー)・メイ

はてなブックマークに追加
ストーン・サワー / カム・ホワット(エヴァー)・メイ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    COME WHAT (EVER) MAY
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    ロードランナー
  • 規格品番:
    RRCY-21263
  • 価格:
    2,669 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ストーン・サワー / カム・ホワット(エヴァー)・メイをAmazon.co.jpで購入するストーン・サワー / カム・ホワット(エヴァー)・メイを@TOWER.JPで購入するストーン・サワー / カム・ホワット(エヴァー)・メイをHMV.co.jpで購入するストーン・サワー / カム・ホワット(エヴァー)・メイを楽天ブックスで購入するストーン・サワー / カム・ホワット(エヴァー)・メイをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
スリップノットのコリィとジェイムズにとって、サイド・プロジェクトの枠を超えたもうひとつの本気バンドのセカンド・アルバム。リリカルにしてヘヴィな質感を持つメロディのダイナミックなうねりからは、さまざまな感情のシーンが立体的に立ち上がってくる。
ガイドコメント
スリップノットのメンバーのサイド・プロジェクトとして始動したストーン・サワーによる、4年ぶりの2ndアルバム。元ソウルフライのロイ・マイヨルガを迎え、エッジの効いたヘヴィなサウンドを聴かせてくれる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    19位 (2006/7/31)  ⇒  29位 (8/7)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2006/7/31)  ⇒  15位 (8/7)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    10位 (2006/7/31)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    5位 (2006/7/31)  ⇒  10位 (8/7)
収録曲
0130/30-150
ヘヴィで疾走感があり、血がたぎるような高揚感が味わえる『カム・ホワット(エヴァー)・メイ』のオープニング・ナンバー。新ドラマーとして迎えられた元ソウルフライのロイ・マイヨルガのダイナミックなドラミングが、楽曲を生き生きと躍動させている。
02COME WHAT (EVER) MAY
「人生の道程」という深い意味合いを持つアルバムの表題曲。苦難に立ち向かい、力強く生きようというメッセージが熱っぽい歌唱からビシビシ放たれる。鮮やかなタッピングが炸裂するギター・ソロも聴きどころだ。
03HELL & CONSEQUENCES
「人生の中で訪れるさまざまな恐怖に立ち向かおう」という前向きなメッセージが聴き手を鼓舞する。ジェイムズ・ルートのアイディアが冴えるアジアン・テイストのユニークな音色のギター・ソロなど、自由な発想によるプレイも魅力的だ。
04SILLYWORLD
穏やかで落ち着いたスロー・ナンバーかと思いきや、重厚なサウンドへと発展していく、これまでになかったタイプの楽曲。平和や自由、愛さえも不確かな現代社会の真相をえぐった詞世界が音に反映されており、全体に諦念や絶望が付きまとう。
05MADE OF SCARS
コリィ自身が幼少期に受けたつらい体験を基に作られたナンバー。内面から湧き出る、怒りとも哀しみともつかない感情を搾り出すような歌は一種のセラピー・ソングであるが、自虐的な負のエネルギーではなくポジティヴな光が感じられる。
06REBORN
邪悪なリフとスリップノット風の獣声で再生の狼煙をあげるサビが印象に残る、『カム・ホワット〜』中、最もアグレッシヴでヘヴィなナンバー。しかし、メロディの良さやメリハリのある演奏には押しの一手ではない、前作からの成長が感じられる。
07YOUR GOD
表情豊かな歌唱もさることながら、ギターの活躍度の高いのが本作の特徴。このチューンはその好例で、扇情的なリフ、テクニカルなギター・ソロや泣きのフレーズなどの多彩なプレイが、緩急ある展開をよりドラマティックに仕立てている。
08THROUGH GLASS
大ヒットとなった「バザー」を思い出させる、スリップノットでは絶対にないタイプのメロディアスで美しいバラード。心に染み入る歌が涙腺を刺激するが、大陸的な乾いた雄大さも持ち合わせており、湿っぽさやわざとらしさは皆無で、素直に聴ける。
09SOCIO
力強い歌と叩きつけるようなビートは、己の心に巣食う孤独や恐怖心に打ち克とうと、一歩一歩踏みしめて前進するメンバーの雄姿そのもの。内に秘めた燃えさかるパワーが伝わってくる情熱的なナンバー。
101ST PERSON
ヘヴィさとアグレッシヴさのバランスが絶妙なハードなナンバー。クリーンとデス・ヴォイスを使い分けた表現力豊かなヴォーカルとバンドのダイナミズムが合わさって生まれるテンションの高さは、スリップノットにも劣らない。
11CARDIFF
ひたすらダークでスローな楽曲で、『カム・ホワット(エヴァー)・メイ』の中ではわりと地味な印象。が、磨き込まれた歌とスケール感のあるサウンドは、決してさらっと聴き流せない重みと深みがあり、フィーリングはメタリカのバラードに近い様相だ。
12ZZYZX RD.
美しく力強い歌唱を中心に据えたピアノの弾き語り。郷愁の念を駆り立てる旋律と、クライマックスに向け徐々に盛り上がっていくドラマティックな構成がなんとも感動的。落ち込み傷ついた時にも心を癒し、希望を与えてくれそうだ。
13SUFFER
「レフト・ビハインド」辺りに通じる、へヴィネスとキャッチーをあわせ持ったトラック。非常にシンプルながら、魅力的なシンガロング・パートとコーラス・パート、弾きまくりのギター・ソロが盛り込まれており、このバンドの旨味が凝縮されている。
(13)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ストーン・サワー
    スリップノットのシンガー、コリー・テイラーの別バンド。結成はスリップノットよりも古い1992年だが、97年に一旦は解散する。スリップノットが大成功を収めた2000年、ジョシュ・ランド(g)が書いた曲をコリーが気に入ったことにより活動を再開、……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015